変な動き・・・からの?

同じ腎機能低下の症状でも、グロはお水を飲み過ぎてしまうタイプ
だったが、モンはお水を飲んでくれないタイプ。。。

が、体重が減少しているときにお水を飲まないのは非常に危険との
ことで、口元にお水を持って行っては、なんとか飲んでもらっていた。

最初は拒否されることが多かったが、お薬が効いてくると、なんとか
飲んでくれるように。。。

それでも、台所に連れて行って、お水を容器に入れるところを見せ
口元に持っていかないと飲もうとはしなかった。

そう、カゴの中に置いてるお水には、一切口をつけてくれなかったのだ。

1日に何度か私が飲ませてあげればいいだけのことではあるけれど、
やはり「自分が飲みたいとき」に、「自ら飲む」ことにこしたことはない。

どうにかしてあげられないものかと、ずっと思案にくれていた。

で、考えた。

今でこそお薬の直接投与に協力的になってくれたモンだけれど、最初の
「お薬水はいや~~~っ」という記憶がトラウマにもなっているのでは
ないか・・・と。

私が飲ませるときも、今まで使っていた容器でなければ安心して飲まない
のがその証拠かも・・・。

が、その容器は今のモンの足の状態では自分では飲めないのである。

そこで探して見つけ出したのが、今まで使っていた水入れと「同じ色」の
ボレー粉入れ。

小さいので、ふらついて頭からつっこんでしまう危険もないし、高さもちょうど良い。

早速購入し、試してみた。

すると・・・・

その容器の前で変な動きを始めたモンちゃ。

これは・・・・、水浴びの動き?

もしかしてもしかすると・・・、しばらく見守っていると・・・

2014423.jpg

おっ!顔をつけた!飲んだ!

ついでに顔を洗いはじめ・・・、勢い余って・・・

2014424.jpg

後ろに倒れるかと思いきや、しっかり踏ん張った!!!

その後も「水浴びもどき」は続き。。。

2014425.jpg

勢い余ってはバランスを崩していたが、これをきっかけにカゴの中で
自分でお水を飲んでくれるようになったのだった。

ひとつずつ、出来ることが増えてきているモンちゃである。

足元ふらふらなので、水浴びをすることはできないけれど、久しぶりに
顔を洗ってさっぱりしたようだ。

そして!!!

なんと体重も43.8グラムに増えたのである。

2014426.jpg

胸骨にそって、ぱっくり割れていた羽毛も元通り。

少しずつ、ひとつずつ改善されてきているので、今度は1日に数回して
しまう「くしゃみ」を改善するべく、今週の遠隔診療で要相談である。

モンちゃ、ものすごい頑張りです。
スポンサーサイト
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク