ノロッコ号に乗って

広い窓から雄大な湿原をゆっくりと眺めながら
走る列車、それが「くしろ湿原ノロッコ号」。

釧路に来たら一度は乗ってみたいと思いながらも
まだ一度も乗っていなかった私。

今回初めて、念願のノロッコ号を経験したのだった。

ぴちぴこさんが到着した日はお天気がイマイチで
「ジリ(釧路では濃い霧のことをこう呼ぶのだ)」
だった。

明日は霧で景色が全然見えなかったりして・・
と心配していたが、そこはほれっ、日頃の行いと言うか
なんと言うか、ノロッコ日和のお天気となったのである。

2015866.jpg

レトロな列車に乗って、釧路駅から出発だ~。

2015874.jpg

すごく雰囲気の良い車内。

2015868.jpg

テーブルのない席は、背もたれを動かして、左右の窓どちらでも
見られるようになっている。
(私たちはテーブル席だったけど)

2015869.jpg

6000年前は海だった・・・というところに敷かれたレールの
上を、景色を楽しみながら走る。

レトロ感たっぷりなのは造りだけでなく、ガタンゴトンと走る
音までも~

大声を出さないと会話出来ないくらい。(笑)

2015870.jpg

釧路川。

川のすぐ横に線路があるこの光景を楽しめるのも、すごくいい!

今回、丹頂鶴は見られなかったけど、蝦夷鹿の群れには遭遇
できた。
(写真、撮り忘れる



列車の楽しみといえばもうひとつ。

それは駅弁!

釧路駅でぴちぴこさんが選んだお弁当がコチラ。 ↓

2015871.jpg

今晩はお寿司屋さんを予約してあるんだよ?と言ったのに
どうしてもこれを食べてみたい!と。

うん、さばのほっかぶりは私も大好きだから、是非食べて
ほしいとは思ってたけどね。

そしてお寿司屋さんを予約してあるにもかかわらず、私も
なぜか「かに飯」を探していたのだった。(笑)

が、売り切れ。

こうなったら、ノロッコ号でしか食べられない車内弁当に
してみるよ~と、車内で購入。

2015872.jpg

中身は普通のお弁当なので、包み紙が付いた状態をパチリ。(笑)

終点近くになって車掌さんが渡してくれるもの・・・それが。。↓

2015873.jpg

モンが好きそうな紙質なので、彼には見せないように
しなきゃね。
とか言いながら、お財布にしまった。



釧路にいながらも初めて乗ったノロッコ号だったが、想像以上に
良かったのだ。

窓からの心地よい風、列車の音に負けないほどの野鳥の声、
湿原の中の植物、、、癒されるぅぅ。

この話を「じぃじ」にしたところ「来月釧路に行く!俺も乗る!」
と言い出したので、一緒にまた私も乗っちゃおうっと。

季節も楽しめるノロッコ号だしね。


さて、その頃お留守番していたモンは、がっつり寝ていた
ようで、、、帰宅するとパワーがみなぎっていた。

「お留守番してくれたモンちゃんにも駅弁(普通のシード)
をあげましょうね。」

2015875.jpg

「そうだよ、久しぶりのおやつだもの、特別な駅弁だよ。」

2015876.jpg

「ほれっ、いつもと器が違うじゃん。」

2015877.jpg

カーリーでおやつを食べるのも久しぶり。

食べ方もちゃんと覚えていたが、そのうちめんどうになった
のか・・・

2015879.jpg

外に出して食べていた。(笑)

2015878.jpg

うん、美味しいね~

私たちはこれからまた美味しいものを食べに(そして飲みに)
行くんだけどね。


つづく~


スポンサーサイト
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク