その日の気分で4パターン

4週間に一度の遠隔診療。

フンと、状態報告書と、近況の写真を送って診て
いただく。

その何枚かの写真の中で、1枚は必ず胸骨から
おしりにかけて・・を当日の朝撮るので、毎回
同じポーズなのだけど・・・

モンの気分によってすんなり撮れることもあれば
何枚撮っても「胸骨からおしり」がうまく見えない
と苦労することもある。

そんなわけで、今まで病院に送った写真を比較して
見てみることにした。

先月の写真。 ↓

2016401.jpg

そうだ、、この日は「じたばた君」であった。

何度撮ってもブレブレ写真ばかりだったので、この
写真で妥協したのだった。

あ、もちろん病院に送る写真には文字など
書きこまないけど。(笑)



その前の月は、このポーズの写真がなかった。。。

あ!そっか!すごく嫌がったから、断念したんだ。。。

投薬するときも似たような体勢にさせられるから
嫌がるときは、「さっき、お薬飲んだデシ!!」と
ちょっと勘違いして反抗するのだろう。。と思う。


そしてその前の月。 ↓

2016402.jpg

このときは、早く遊びたいがため、手からすり抜け
ようと、体をくねらせる「くねくね君」。

同じ「イヤ」でも、微妙に違いがある。(笑)


で、今回はというと・・・。 ↓

2016403.jpg

めちゃ協力的~~~っ。

「はい、どうぞ!」とばかりに、シャッター切るまで
じっとしててくれる。

そう、こんな日もあるのだ。


モンの状態にもよるけれど、年に1~2回ほどしか
今は通院できないので、遠隔診療をお願いしてから
もう2年が経つ。

その2年間の写真を比較してみてわかったこと。

毎月の「胸骨からおしりにかけて」の写真は
「じたばた君」「くねくね君」まったく撮れない
「困ったちゃん」そして協力的な「シャキーン」
の、だいたい4パターンなのだった。



*今回の糞便検査も問題なしで、ほっと一安心。





スポンサーサイト

ペレットもシードも

最近ペレットをよく食べてくれるようになったモン
だけれど、以前はシード優先の食事風景だった。

なので、シードにペレットをふりかけて、少しでも
口に入ってくれれば・・・というところから始め、
徐々にペレットの量を増やしていった。

というわけで、我が家ではひとつの器に、そのときの
体調に合わせてブレンドしたシードとペレットを入れて
いる。

食後、器の中を確認するとバランス良く食べて
くれているようだけど、ある日「ところでどういう
順番で食べているんだろ・・」って急に気になった
飼い主。

ま、そのときの気分や体調にもよって変わるの
だろうけど。。

2016400.jpg

放鳥時もひとつの器で食べているので、ちょっと
分けて様子を観察してみることにした。

2016395.jpg

偏って食べる可能性もあるので、放鳥時のみ試して
みることに。。。

右がペレットに小粒の穀物をふりかけたもの、左が
シード類。

分けてもバランスよく食べるかなぁ?

それと、(今日は)何から食べるのかな?

「ささ、モンちゃん、どうぞ召し上がれ~」

2016396.jpg

おおおお、ペレットから食べた!!

昔は何を置いても「まずシード!」だったのに
これは嬉しいっ。

少し食べて・・・

2016397.jpg

今度はシード。

しばらく観察していたが、あっちを食べこっちを食べ、、
と、分けてもバランスよく食べてくれることが確認
できたのだった。

「モンちゃん、どっちもしっかり食べて、いいコ
だねぇ。

2016398.jpg

こうしてペレットもよく食べてくれるようになると、
若い頃ならペレットだけの食事切り替えるという
選択もできたのだけど、今は難しい。

大病を経験し、老鳥になり、今はなんでもいいから
食べられるものはとにかく食べて~という状態
だから。。

が、バランスよく食べてくれているし、好き嫌いも
なくなってきたので(今になってようやくだけど)
今後も体調によって配合を考えつつ、なるべく
たくさんの量を食べてほしいと願う飼い主である。












マルチカバー

我が家では昔からソファーは鳥たちの遊び場だった。

だからなのか、夫はあまりソファーに座ったことがない。

自分専用の「一人掛けソファータイプの座椅子」を
買ってからは、そこにどっかりと落ち着いてしまい
ますますソファーに座らなくなった。

来客がない限り、モンと私だけが使用するソファー
になってしまっているのだ。

と、言い訳がましいことを書いてしまったが、とどの
つまり、、私は三人掛け用ではなく二人掛け用を、、
サイズを間違ってソファーカバーを買ってしまった
のである。

2016399.jpg

で、レシートを持参して取り換えてもらいに行った
のだけど、同じカバーのサイズ違いがなく・・・

結局、マルチカバーと取り換えてもらった。

これにはたくさんの利点があった。

ソファーカバーに比べて、装着しやすい。
だから洗濯もしやすいし、なんといってもお値段が
三分の一でお財布にも優しかった。

マルチカバーで充分だ。

あとはモンが気に入ってくれたら言うことなし!

早速、モンにチェックしてもらおう。

が、見慣れない光景になかなかソファーのところに
行かないモンちゃ。

「ほらっ、大丈夫だよ?ちょっと乗ってみてごらん。」
と、いつも飛んで行く背もたれ部分に乗せてみた。

2016392.jpg

マルチカバーを掛けたソファーの上で、なにやら
考え込んでいる様子。

そして・・・

2016393.jpg

気に入ってくれたようだ。

一旦受け入れると、慣れるのがはやい~~~っ。

踏ん張りもきくし、滑らないからテーブルとソファーを
行ったり来たりするようになり、その動きの速いこと
ったら。

2016394.jpg

登れなかったアーム部分もすいすい登っていく。

運動できて良かったね。

今までバスタオルをかけられていたソファーも
喜んでいるかもしれない。(笑)

これで、ソファーで滑ってしまう問題や、タオルに
足がひっかかってしまう問題は解決だわー。

冬に向けて、足元も暖かいから老鳥のモンには
ぴったりですな。





ど根性の殻

1日安静にしていたら復活したモンちゃ。

が、体重は42グラムから増えず。。。

日によって調子の良し悪しがあるので、
とにかく食べてくれていて、ご機嫌でいてくれたら
今はそれでいい。と思おう。


食べている姿を見るのは本当に嬉しい。

なので、最近、、写真も食べているところばかり。

というわけで、今回は角度を変えていつも夫が
座っている場所から撮ってみた。

2016387.jpg

本当はこちら側から撮った方が逆光にもならず
撮りやすい。

モンにとっては、いつもの場所にいつものように
私がいて、見守っている。。。というのが落ち着く
ようなのだけど、たまにはいいよね?

2016388.jpg

食べ始めたので、OKということだろう。

「いいねいいね~、いい食べっぷりだねぇ。
えらいっ!えらいよ、モンちゃん!」

などと声をかけながら写真を撮る。(笑)

あれっ?ほっぺの下にシードの殻がついてるよ?

2016389.jpg

あ、そ、気にしないんだ・・・

ま、いいや、食べているうちに取れるでしょう。
お食事を続けてくださいマセ。

2016390.jpg

が、この「殻」なかなか根性があるらしく・・・

2016391.jpg

モンの羽毛にからまったまま、場所だけは移動して
いったのだった。(笑)

結局取れず。

食後つまんで取ったけど、なかなかすんなりとは
取れなかった。

体調が悪くても、がんばって食べて調子を戻して
くれるモンも、ある意味ど根性のコザクラ。
そしてその彼にくっつく殻も、またど根性の殻。。
なのかな?







またまた換羽

「あまり調子がよろしくない・・・」と感じた昨日。

いつもの時間、いつものように寝ているのだけど
どこか、なにかが不安にさせるのだ。

最近、うまく消化できないシードもあるなどの
心配もあったからだろう。
(それ抜きの食事をしているけど)

と、様子見してたらやはりえずき出した。

お水を飲んでもえくえくは止まらず、そのうち
フンをするも水分しか出ない。

モンちゃん、しっかり食べられてないのでは?

朝は食べていたけど、けだるくて寝てばかりいて
いつもより食べてないのだ。

カゴの外でシードとペレットをすすめてみたが
食欲が出ない様子。

モンの好きなカナリーシードは消化が悪いから
今はあげられないし・・・
何か食欲を増進させるものを。。

と、トウモロコシの胚芽部分をさらに細かく
してあげてみたら、ばくばく食べ始めた。
(あとでフンをチェックしたらちゃんと消化も
できていた)

枝豆も食べた。

それが引き金となり食欲が戻ってきた。

2016382.jpg

お!えらい!えらいよ~、モンちゃん。

2016383.jpg

放鳥たいむは紙切り遊びをすることもなく、
飛ぶこともなく、ただ抱っこされて過ごした。

エプロンの中に潜っていたので、カメラを
向けると・・・

2016384.jpg

顔を出した。

でも甘えているところを撮られたくないのか・・

2016385.jpg

怒られたーっ。

でも、元気が出てきた証拠。

このあと、いっぱい甘えてカゴに戻ると、また寝始めた
モンちゃ。

夜中、、、モニターで様子を見ていると、、

2016386.jpg

小さいフンを一個だけしたようだ。

明日、カバーをめくったらいっぱいフンをしてくれて
いるといいな。。と思いながら、そのうち私もうとうと
と眠りに落ちて行った。






朝、フンのチェックをすると、夜中の間に6個もしていた。

いつもよりも多い。

ちゃんと食べて、ちゃんと消化できたんだ。

そして朝ご飯はもりもりと食べた。
今朝は調子良さそう。るー(嬉し泣き)


少しずつ秋らしくなり、また羽毛が抜け始めたので
いっぱい食べてもらえるよう、いろいろと工夫中。











やはりタオルに。。

タオルは糸くずが出ると足にひっかかる危険が
あるので、日本てぬぐいだったり、フリースだったり、
最終的にはシーツなども試してみたが。。。

やはりモンにとってはタオルがベストらしいと
いう結論に至った。

タオルは「つかまりやすい」という利点があるからだ。

最近少し飛べるようになったモンだけれど、彼には
足に後遺症があるので、着地するときが問題。

上手に飛んでも着地のときにすべって転びやすい。

というわけで、すべりにくいソファーカバーに出合うまで
ソファーの背もたれ部分にだけバスタオルを
かけておくことにした。

昔はフンよけに日本てぬぐいをかけていた場所に、
今は滑り止めとしてバスタオルを使用している。

加齢とともに、タブーだったものが絶妙に使いやすく
なる・・ということもあるのですなぁ。。




2016378.jpg

飼い主に紙を持ってもらうかわりに、リモコンが
活躍。(笑)

こうして切った紙をくわえたまま、ソファーのところに
飛んで運ぶようになったモンちゃ。

ここで、バスタオルが重宝する。

タオルがないと、背もたれに上手く着地できずに
転げ落ちてしまうので危険なのだ。

2016377.jpg

若い頃翼を負傷して「飛べない」と納得していた
グロとは違い、モンは「調子が良ければ飛べる
もん。」というスタンス。

そう、調子の良い証拠なのだ。

が、なぜ「紙をくわえて運ぶ」という負荷を自らに
かけるのか・・・

2016381.jpg

糸クズに気をつけながら、そしてモンから目を
離さないようにしながら、様子を見ようと思う。

そしてただ今、滑りにくいソファーカバーを探し中。




2016379.jpg

雲に隠れて中秋の名月は見ることができなかったが
お花と・・・

2016380.jpg

お団子のかわりにお饅頭をグロモココーナーに。




重陽の節句

先週の金曜日は激しい雨が降った。

そんな日は用事がない限り、家の中でモンと
ぬくぬく過ごしているのだけど、9月9日は
菊の節句(重陽の節句)だったので、菊の花を
買うため出かけた。

そしてズブ濡れになって帰ってきた。
(横殴りの雨で、傘、、あまり役に立たず。。。)



モンのために室温を高めに設定するように
なってから、あまり生花を飾らなくなった我が家。

暖か過ぎて、お花が長持ちしないからだ。

が、季節の行事のときは別。

菊の花には延寿の力があると言われているので
重陽の節句にはモンと一緒に厄払い、長寿祈願
をする。

2016375.jpg

オリエンタルなイメージでアレンジをお願いした
つもりが、なんだか可愛くなってしまった。(笑)

が、この可愛い花たちはものすごいパワーを
秘めていたようだ。

やはり温度のせいか、3日も経つとあちこち
枯れ始める。。。

とともに、モンの食欲がますます旺盛になってきた。

なんだか、モンの不調部分を吸い取ってくれて
いるように思えた。

こういうのって気持ちの問題が大きいけれど、
ポジティブに考えられるはありがたいことである。



今週に入って、カゴの中が(外も)シードの殻で
汚れている。

こういう食べ方をしているときは、調子の良い証拠。

床に散らばったシードの殻を撮ろうとカメラを
向けたら。。。。

2016374.jpg

前にいたモンがバックしてきて、フレームの
真ん中におさまったのだった。(笑)

「ママ、、カメラの向きが違うデシよぅ。
しょうがないなぁ。」
とでも思って、自ら調節してくれたのか?

ひとつ季節の行事が来るたびに、また一緒に
迎えられた。。。と感謝する今日この頃である。




さて、モンにパワーを分けてくれて枯れ始めた
菊の花。

まだ残っているコたちを救出。

2016376.jpg

今年もありがとう~




寝起きのえくえく

今朝、カゴのカバーをめくるとモンがえくえくと
えずいていた。

あ、まただ・・・

月に1~2度、こういう光景を目にする。

体力を消耗してしまう~っ。 と心配になるほどの
激しいえずき方なのだ。

が、吐き散らかすことはなく、ただただえずく。
何度も何度もえずく。

不安になったので先月病院にも行った。

そのう検査も糞便検査も問題なしだったので
「いつも寝起きなのですが、空腹でえずくの
でしょうか?」とお聞きした。

が、朝一のフンの状態などから、その可能性は
低いとのこと。
(夜中もポシポシ食べているし・・)

喉が渇いて気持ち悪くなった可能性もあるが、
そんなに気にしなくても大丈夫。との診断
だったので、その言葉を思い出しカゴから出して
水をすすめてみた。

飲まない。。飲まずにえくえくを続ける。

指に水をつけてくちばしを「ちょんちょん」とやったら
「はっ!」と思い出したようにようやく飲んだ。

一口、二口、、、三口と飲んだ。

そして、えくえくが止まった!!!

ケロリンパとした様子のモンちゃ。

そのあとはいつのようにガツガツと朝食を食べ
水も飲み、えずかない。

先生のおっしゃったとおり、「喉が渇いて気持ち
悪くなった説」の可能性高し!!!

しばらくはこの対策で様子を見ようと思う。

でも、モンちゃーん。
最近ペレットをよく食べてくれるようになったから
お水もしっかり飲んでね。。夜中でも~

2016372.jpg

2016373.jpg



病気が原因ではない場合のえくえく。

〇発情
〇空腹(フンが濃い緑色の絶食便だったとき
その可能性がある)

と、ここまでは経験済みだったけれど

〇喉の渇き

も今回追加。





え?なんて?

お兄ちゃんたちと鳥語で会話しているうちに
おしゃべりをしなくなったモンだけれど「ママー」
と「グロちゃんっ」は毎日言う。

年に何度かは「ポコちゃんっ(たぶんモコ
ちゃん)」も言うし、まわりが夫のことを
「しげちゃん」と呼んでいるのを聞くと
思い出したようにやはり年に何度かは言う。

しかし、毎日呼ばれていても自分の名前は
言わない。

モンがおしゃべり出来る名前は4つだけ。
(ま、ほぼ2つですな。

そんなモンが「〇〇ちゃんっ」と、今まで
呼んだことのない名前を言った。

え?今なんて?

しつこく聞いてみたのだけど・・・

2016371.jpg

お得意のえび反りポーズをして、質問は
無視されてしまった。

が、昨日にぎにぎされて睡魔に襲われたとき
また「〇〇ちゃんっ」と誰かの名前を言った。

え?なんて?

2016367.jpg

モンちゃん、今誰のお名前言ったの?

2016368.jpg

やはり無視。。。

起こしてしまっただけだった。

お友達の名前かなぁ、、、

確実に家族以外の誰かの名前を言っている
ので、すごく気になるぅぅ。

なんとか聞きとりたいと思いつつも、いつ、どんな
場面で言うのか全然わからないので、その
チャンスは少ないのだった。



さて、最近はもっぱら紙切り遊びがブーム。

というか、飛ばずに熱中できることが紙切り
遊びなのだろう。

遊んでいるモンの近くにおやつをそっと置くと。。

2016369.jpg

切っていた紙を横に置いて、食べ始める。

2016370.jpg

が、夢中で食べているうちに、この紙は
忘れ去られる運命なので、片付けてあげようと
するのだけど、、、

食べながら「びゃっ!(やめれ!)」と飼い主を
止めることは忘れない。




秋の味覚の贈り物

9月になり、秋の味覚を楽しめる季節になったけれど
まだまだ蒸し暑さが続いている。

ティッシュがね、、、普通のティッシュが、まるで
ローションティッシュのようにしっとりしてるんですわ・・
湿度高くて。。。

なので、モンのごはんも数回に分けてあげている
今日この頃。




今週は、遠隔診療だった。

腹部や後ろ姿など、いろんな角度からの写真を
撮って送るため、モンに協力を求めるが・・・

2016362.jpg

全然落ち着きがない。

2016363.jpg

おやつ、あるよ~

写真撮ったら、おやつにしようね。

2016364.jpg

が、早く食べたくて指をあむあむし始める。

仕方がない、今回はこんな感じの写真と、数日前に
撮った写真で勘弁してもらおうっと。

「おやつ」と聞いたら、素直にカゴに戻るモンちゃ。

2016359.jpg

さて、何を食べているでしょう?

答えは、薄く切った梨。

2016365.jpg

この木のオーナーであるお友達が、自ら収穫し

2016366.jpg

自ら箱詰めして広島から送ってくださった「幸水」である。

香りが良くて、甘くて、瑞々しくて、本当に美味!!

蒸し暑さの中、冷やして食べると最高だ。

モンに少しおすそわけしたところ、彼もハマって
しまったのだった。
(モンには常温で)

2016360.jpg

すごく良い音たてて食べてるのだけど、この
「しゃくしゃく・・」が長い。

夫も「枝豆食べるときは速いのに、梨はゆっくり食べる
よね。。」と言ったほど、時間をかけてしゃくしゃくする。

味わって、中の水分しっかり補給して、ごっくんして
いるといった感じなのだ。

縮んで小さくなってしまったモンだけれど、食欲は
旺盛。

特に美味しいものにはどん欲だ。

元気でいてくれたからこそ、今年も秋の味覚を
堪能できる・・と本鳥よりも飼い主が幸せを感じて
いるのだった。





さて、今のうちにいろいろストックしておこうと、先日
だだちゃ豆を茹でて保存したので、トウモロコシも・・
と思ったが、、、

トウモロコシは冷凍してしまうと、実はほとんど食べなく
なる贅沢なモンちゃ。

となると、大事な部分は「胚芽」である。
(冷凍しても胚芽部分だけは食べる)

この胚芽部分が飛びださないように、一粒一粒
手作業で実をはずす。

2016361.jpg

キッチンペーパーに広げて、余計な水分を取ってから
小分けして保存。







プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク