片足かけて

さて、昨日の続き。

2016453.jpg

グロ直伝、片足かけての「自分のものアピール」を
実行し続けるモンちゃ。

2016454.jpg

そのしつこさに一度は成功したかと思われたが
不満マックスのうりちゃん。
(そりゃ、そーだ。

2016455.jpg

小競り合いが勃発してしまったのだった。

これがうりちゃんとグロ、またはまろちゃんとモン
だったら、すぐさま止めに入るのだけど、、、
うりちゃんとモンの場合はお互い加減している
のがわかるので、カメラを向けたままこの結末を
見守っていた。

鳴きながら羽根をばたつかせ、くちばし同士が
ちょこっと触れる小競り合いなのだけど、モン
の鳴き声の大きさに「あの男」が駆け付けてきた。

2016456.jpg

来た来た。

年長さんらしく止めに入るのか?
それともただの「戦い好き」か?

しか~し、時すでに遅し!

2016457.jpg

遅っ。

遅いよ、グロちゃん。(笑)

お互いアピールし合って、お互い納得した
「うりモンず」。

2016458.jpg

譲り合って食べ始めたのだ。

2016459.jpg

何事もなかったように戻っていくグロだけど、
カメラはしっかり記録してましたぞ~。(笑)

でも駆け付けるグロが遅かったからこそ
生まれた友情なのだ。

「加減を知っているうりちゃん」と「実は
小心者のモン」の小競り合いだから。

ここにグロが参加なんかしちゃ~、飼い主
即効止めに入らねばならない。

絶妙にバランスのとれた3羽なのである。

って、え?3羽?

まろちゃんはどうした?

はい、まろちゃんは私の非常食(カップめん)
の入っている箱を物色中だった。

おやつに誘ってみるも、箱の中身が気になって
全然降りてこなかったので、現物を持って釣る
作戦に出てみた。

2016460.jpg

美味しいの、こっちにあるよ~
と器を近づけて見せてみると・・

釣れたかっ?

と見せかけて~

2016461.jpg

そのまま食べ始めたまろちゃんである。(笑)

気になる箱から片足を絶対はずさない。

こちらもまたある意味、片足かけての「自分の
ものアピール」なのだろう。


以上、久しぶりの懐かしのシリーズでした。





スポンサーサイト

グロ直伝

昔のカメラで画像が粗いけど、久しぶりに懐かしの
写真をアップ。
(2010年)

今でこそ食べても食べてもなかなか太れないモンも
昔は太りやすい体質だった。

ただ、変わらないのはいつでも「食いしん坊」という
こと。

それでも、グロ兄ちゃんには遠慮していた。

2016445.jpg

おやつたいむ、一緒に食べようとすると・・・

2016446.jpg

出ました!足で押さえて「自分のものアピール」!!

これでひと睨みされれば、モンも退散せざるおえない。

2016447.jpg

そうだね。

2016448.jpg

そう・・なんですね?

2016449.jpg

あ、やっぱり?

グロっち、独り占め~

でも、このとき太り気味だったモンにとっては
グロのこの行動はけっこうありがたいものだったのだ。

2016444.jpg

体はグロより大きくても、お兄ちゃんには逆らえず。

では、相手が年下のお友達だったらどうだったのか?

2016450.jpg

うりまろちゃんがお泊りに来たときのこと。
(同じく2010年)

うりちゃんがおやつを食べていると・・・

2016451.jpg

モンがやって来て、グロ兄ちゃん直伝片足かけての
「自分のものアピール」。

2016452.jpg

が、うりちゃんの首を振っての抵抗に、一瞬ひるむ。

ここで、いつものようにあきらめるかと思いきや・・・

2016453.jpg

再度「自分のものアピール」!!!

このあたり、しっかりグロから学んでますな。(笑)

グロ本鳥には出来ないけれど、学んだことはお友達を
相手に試しているようだ。

張りつめる緊張感。

この後、どうなる!

って、昔アップしてる写真だけど(笑)、キャプションを
新しく入れて、明日につづく~



くしゃみ、鼻水

昨日、モンの相手をしていた夫が「鼻が
濡れてるよ。」と言った。

気がついたことはきっちり報告してくれる夫だ
けれど、自分では何も対処しない。。

どうしてあげたらいいかわからない、、という
のが正直なところなのだろうけど、ヘタなことを
して妻に口うるさく言われることを恐れている
のだ。(笑)

そう、他のことは「ま、いっか~(←お気楽)」
と思えても、モンに関してのことだけ(?)は
口うるさい私。

ええ、自分でもそう思う。

でも、それだけは譲れないのだ。

「え?鼻水?どれ?モンちゃん、ちょっと
こっちおいで~」

2016442.jpg

「どうしましたか?」
それは私のセリフよ~。

ニオイを嗅いだり、指で触ってみてサラリとして
いるか、ネバっとしているか確認したが、いつもと
同じ感じ。(無臭でサラリ)

さっきまでのモンの行動を思い浮かべると・・・

〇枝豆とペレットを食べて水を飲んでいた。
〇ちょこっと飛んだ。

なるほど、、、これはくしゃみをしたことにより
飲んだお水が出ちゃったのですな?

モンは鼻の奥に炎症の痕があって(後遺症)
羽ばたいたあとなどにくしゃみが出やすいのだ。

うん、大丈夫!いつもの「お鼻水博士」だわ。

「今、ふきふきしてあげるね。」

これもいつものことなので、「ふきふき」という
言葉を聞いたとたん・・・

2016443.jpg

私の胸元に移動してきた。

胸元で抱っこしながら、やわらかティッシュで
ふきふきふきふき・・

と、またくしゃみをしたモンちゃ。

「ぷしゅっ」の音とともに、鼻水を顔に飛ばされる。

冷たっ!

ふきふきのやり直し。。。



*すぐ乾きました。





エアオフ会

お友達(鳥さん)に会うと良い刺激をいただき
テンションが上がるモンちゃ。

が、いろいろと後遺症があるにもかかわらず
自分も同じように出来る!と、許容範囲以上の
行動をしてしまうので、もうずっとお友達と
過ごす機会を作っていない。

なので、モンのコンディションの良い本日・・
先日はるこさん宅で行われたというオフ会に
気持ちだけ勝手に参加させていただいたの
だった。(笑)

はるこさんのブログにアップされている動画を
見せてあげたのだ。

鳥さんたちの声に反応し、鳴く!鳴く!

ほんの少し聞こえたぴちぴこさんの声にも
反応していた。

鳥って人の顔を見分けるだけでなく、声も
聞き分けているんだ・・と実感。

そして・・・

2016437.jpg

お友達(人も鳥さんたちも)を探しているかの
ようなしぐさで落ち着かず。

2016438.jpg

やる気スイッチもオンに!

2016439.jpg

え?なに?どこに行きたいの?

「手タクシー」で連れて行こうとした矢先、いきなり
飛んだ!

上手くグロモココーナーに着地。ほっ・・

2016440.jpg

飼い主の思惑通り、紙切りをして気持ちだけ
勝手に参加してる様子だった。

これぞエアオフ会か?(笑)

ここでそのエアオフ会が終了となると思って
いたのだけど、モンのやる気はまだ続いていた
ようで・・・

蓋付きゴミ箱の上に置いてあった雑誌めがけて
飛んだーーーっ。

もう2年以上も忘れ去られていた場所・・というか
行きたくても飛んで行けない場所だったのに。

案の定上手く着地出来ず、ホバリングしながら
へろへろと床に落下していったのだった。

2016441.jpg

でも救出しなくても、自分で走って戻ってきた。

(矢印が着地したかったゴミ箱)

2~3分ほど動画を見た(聞いた)だけだったのに
やはり許容範囲を超えた行動をしてしまったモン
ちゃ。
(飼い主の思惑をも超えたー

でも、やる気みなぎるその表情はとっても
満足そうだったので、また調子の良いときに
「エアオフ会」で良い刺激をたくさんいただこうね。

安全策を強化しておくからね~














お世話係

夕方、カゴの敷き紙の交換時に水入れを持ったまま
手をカゴにひっかけてしまい、中の水を全部こぼして
しまった。

モンの小さい水入れとはいえ、全部ぶちまかして
しまったのだ。

「あちゃーっ、やっちまったよ。モンちゃん、ちょっと
お膝の上で待っててね。」

と、急いでふきふきしていたら、すすす~っとモンが
膝から降りてきた。

2016433.jpg

あ、ちょっと!

だいたい拭き終わったからいいけど、まだ湿っぽい
んだよ?

2016434.jpg

磁石のように手に寄ってくるーーーっ。

なに?遊んでるの?

2016435.jpg

モンは遊んでいるわけではなかったようで、
くちばしで私の指を動かそうとしている。

げ!

チェックしていたのですな?

そして「拭き方がなっとら~ん」とお手伝いして
くれたのですな?

「ああ、はいはい!しっかり拭いてますよ~
とんとんとんとんってね?」

2016436.jpg

水はもうきれいに吸い取れていたのだけど、モンが
ものすごくがん見しているので、拭いているフリを
しばらく続けた飼い主なのだった。

私はモンのお世話をしているつもり。
モンは私のお世話をしているつもり。






熱さを忘れる

久しぶりに電池切れ状態になり、飼い主をひやひや
させたモンちゃ。

本鳥もさぞ怖い思いをしたことだろう。。

が、翌日の朝。

2016427.jpg

げっ!

昨日、このポーズで固まって動けなくなったのに
懲りてないっ!

たしかに足の部分発作は落ち着いてさえくれれば
ケロリンパなのだけど、余韻というかなんというか・・
そういう怖さを1日で忘れる?

喉元過ぎれば・・とは、このことだ。

アクリル版を貼ってしまえばぶら下がることも
できないのだけど、飼い主にアピールするときしか
しない行動だし、天井は低く、床はクッション性を
高くしてあるので、もう少し様子を見ることにする。

とはいえ「モンちゃん、昨日の今日なんだからさー
降りなさいよ。」

2016428.jpg

あ、素直。(笑)



さて、今まで足のケアといえば、抱っこしている
ときにちょっとマッサージしたりはしていたのだけど
やはり冷やさないことが一番。

モンの行動範囲のソファーはカバーをしたので
暖かくなった。

あとはおやつを食べるときのテーブルの上だな・・
と思い、モン専用ランチョンマットを用意した。

といっても、余っていたフリースの布を切った
だけ。(笑)

さあ、ちょっぴり環境が変化しましたぞー
モンちゃん、マットの上でおやつ食べるかな?

2016429.jpg

最初は少し躊躇した様子だったが、食欲の方が
勝ったモンは、恐る恐るマットの上に乗って歩いて
いった。

ま、こうして緊張で羽毛が膨らんだのも最初の
1回だけだったけど。

膨らみながらも食べる!食べる!

2016430.jpg

お水もちゅ~

そしてまた食べるのよね?

で、くちばしに殻がいっぱい付くのよね?

2016431.jpg

想像通り。(笑)

2016432.jpg

最初のこのときだけは最後まで膨らんでいたモン
だったけれど、翌日にはマットでくちばしを拭いたり
して、すぐに使いこなしていたのだった。

マット、、、飼い主の目的は足が冷えないため。
でも、モンにとってはくちばし拭き?(笑)






恐怖の電池切れ状態

食べることに集中しているときは、カメラを向けても
気にしないモンちゃ。

2016419.jpg

が、ちょっとだけサービスをしようという気持ちに
なったのか・・・

2016420.jpg

一瞬、カメラに近づいて。。

2016421.jpg

その後、何事もなかったかのように戻っていった。

2016422.jpg

そしてまた食べ続け、もうカメラのことは忘れた
モンなのだった。(笑)

と、このように10月は調子の良い日が続いて
いるのだけど、今朝久しぶりに「電池切れ状態」
になってしまった。

ケージの上からコウモリのようにぶら下がったまま
固まってしまっていたのだ。

あれ?さっきまで「朝ごはんだ~」と喜んで走り
回ったりしていたのに。。。

目を閉じて逆さまにぶら下がったまま、呼びかけ
にも反応しない。

あわてて救出すると目を開けたのだけど
左足の力が少し抜けているように感じた。

もしかしたら、急に足に症状が出てしまったのかも
しれない。

ぶら下がった状態で無理に降りようとしたら
落下する危険もあるので、落ち着くまでじっと
していた・・・、そんな感じか?

よくぞ、耐えた!!

抱っこしている間に落ち着いたようで、カゴに
戻ったモンはすぐさま朝ご飯を食べ始めた。

えええーーー、ついさっきまでクタっとしていたのに
そんなにすぐ食べられるのーー!?

とまあ、こんな感じでありがたいことに今回も
回復がはやかったのだけど、忘れたころに
やって来る突然の「電池切れ状態」は何度
経験しても恐怖である。。。

いつもよりは落ち着いて対処できたように
思うけど、モン本鳥の方がこういう症状と
上手に付き合っているように感じるので、
飼い主!もっとしっかりせねばっ!!!



お取り換え

そろそろ暖房を入れる季節。

転勤族の我が家。引っ越し先によって暖房器具も
電気(畜暖)だったり、灯油ストーブだったりと様々
なのだけど、どれにしても大事なのはメンテナンス。

寒い地域で、ある日突然故障してしまうことが一番
怖いのだ。

モンのカゴがあるビニールハウス内はペットヒーター
ダブル使いだが、それも室温が安定していてこその
適温。

ストーブが故障してしまったら、マイナス15度以下
になることもある地域では、ペットヒーターだけでは
たとえビニールハウス内といえども適温は保てない。
というか、命の危険がある。

2016423.jpg

というわけで、今年メンテナンスを頼んだのだけど
備え付けのストーブは古いタイプのもので部品も
もうないとのことだった。

そして・・「今のところ不具合はなくても、寒い時期
に故障なんかしちゃったら大変ですよねぇ、古い
タイプのストーブですし。。ちょっとオーナーと
相談してみますね。」との不動産屋さんの一言で
新しいストーブを入れてくれることになったのだった。

待つこと1ヵ月近く、、、そして今週ようやく届いた。

新しいストーブとの交換には、3年前にメンテナンス
に来てくれた人がまた担当してくれたのだけど、、

その人のことをモンは覚えていたらしく、作業の
間中、カゴの中で走って一緒になって仕事している
雰囲気。(笑)

知らない人だと固まって気配を消してしまうモン
がこの動き!3年前に一度会っただけの人を
確実に覚えているということだ。

心の中で「すごーい!!」と親ばか全開している
うちに作業は終了した。

2016424.jpg

あのぅ、なんだか達成感をかもし出しているけど、
(自分の手柄感いっぱい!)
取り換え作業してくれたのは誰だっけ?

2016426.jpg

モンちゃんが覚えていた、あのお兄さんだよん。
モンちゃんはカゴの中、走ってたけどさぁ。

と言って、ケラケラ笑うと・・

2016425.jpg

おどけてくれたモンなのだった。

ストーブが新しくなって今年の冬も安心!と
ほっとした飼い主の気持ちが伝わっているのか
いつにも増してご機嫌なモンである。





眠気も運ぶ

今朝、4時過ぎの地震で目が覚めた。

モニターでモンの様子を確認すると何事も
なかったかのように、すやぴ~と寝ていた。

いつもならここで安心して「もう少し眠れる~」と
二度寝するところなのだけど、今朝はなんだか
目が冴えてしまったのだった。

4時半・・・起きるには早いが、眠くないのに
無理に寝てしまったら、、、こりゃもう起きられない
だろうと思い、結局起きることにした。



そして、、、、今になって睡魔に襲われている
私である。

だって、モンから睡眠誘発オーラが出てるんだ
ものーーーっ。

手の中にすっぽりおさまって、とろ~りと解け出し
そうな雰囲気のモンちゃ。

2016417.jpg

横から見るとこんな感じ。↓

2016418.jpg

あああ、見てるだけで眠気が。。。

鳥さんのまったりした姿は、幸せと、、そして
たまに眠気も運んでくれるが、そのタイミングは
なかなか難しいのだった。

今かーーーっ。(笑)









水に濡れて出現

左側が放鳥たいむに水入れとして現在使用している
器で、ペットボトルのキャップ(右側)より少し大きい
くらいのサイズだが、安定感はバッチリ。

2016416.jpg

水浴び用の器は別にあるのだけど、昨日は突然
何の前触れもなく、この小さな器で水浴びを始めて
しまったモンちゃ。

「えーーーっ?モンちゃん、この器で水浴びは
無理でしょー?今、用意してくるから待って~」

と言ったのだが、体調も上向きになったこともあって
久しぶりに水浴びをしたくなったモンは、待てなかった
ようだ。

こんなに小さな器なのに、器用に水浴びをする
姿に感動すら覚え、別の器を持ってくることも
写真を撮ることも忘れて見入ってしまったのだった。

で、水浴び後の姿を見て大笑い。

2016411.jpg

笑ってしまって失礼したね、でもね、顎のところの
羽毛がさ・・ぷぷぷっ

そう、羽毛が生え変わっているところなので、
顎のところ・・・普段より羽がなくて地肌がすごく
見えちゃっているのだ。

筆毛があるから濡れた羽毛もくせ毛のように
なってるし。(笑)

可愛くてくすくす笑っていたら・・・

2016412.jpg

横向いちゃった。

って、あれっ?目のところ。。。

2016413.jpg

ここにも小さな筆毛が!

普段は分かりにくくても、水に濡れるとはっきり
見える。

「モンちゃん、こっち向いて~」

2016414.jpg

つけまつ毛のようにも見えるし、アイラインのようにも
見える。。かも。

「モンちゃんは入浴後の方がメイクしているように
見えるんだね。可愛いねぇ。」とまたまた笑ってしまった
のだけど、この「可愛い」という言葉に気を良くした
のか、、

2016415.jpg

一緒に笑って(いるような鳴き声で)ご機嫌に
なったモンなのだった。

久しぶりの水浴び、気持ち良かったね。
小さい小さいお風呂だったけどね。(笑)







プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク