リピ三度目の必須アイテム

4週間に一度の遠隔診療。

ありがたいことに、毎回病院に送るモンの状態報告書
には、もう1年以上も「呼吸 : 安定しています」と
書けている。

なのに、酸素缶の購入がもうリピ三度目。

先日届いた酸素缶5本セット。

2017132.jpg

携帯用のコンパクトタイプだけれど、1本の酸素量は
17リットル。

これをもう15本も消費したということになる。

少し後遺症はあるものの肺炎から復活して現在は
呼吸も安定しているというのに、なぜこんなに消費
するのか・・・

それは低気圧の日などに使用しているから。

山の上などの気圧の低い場所にいるわけでは
ないけれど、低気圧の日にだるそうにしている
姿を見て酸素缶を使用してみようと思い立った。

とにかく少しでも倦怠感を軽減してあげたい。
それだけだった。

そしてモンには効果があったように感じる。

体調が天候に大きく影響を受ける・・ということが
なくなったからだ。

本鳥も体がらく~と感じた経験からなのか、
酸素缶を見ると寄ってくる。

2017133.jpg

酸素の出るところ、ちゃんとわかっているモンちゃ。

量を調節できるタイプ。
少量にすれば強い風も来ないので、抱っこしながら
酸素吸入もできちゃうし、、

カゴを酸素でいっぱいにしたいときは、放鳥の間に
バルブ全開でビニールハウス内に酸素を入れる。

と、使い勝手が良い。

「あ、モンちゃん、写真撮っているだけだから。
今日は必要ないしね。」

2017134.jpg

「しゅ~」という音がしないから、とたん興味が
なくなったね?(笑)

2017135.jpg

尾羽根あたりが「ふぁさふぁさ~」。

換羽が始まったので、体力消耗も考えて、天気予報
をチェックしながら酸素缶を使用していこうと思う。

以前は無縁だったけれど、老鳥で病鳥の現在
モンにとって酸素缶は必須アイテムである。




おまけの話。

昨日のブログの写真を見て、とみぃちゃんが
「コレ、なに?」と。。。

2017136.jpg

コレ、カーペットのジョイントマットで、地震対策グッズ
として棚とかタンスなどの両端の前部分にだけ敷いて
あるのだ。

つっぱり棒で固定もしてあるけれど、こうしておけば
地震があっても前に倒れてしまう確率がぐっと低くなる。

とみぃちゃん、オススメよ~ん。






スポンサーサイト
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク