通院のために

一時は「もう病院にも連れていくことは出来ないだろう・・・」という
状態だったモンちゃ。

が、少しずつ回復の兆しが見られるようになった頃、「いつか病院に
行けるかも」と感じ始めた飼い主は、その準備をし始めた。

しておいて良かった~っ。

年内、モンの状態と機会を見計らって、診察していただきに行きたい
と思っている。

最初に準備したのはキャリー。

以前使っていたものは、今のモンには広すぎるし、保温性を考えると
プラケースの方が良いだろう。そう思い購入したのが。。。コチラ ↓

2014580.jpg

HOEIさんのキャリー。

この大きさなら転がる心配も少ないので、今のモンには最適である。

ネット注文で「お色は選べません」とことだったが、パープルかグリーン
なら嬉しいな~と思っていたところ、届いたのがパープル。

下のモフモフマットはワンちゃん用の暖かマット。

キャリーバッグの底に敷けば、底冷えなし。

2014581.jpg

発砲スチロールの板を新聞紙で包み、底にはめる。
この上にキッチンペーパーを敷けば、足元あったか~。

付属のシード入れは、マジックテープで固定。

2014582.jpg

とまり木なしなので、ちょこっと「掴む」ことができるようにハシゴも
マジックテープで取り付けてみた。
(手すりの役割?)

2014579.jpg

そしてキャリーバッグ。

こちらはウサギさん用なのだけれど、キャリーを入れるのにちょうど良い
大きさ。

しかも運転席と助手席の間にぴったりハマるので、モンの様子も見やすく、
途中でお水を飲ませるのも容易である。

上部分はメッシュになっているし、横には空気穴が付いている。

状況に合わせてタオルなどで覆ったり、外したりして使用できる。

2014583.jpg

バッグに付属していたトレーをひっくり返して底上げし、その上に暖かマット
を敷いてキャリーを入れるとこんな感じ。
(トレーを外したら、もっと下にすっぽりとキャリーが入るので、こちらも状況に
合わせて。。。)

横のスペースに湯たんぽを入れたら保温もばっちり。。

あとは、温度計をフックで取り付けたら完成。

準備OK!年末までに病院で血液検査をしていただけたらいいな~。

というのも、内臓の機能が低下しているのはわかっていても、どの内臓が
一番問題なのか・・・というのは血液の数値を見ないとわからないからだ。

が、先生がおっしゃるには、理論上腎臓に負担があり過ぎると体重が
増えないとのこと。

その点、モンはちゃくちゃくと体重が増えているので、今まで通りペレットは
肝疾患用のALで良いでしょう、とのお話だった。

そういえば、腎機能が激しく低下していたグロはすごく食べていたのに
体重が増えなかった。。。(ペレットは腎疾患用のAKだった)

とはいえ、やはり理論上のことなので、モンの体調の良いときに血液
検査をするのが一番良いらしい。

2014584.jpg






スポンサーサイト
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク