5ミリ

モンのリハビリ用の短いとまり木は、床にくっついた状態で設置
されている。

片足で握るところから始まり、両足でとまり木に乗れるようになると
その上で過ごす時間も増えてきた。

するとどんどん「握る力」も復活。

先日とうとう指の上に乗ったままフンをした。

たまに指の上から滑り落ちそうにもなるが、むぎゅっと掴むその力強さが
直接伝わってくるたび嬉しさがこみ上げる。

それじゃ、そろそろとまり木の高さを調節してみますか~

同じ長さ、同じ位置のとまり木だけれど、高さを5ミリほどアップしてみる。

インコにとっての5ミリって、人間で考えるとどのくらいなのだろう・・・

階段を一段あがるくらい?いや、リハビリ中だとそれ以上に感じるのかも。

とりあえずやってみて様子を見ることに。。。

2014585.jpg

おお~ なんなくクリア~。

が・・・、羽毛がもふもふと膨らむモンちゃ。

はっ! もしかしてフンがしたくなったのかな?

指の上で出来たんだから、とまり木の上でも出来るよ、絶対!

2014586.jpg

モンはいつもフンをする場所が決まっていて、水入れととまり木の間・・・
この狭いスペース(〇の部分)を「トイレ」と決めているようだ。

すすす~っと後ろ向きでここまで下がってきて、プリっとする。(笑)

でも、とまり木が少し高くなり、ここでしたい気持ちになったのだけど、
いつもフンをしている場所じゃないし、、、どうしようかな・・・と迷っている
ように見えた。

「いいんだよ、どこでしたって。

2014587.jpg

悩めるインコ、モンちゃ。

2014588.jpg

あ、ちょっと~、がまんしないでよ。

ほれっ、プリっと! さあ、プリっと!

2014589.jpg

あ、降りた。。。

そしていつもの場所でフンをした。

以前はところかまわずって感じだったけれど、、足が不自由になり
フンきり網を外したフラットな生活になって、それでも少しずつ動ける
ようになると、自らトイレの場所を決めたモンちゃ。

わりとこだわりのある性格なのだった。

が、そのうちとまり木に上でもフンをするようになるだろう・・・と、そう
にらんでいる飼い主である。
スポンサーサイト
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク