モコマグ

はるこさんが可愛いポットとマグカップを送って
くださった。

2017030.jpg

なんと!モコと同じ羽色のコザクラさん!!!

2017031.jpg

新しく仲間入りした鳥さんグッズは、いつも一旦
グロモココーナーに置き、お部屋(飾る場所だったり
収納場所)を決める。

なので、必ずモンも目にすることになるのだ。

いつもマグカップには興味を示さないので、置いて
あってもスルーするんだろうな・・と思い、真ん中に
ど~んと置いてみた。

2017032.jpg

お?興味を持った?

そう!モコちゃんなのよね~。

と、そのまま見ていると・・・

2017033.jpg

あ!よじ登った!!

普段はしない行動だ。

たとえテーブルの上に飲みかけのカップが置いて
あったとしても、障害物として避けても近づくこと
はない。

なのに!

2017034.jpg

なにか話しかけてるし。

「モンちゃん、おもちゃじゃないんだよ。
はい、降りてね。」

が、また再び・・

2017035.jpg

えーっ、また?

2017036.jpg

この表情。。(笑)

もちろん中には何も入ってないので、声が響くのが
楽しいの?
(笑い声のような鳴き方)

「はいはい、わかったよ。もう満足したでしょ?」

2017037.jpg

ぬお~っ、しつこい!!

はるこさ~ん、「モコマグ」、私が使う前にモンに
使われてしまったですよーーーっ。

もう少しグロモココーナーに飾っておく予定だった
けれど、早くお部屋を決めてあげなければっ!



と、思いつつも、モンの嬉しそうな様子を見ると
やっぱりもうちょっとだけこのまま・・・とも思って
しまうのだった。

とりあえず、端っこの方に移動させよう。。。







スポンサーサイト

久しぶりのお客様

先週の土曜日は北海道にいらっしゃっていた
のりこさんと食事をご一緒する約束をしていた。

釧路到着の時間を考えても、私ならばお店に
直接行くところなのだけど、そこはのりこさんの
フットワークのすごさ!

「ちょっとでもモンちゃんに会いに行くわ~」と
我が家に寄ってくださることに。

前日モンに「明日のりこさんに会えるよん」と
言うと、おもむろに水浴びを始めた。

身支度を整え、心待ちにしていたモンだった
ので、、、

2017025.jpg

思わず手に乗ってしまったのだった。(笑)

大病して以来、飼い主以外には「うがーっ」と
威嚇してしまうモンが素直にのりこさんの手に。

でも緊張は隠せず、膨らんでいる。(笑)

そして予約していたお店に出発~。

そう、のりこさんは本当にモンに会うためだけに
我が家に寄ってくださったのだった。



お店はのりこさんのリクエストにより、エゾジカの
美味しいお店。

普段は私自身食べる機会がないのだけど、、、
その美味しさといったら、びっくりするほどだった。

2017027.jpg

まずはオードブル。

豚肉のパテも、レバーのペーストも臭みがなく
美味。

チーズのキッシュ、おひょうのカルパッチョも
絶品だった。

あまりにも感動したので、翌日ひらめを購入して
トレビスに乗せて、同じようにカルパッチョを
作ったほどだ。(写真撮り忘れたけど、、

2017029.jpg

こちらはメインのエゾジカのステーキ。

ヒレをチョイス。

2017028.jpg

こちらは仔羊のステーキ。

今までなぜ食べに行かなかったのか・・・と
思うほど、本当に美味しかった。

のりこさんは道産子の私よりも北海道の土地、お店
そして食材に精通している。

のりこさ~ん、また美味しお店、教えてくさだいね。
(って、地元の私が言う~?

今回は残念ながら参加できなかったかいちゃん、
よこぷんしゃんも次回は是非ご一緒に。



さて、今朝は鳥グッズを収納しているカラーボックス
を整理した。

グロのお気に入りのバードテントを引っ張り出して
きたところ・・・

2017026.jpg

モンちゃ、中に入って遊んでいた。

昔は入らなかったのに、時が経つとこういうことも
あるので、ちょくちょく整理しても鳥グッズは減らない。



なきにしもあらず

モンのお気に入りの場所。
グロモココーナー。

以前は飼い主の「手タクシー」を利用して
移動していたのだけれど、最近は自ら飛んで
行ったり来たり出来るようになり嬉しそう。

2017020.jpg

朝は毎日挨拶に行く。
(たまに忘れるようだけど。

自分たちのぬいぐるみ「ちびちゃん」たちには
いたずらを決してしない。

いたずらされるのはもっぱら・・・

2017021.jpg

ひよこちゃんだ。

なので、ちびちゃんたちには被害がない。。。
かというと・・・・、そうでもないのである。



グロモココーナーで紙切り遊びをしたあと。。

2017022.jpg

軽い(?)運動をするモンちゃ。

2017023.jpg

切った紙がみだれ飛ぶ~~っ。

で、結局。。

2017024.jpg

紙に埋もれそうになったり、倒れたりする
ちびちゃんたちなのだった。






一旦、戻る

昨年末「C賞が当りました。」との電話がTUTAYA
から来た。

当たったのは私ではなく夫だった。

「引換のハガキをお渡ししますので、会員証を
持参してご来店くださるようお伝えください。」
と言うので、、、

「わかりました。。。で?ちなみにC賞って
何が当ったんですか?」と聞いてみた。

「お米です。」

なんと!お米!!!こりゃ嬉しい。

そんなこんなで、今年になってお米が届いた
のだった。

2017018.jpg

京都の十二単シリーズというものらしい。

和食に合う米、洋食に合う米、おにぎりに最適
の米、、など2合ずつ5種類の米が可愛い布に
包まれていた。

まあなんて可愛らしい。

「モンちゃん、可愛いの見る?」

やる気満々でカゴから出てきたけれど・・・

2017019.jpg

自分のおもちゃでもない、おやつでもない。。

なんだかよくわからず複雑な表情を浮かべ
すっかり興味をなくしてそそくさとカゴに戻って
いったのだった。



そんなモンちゃ。

今朝は朝ご飯の用意が出来ても、珍しく
なかなかカゴに戻ろうとはせず、、

2017015.jpg

去年のカレンダーを切って遊んでいた。

2017016.jpg

「モンちゃ~ん、朝ごはん食べようよぅ。」

聞く耳を持たないモンだったが・・・

2017017.jpg

新聞をまとめようと置いてあった袋に齧りつき
「あ、紙じゃない!なに、コレ?」と興味を失った
とたん、またそそくさとカゴに戻っていったのだった。

なるほど、、、興味がなくなると一旦素直に
カゴに戻るのか。。(笑)



「再び」第一弾

最近少しずつ行動範囲を広げつつあるモンちゃ。

私を追いかけて飛んで来て、背中にはり付ける
までになった。

飛ぶことはもちろん、歩くこともままならず、、、
介助なしでは食べることも出来なかった時期を
思い出すと、よくぞここまで・・・と胸が熱くなる。

そんな時期(↑)があったので、もう使うことは
ないのだろう・・・としまいこんでいたものが
たくさんあるのだけど、最近のモンを見てまた
使ってみようかなという気持ちになった。



第一弾は「カーリー」(観覧車型おやつ入れ)

食べるだけなので、OKだろう。

が・・・

2017010.jpg

これはそんなに久しぶりでもないのに、どのように
使っていたか・・・
飼い主の方が忘れていたようだ。

何箇所かに種類の違うシードを入れて、モンが
観覧車を回しながら好きなものを探して食べる。
という流れだったはずなのに、1か所にしか
シード、、入ってませんぞ!!

言い訳すると「今モンちゃんの朝ご飯の準備
するから、これ食べて待っててね~」という
気持ちだったのだ。

にしても、、ねえ?

2017011.jpg

あ、ごめんっ。
下だよ、下!
黄色いところに(だけ)入ってるんだよぅ。

なんて言ってもわからないよね?
「ここだよ」と指し示そうとした瞬間。。。

2017012.jpg

ちゃんと見つけて食べた!

飼い主よりもモンの方が「適応力」「判断力」
「記憶力」が勝っているようだ。。。

これで食欲が増進したモンは、そそくさとカゴに
戻り、がっつり朝ご飯を食べ始めた。

2017013.jpg

やはりくるくる回るカーリーで食べるより勢いが
ある。

2017014.jpg

美味しそうに食べるモンを見つめながら、次は
何を引っ張り出してこようかな・・と、しまいこんだ
グッズをあれこれ思う飼い主なのだった。

モンちゃん、第二段は思い切って「コザタワー」に
する?

って、食べるのに夢中で聞いちゃぁいませんぜ。






素直すぎる理由

モンが「ぴゃ~い」と素晴らしい返事をして
飼い主のリクエストに応えるとき・・・

それは何か魂胆があるとき(が多い)。

昨日も「ちゃぷちゃぷ(風呂)してくるから
カゴの中に入って待っててね。」と言うと
「ぴゃ~い」と返事をして素直にカゴに
戻って行った。

紙切り遊びを途中で中断して!である。

すっ、、素直すぎるわっ。
怪しい~~~っ。と思ったが、カゴの中で
まったりし始めたのを確認してお風呂に
入った。



入浴を終え、モンのカゴを見ると扉が開いて
いる。

「あれっ?モン、カゴから出てるの?」

「うん、出せ出せうるさくて、、カゴに入れても
またすぐに出せ出せうるさくて・・」と夫。

2017007.jpg

テレビを見ながらくつろぐ夫の手の中で
まったりしていたモンちゃ。

思わず頭にタオルを巻いたまま写真を撮って
しまった。

「モンちゃん、また出てたんだね?」

2017008.jpg

モンがカゴに入ったのを私が確認したように
モンもまた私がお風呂に入ったのを確認すると
すぐさま激しい出せ出せコールで鳴き、意のままに
夫を操ったのだった。

カゴに入ってからのまったりした様子は
演技だったんかーい!

あれっ?私も操られた?

素直にお返事するわけですな。。




 おやつの話 

先日、鳥さん用のクッキーを買ってみた。

2017009.jpg

ちょっと味見してみると、これが美味しい!!

少し硬い感じがしたが、人間用の(素朴な)菓子と
そんなに変わらない味なのだ。

でも、モンはくちばしで感触を確かめると、それから
一切興味を示さなくなった。

そのことをばぁばに話すと「年寄りに硬いものは
やっぱりねぇ。。」と言った。

いえいえ!
蕎麦の実とか、、硬いもの食べてますから!
鳥ですから!(笑)

細かく砕いて粉々にすると食べるので、たぶん
「硬さ」と「形」のバランスがお好みではなかった
のだと思われる。








2017年

年末年始は札幌の実家で過ごした。

根気よくリハビリを続けていた成果が出て
じぃじとばぁばの前で飛ぶ姿を披露する
ことが出来たモンちゃ。

今回もモンに無視し続けられたじぃじだった
けれど「おお~、少し飛べるようになったね」
と、とても喜んでくれた。

そう、モンは病後飼い主以外の手に乗らなく
なってしまっている。

2017005.jpg

「おいで~」と手を差し出されても・・・

2017006.jpg

と聞こえないふり。

それでもしつこく手を出すとガブリと噛まれる。

でもそれは飼い主以外みんなに対してだと、
じぃじも納得していたのだが・・・

事件は起きた!(笑)

2017001.jpg

夫の手から「とみぃパパさん」の手に移動する
モンちゃ。

2017002.jpg

この光景を目にしたじぃじ。

「なんでじゃ!?」とショックを隠しきれない
のだった。

病院に行かなければならないときに運転手を
してくれて、診察が終わるまで車の中で長時間
待機してくれて、、、とモンのためにいろいろ
動いてくれているじぃじにとっては不条理極まり
ない。

が、じぃじがティッシュを1枚とっただけで「びくっ」
となるモンを見て思った。

たぶん、モンはじぃじの行動が読めないから
警戒しているのだと。

いつもカゴの中から人間の様子をじっと観察
しているモンでも、読めない人間はいるのだ。

2017003.jpg

このあと、とみぃちゃんも「おいで~」と手を
差し出したのだが、やはりガブリ!

でもじぃじに対しての態度と違うのは・・・

2017004.jpg

とみぃちゃんに対しては、むぎゅっとつかんで抱っこ
されるとおとなしくなるのだった。



というわけで、マイペースを通り越してやりたい放題
のモンですが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。




プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク