なんとなくデジャブ

グロモコは兄弟なので、性格は違えど雰囲気は
似ていた。

だからグロを見ていると、よくモコを思い出した。

そして最近はモンを見ていると、グロを思い出す。

グロとモン、、、性格も雰囲気も羽色さえも
違うのに、なぜこんなにもグロを感じるの
だろう。。。



手の中の「おさまり具合」が似てきたんだ!

2016496.jpg

抱っこ大好きグロっち。

2016499.jpg

モンも年齢とともに、抱っこ好きになったし
縮んで体重が減ってしまったことにより
重さもあの頃のグロと一緒だ。

身長、、というか体長はモンの方が
長いし、羽毛の感触も違うのだけど
手の中の「おさまり具合」がそっくり!

これに関しては兄弟のグロとモコよりも
グロと(最近の)モンの方が似ている。

そして、

行動も!

2016497.jpg

写真のモコに語りかけるグロっち。

「グロちゃん、近い!近いよ~」などと
笑っていたのだけど・・・

2016498.jpg

モンも同じことをやっている。

で、同じく近い!(笑)

数年前に見ていたグロのしぐさを、今
モンによって再現されていることって
日々の生活の中でたくさんあるんだろうな・・
としみじみと感じた飼い主である。




スポンサーサイト

自分で移動

最近モンの飛ぶ回数が増えた。

ソファーにカバーを掛けたことで、着地の時の
不安が少し解消されたようなのだ。

背もたれの上まで飛べないというときも・・・

2016494.jpg

カバーがあるおかげで途中で掴まることが
出来る。

で・・

2016493.jpg

そのまま肘掛のあたりまで降りてきたり、
飛ぶだけでなく、足腰の運動にもなっている。

こうした運動が良いトレーニングになっているのか
「ソファーの上」「テーブルの上」「グロモココーナー」
のモンの三大行動範囲においては、飼い主の
「手タクシー」を最近利用しなくなったのだった。

なので、わざわざグロモココーナーまで飛んで
行って紙を要求し、わざわざそこで紙切りを
する。
(テーブルの上に用意してあるのにぃ

2016489.jpg

行きたい場所に自分で行って、したい遊びをし、
大変ご機嫌なモンちゃ。

2016490.jpg

お得意のイナバウワー切りも炸裂している。(笑)

体は下向きなのに、顔は真上を向いていて・・
何度見ても「よく首が回りますな~」と
言ってしまう飼い主。


紙切りをしている近くに、先日いただいた
「あみぐるみモンちゃ」。

2016491.jpg

本鳥、特にびびりもせず、かといっていたずら
することもなく、一緒の空間で気にすることなく
過ごしている。。。と思っていたら!!!

グロモココーナーに散らかった紙を片づけて
いるときに初めて気がついた。

2016492.jpg

なんじゃ、こりゃ?

モンの中ではすでに「あみぐるみモンちゃ」は
仲間として認めていたらしい。

切った紙をプレゼントされていた。(笑)

毛糸だから紙がくっつきやすい、L字に
切ったから片方の端が下について支えに
なり安定している。。

などなど、いろんなことが重なり、しっかり
くちばしで紙をくわえているように見える
「あみぐるみモンちゃ」である。

私にくれるときのように「はい、どーぞ!」
って渡しただろうモンの姿を想像すると
見逃してしまったことがとても残念。



色も形も

昨日、嬉しい宝箱が届いた。

グロ、モコ、モンのグッズがたくさん入った
はるこさんからの贈り物。
(ありがとうございました。

今日はその中の「あみぐるみモンちゃ」を
ご紹介させていただく。


と、その前に、まずはコチラ。

以前いただいたグロのあみぐるみ。

2016485.jpg

腰をおろしているタイプ。

で、コチラが今回いただいたモンのあみぐるみ。

2016486.jpg

立ち姿タイプ。

この2羽によって私は自分が老化していることを
認めざるを得なくなるのである。
(普通に認めろよ!って話だけど。。

3年ほど前にいただいた「あみぐるみグロ」は
私の「脳」もしっかり「あみぐるみ」と認識して
いるのだけど、今回いただいた「あみぐるみ
モン」は本物のモンと見間違ってしまうのだ。

どこに飾ってもふと視界に入るたび
「え?モンがカゴから脱出してしまった?」
って一瞬どきっとしちゃうんですわー。

「え?なぜここにモンが?」って。

この3年の間に私の認識力や判断力が
低下しているということなのーーっ!?。

でもっ!でも~~~っ!

2016487.jpg

この立ち姿、一瞬なら見間違っても仕方ないと
言い訳できるくらい似てるでしょ?

色もまさに「モン色」なので、全体像を確認しなくても
色を目の端でとらえた瞬間「モン!」って
思っちゃうのだ。。

ずっと一緒の時間を過ごしているのだから
鳥とともに飼い主だって老化してますわよね~
と、ひらきなおっておくことする。

2016488.jpg

同じ場所で同じようなポーズで立っている
モンの写真を探してみたけれど、ちょろめいて
いる写真しかなかった。(笑)


モンが見慣れたころ、ツーショットを撮れたら
いいな~。







それがなにか?

昨日、お風呂から出てきたらモンが夫の手の中で
(腹の上で?)まったりしていた。

「あら、モンちゃん、お父しゃんにべったり
してたのかい?」と言うと・・

「いや、出せ出せあまりにうるさいから、ちょっと
出してあげたらあっちこっち行って、紙切ったり
して全然落ち着かなかったのさ。今急にまったり
し始めたんだよ。」と夫。

なるほど・・・、私の入浴中好き放題やってたけど
気配を察知してまったりを演出したってわけなの
ね?

それが証拠に「モンは別に出ようと思って
なかったんデシけど、お父しゃんが出して
くれたから、おとなしく抱っこされてたんデシ
よ。それがなにか?」という表情。(笑)

2016484.jpg

老化はすすむとも、演技力は向上しているモン
である。



さて、今週は遠隔診療の週。

月曜日(本日)の午前中に状態報告書を作成
しながらフン待ちをし、郵便局に行って速達で
送る。

これで、だいたい午前中いっぱいかかる。

検査に問題がなければ、水曜日か木曜日には
お薬とお手紙が届く。
(気になる点が見つかったときは電話が来る)

抜けた羽毛が生え変わって落ち着いたと思ったら
2日ほど前からまた抜け始めたモンちゃ。

そういうサイクルなのか、毎回遠隔診療の際に
「また抜けてます」とコメントしている状況だ
けれど、かえって換羽のときなどのフンを検査
していただいて、問題なしと言っていただいた
方が、より安心とも言えるので、今回も問題
なしでありますように~



敢えて・・・

換羽や天候の変化の影響で、おとなしくしている
日もあるモンだけれど、現在コンディションは
決して悪くはない。

が、体重は増えなくなってしまっていた。

夏の終わり頃、一時的に体重が44グラムになり
喜んだのもつかの間。。

秋になってぐっと気温が下がると換羽が始まり
また42グラム台に戻ってしまい、43グラムあると
ちょっと安心。。そんな日々が続き・・・

私はある日突然宣言したのだった。

「モンちゃん、ママは毎日毎日毎日毎日
神経質に体重測定をするのをしばらく
やめることを宣言しますわっ。

2016483.jpg

そう、神経質になっているのは飼い主だけで
本鳥はぜんぜん(当たり前だけど)気にしちゃ
いないし、むしろご機嫌。

もう十何年も毎日モンに触れているのだから
抱っこしたり握ったりで体重の変化はわかるし
今月21日は遠隔診療日で必ず体重を量るし。。

私の一喜一憂がなければ(顔に出さないように
してもたぶんモンには伝わってしまっていると
思うので)モンのストレスにもならないだろう。

というわけで
『毎日決まった時間に体重測定をするのは
体調を管理する上でとても大切なこと』
と理解しながらも、敢えてそれをやめてみた。

それから1週間。
(1週間も体重を量らなかったのは、モンが
大病してから初めてのことである。)

あれ?モンちゃんなんとなくもっちり感が
戻ってきてない?

握った感触で「あ、体重が増えてる」と感じ
1週間ぶりにスケールに乗ってもらうと・・・

44,5グラム!!

うっそ~、マジか?

換羽が落ち着いたのか、季節に体が適応
したのか、神経質すぎる体重測定がなくなって
ストレスが減ったのか、いやその全部だろう
とにかく7ヵ月ぶりに44グラムを越えたので
ある。

2016481.jpg

今朝も朝ご飯をカゴに入れたら、扉を閉める前に
食べ始めたモンちゃ。

数分後。。

2016482.jpg

床に散らかったシードの殻が、食欲を物語って
ますな。
ご機嫌におどけているし。(笑)

体重が増えたら増えたで嬉しくなって、つい
また量りたくなる衝動にかられる飼い主である。

ううう、ガマンだー。(笑)

これから本格的な冬がやって来れば、また
換羽や天候の影響を受けるだろうけれど、
今のうちに体力と体重を貯金しておこうね。



クレーンゲームの鳥たち

昔からクレーンゲームはわりと得意だった。

が、楽しいのはゲットするまでの過程で、
「すごく欲しい!」と思う景品に出合わなかった
ので、ずっと遠ざかっていた。

しか~し!!ここ最近、鳥さんがいろいろな
ところに登場していると言うではないかっ。

久々に楽みましたぜぃ。

取れる!取れる!

っていうか、取れなさそうな場所にあるものには
手を出さない。(笑)
(なのでラブバが少ない。。)

で、ちょこちょこと我が家に集まったクレーン
ゲームの景品の鳥さんたちを、モンに見せて
みた。

2016479.jpg

わざわざグロモココーナーに(一部)持って
来て並べてあげたのに、興味なしかいっ!

んじゃ、これは?

と、まとめてガバッと取れた小さなヒヨコちゃん
たちを見せたら・・・

2016480.jpg

興味を示したのは「カゴ」だけ。

今もグロの教えを守っているのか、それとも
本当に興味がなくなったのか、、ぬいぐるみには
けっしていたずらしないモンなのだった。



つけぼくろ?

つ~けぼ、つ~けぼ、つけぼくろ~

とか替え歌してる場合じゃないっ。

今朝、カゴのお掃除をしようとモンに出てきて
もらったら・・・

2016474.jpg

目の下に蕎麦の実の殻か何かがくっつい
ちゃってる!!

二度寝しようとしたタイミングだったのか
ぼ~っとしているモンちゃ。

本鳥、目の下のつけぼくろ(?)に気づいて
いない。

「モンちゃん、おめめに入らないように
取ってあげるからね。」

そう言うと、なんとなく寝惚けているモンは・・・

2016475.jpg

「お願いするデシ」とでも言うように
上を向いた。

いや、、顎じゃなくて目の下ですから!

とかなんとかやっているうちに。。。

2016476.jpg

エンジンがかかった。

「あ、動かないでよ~。 目に入ったら
大変だよ。

が、逆に動いたことにより、殻は下へと
ずれていった。

2016477.jpg

あ、これなら取りやす~い。

指でちょいちょいと簡単に取れた。

2016478.jpg

「おめめに入らなくてよかったね。」

床で倒れているかのような体勢で爆睡して
いるので、換羽のときの筆毛の状態などに
よって、たまにこんなこともあるのだった。

普段は殻がくっついたとしても、くちばし周りの
羽毛のふわっとしたところが多いのだけどね。。。

あ。

だから条件反射で上を向いたのか?

と考えると、2枚目の写真↑も納得である。(笑)






嬉しさの表現

病後すっかり夜行性になってしまったモンだった
けれど、最近は夜も早く寝るようになった。

抜けた羽毛がまた生え始めて、体力を消耗する
ことと、日が短くなって16時前には暗くなって
しまうから、、ということが考えられる。

季節やそのときの体調などに、自分なりに
対応しているのだろう。

が、変わらないのは朝の様子。

カゴの前で交換する敷き紙の準備を始めると・・・

2016469.jpg

手前のとまり木の上で背伸びをしてこちらを見る。

「朝ご飯だよ~。」と声をかけると、、

2016470.jpg

必ずこんな体勢で後ろに下がっていくのだ。
(それ以上下がれませんよ?

これ、グロモコもそうだったのだけど、我が家の鳥たちは
嬉しいとバックするのである。(笑)

guro2.gif

嬉しさの表現といえば、羽毛が膨らむこともあるのだけど
初めて見るものに対して少し緊張があるときも膨らむ
ので(本当に怖いと感じているときは細くなるけど)
羽毛の膨らみに関しては、ちょっと紛らわしいのだった。

2016471.jpg

こちらは嬉しくて膨らんでいる様子。

そして、こちらは・・・・。↓

2016472.jpg

ちょっと緊張して膨らんでいるんですな。

今日は朝ご飯のあと、少し上向き姿勢でうつらうつら
していたので(これもモンのクセで紛らわしい
久しぶりに酸素を入れてあげた。

酸素ボトルは見慣れてはいるのだけど、しゅ~、
しゅ~という久しぶりに聞く音に少し緊張気味。

なので、音が止まると・・・

2016473.jpg

すぐいたずらしにキターーーっ。(笑)

小心者なのに、いたずら好きのモンである。




挽きたての美味しさ?

挽きたての・・と言っても、コーヒーではなく
今日はペレットのお話。

モンは粒が大きいと食いつきが悪いので
普段はミルでペレットをご~りご~り。

2016462.jpg

ツマミを回して調節できるミルで、モンの
体調や食欲などに合わせて粒の大きさを
変えることができる。

とはいえ、微妙な調節はやはり手作業には
かなわないので、場合によってはモン専用
小さなすり鉢も使う。

最初はいろいろな大きさを試してみたが
やはりシード優先でペレットの食いつきは
イマイチだった。

そこで、興味を持たせる作戦決行!(笑)

モンの目の前でミルにペレットを入れ、
ご~りご~りとやって見せた。

そして「やっぱ、挽きたては美味しい
よね~。」と大袈裟に言ってみると
予想通り、興味を持ってくれたのだった。

以来、ミルを持ってくると「ちょーだい!
ちょーだい!」と要求するようになった。


というわけで、今現在は・・・

2016463.jpg

この大きさの粒の処方食をミルで挽いて・・・

2016464.jpg

こんな感じに。(ビミョ~)

以前は粉にしていたが、今はこのくらい粗めでOK。

ええ、ホントに微妙な差だけれど、これで
食いつきが全然違うのだ。

今日のブログ用にミルの写真を撮っていたら
モンが「ちょーだい!ちょーだい!」と要求して
きた。

え?いや、まだ挽いてないんですけど・・・

が、待ちきれないモンは昨日挽いたものを
食べ始めた。

2016465.jpg

最近はミルを見ただけで食欲が増進する
ようだ。

2016466.jpg

「処方食、しっかり食べていいコだね~」
と声をかけると、嬉しそうなモンちゃ。

2016467.jpg

挽きたてじゃないけどね、、、言わないけどね。。

2016468.jpg

これは・・・パブロフの条件反射なのか
それともプラシーボ効果なのか、よく
わからないけれど、とにかく「挽きたては
美味しい」と思い込んだモンは処方食の
ペレットをよく食べてくれるようになった
のだった。



プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク