次を目指して

遠隔診療をしていただいた結果、フンは問題なし!だった。

引き続き、シードは粉状にして、そしてペレットをなるべく食べて
もらえるようにしながら、看病を続けていく。

先生が「お薬はまた4週間分でいいですか?2週間分にします
か?」とおっしゃったのでちょっと考え・・・

「今、飲んでいるお薬がこの先変わるってことはないですよね?
(モンに必要なもの全てが入っているから) あとは常備している
止血剤や抗ケイレン剤、栄養剤などで、そのときそのときで対処
していくしかないですものね?」とお聞きした。

「その通りです。」と、先生。

「では、4週間分でお願いします。もし対処できないようなことが
あればお電話してしまうかもしれませんが、4週間後にまた次の
お薬をお願いできるよう、一緒に頑張りますので。」とお願いした。

先生は「わかりました。では次の遠隔診療のときのお電話を
楽しみにしてますからね。」とおっしゃってくれた。

普通は病院にお世話にならないのが、健康で幸せなこと。

が、病鳥にとっては次の通院、次のお薬をもらう・・ということが
生きている証であり、なにより嬉しいことでもあるのだと、鳥たちが
高齢になってきたときに思ったので、先生の言葉はとても嬉しかった。

mon2.gif

さて、土日はお天気が悪く、その影響なのか朝からず~っと寝て
過ごしていたモンちゃ。

が、そんな彼も、夜になると少し調子が良くなるようだ。

夜は19時前後に投薬するので、だからなのか、21時~22時頃
になると、カゴの中でちょろめき出すのである。

昔ならば「もうネンネしなさいよ!」と言っているところだけれど、
ここまで来たら、モンのペースで好きなようにおやりなさい!と
いう気持ちなので、しっかりお相手する。

「マッマーっ」と呼ぶモンちゃ。

はいはい、ただいま!とカゴのところに行くと。。。

2015030.jpg

「ちゅぴん」と鳴いて・・・

2015031.jpg

なにやらやり出すんですな。

2015032.jpg

「見てた!しっかり見てたよ~。くちばしのお手入れして、えらいね、
モンちゃん。」

2015033.jpg

今度は食べ出した~っ。

落ち着きなく、あっち行ったりこっち行ったりしながら、ついでに
食べるって感じ。

2015034.jpg

やっぱり、それでしたかっ!

最近、カゴからの出せ出せコールも、いろんなパフォーマンスをプラス
するようになったモンなのだった。

モンの気持ちに余裕が出てきたことが嬉しいっ。
スポンサーサイト
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク