パフォーマンス?

「筆毛つんつん」がきれいになって換羽が落ちついた
とようやく安心し、体重も少しずつ戻りつつあった
モンちゃ。

が、北海道に台風が上陸したその日から、また
羽毛が抜け始めてしまったのだった。

エレルギーを補充するため、もりもり食べているので
毎回似たような写真になっちゃうけど・・と思いながら
もカメラを向けた。

すると・・

2016349.jpg

ありゃっ、食べていたのにこっち来ちゃった?

2016350.jpg

いや違う。

おちりふりふり、なにやらパフォーマンスを始めた。

2016351.jpg

毎回似たような写真・・・と思ってしまった飼い主の
気持ちを察知したのか?

(でも、毎回似たような・・はとっても良いことだ。)

2016352.jpg

面白い動きに笑いながらも「ごめんよ~
食べてていんだよぅ。」と言うと。。

2016353.jpg

途中で食べる。(笑)
(あ、お顔が見えない

2016354.jpg

が、まだパフォーマンスは続いているらしく
大袈裟な動きでくちばしをふきふき。

2016355.jpg

え?あ、ごめんごめんっ。本当にすまないねぃ。

写真撮らせてもらったから食べてね。

と、カメラのスイッチをオフにしたとたん、がつがつ
食べ始めたモンなのだった。




ところで、、、
今日の写真の中の1枚を少し拡大して見ると・・・

2016356.jpg

ここ!

「ぷくぅちゃん」と呼んで長らく付き合っていた脂肪腫が
見えなくなっている。

どんなに体重が減っても、最後まで顔を出していた
ぷくぅちゃんが一旦消失したのは、モンが32グラム
まで痩せて生死の境をさまよったときだけ。

回復し、体重が36グラムになったところで再び
「こんにちわ~」と顔を出したので、こりゃもうずっと
の付き合いになるな・・と思ったが、体重が増えて
きてる証拠でもあるので、ぷくぅちゃんの存在は
そんなにいやな気持ちにはならなかった。
(今のところ悪性でもなかったので)

なのに、40グラム台の体重でこの「ぷくぅちゃん」
が見えなくなった(完全に消失はしていない)ので
なにやら不安を覚え、先日病院で診ていただいた
のである。

出現しない方がいい脂肪腫だけれど、突然小さく
なると、、それはそれで不安になっちゃうもの
なんですなぁ。。

結局のところ、老鳥になってモンが縮んで小さく
なったことにより、この「ぷくぅちゃん」も縮んだ、、
というわけらしい。







スポンサーサイト

なぬっ?

鳥さんが何かを見たり、言葉に反応したりして
背伸びをしながら「なぬっ?」ってしぐさをする
こと、、ないだろうか?

モンは最近「枝豆」という言葉を聞くと、この
反応をする。

昨日も遊び疲れて私のエプロンに潜りこみ
ねむねむモードに入っていたモンだったが
夫の「あ、そうだ、枝豆食べようっと。」の
言葉に「なぬっ?」と反応。

今まで寝ていたのに、エプロンからすすす~
っと出て来て、夫が持ってきた枝豆にロックオン。

飛んで行こうとしているではないかっ!

「モンちゃん、待って!待って!飛ばないで!
今モンちゃん用の枝豆を持ってくるから。」

2016345.jpg

ふふふ、こりは何でしょう?

2016346.jpg

ぴんぽ~ん

札幌に行ったときに、デパ地下で買ってきて茹でて
あげただだちゃ豆がいたく気に入ったモンちゃ。

釧路でもスーパーで見つけたので、茹でて冷凍して
おくことにした。

すると夫が「俺も食べたい!人間用にも茹でてくれ」
と言うので、モン用を茹でたあと、人間用に塩を
使って茹でたのだった。(笑)

優先順位がモンが一番であろうと、文句を言わない
ところが夫の良いところ~。

というわけで人間と鳥が一緒に、それぞれのだだちゃ豆
を食べている。(笑)

2016347.jpg

モンは枝豆が好きだけれど、1回に食べる量は
いつも一粒の半分。

それ以上あげても、残すのだ。

が、だだちゃは違う。

1回に2粒はぺろり。

もっと欲しがるけれど、一度にたくさん食べてしまうと
その後しばらく食べなくなることがあるので(お腹
も心配だし)少しずつ、何回かに分けて・・が
モンの基本。

2016348.jpg

なので、くちばしについたものも、敷いた
キッチンペーパーに擦りつけて取って
それも全部ぺろりといただく、お行儀の良い
モンなのだった。(笑)

枝豆を食べると食欲も増進するのか、
ペレットも良く食べてくれる。

今まで肝臓用処方食のALだったけれど
今回から腎臓用AKもプラスされたモンの
食事。

先生のお話では、両方食べることによって
肝臓用と腎臓用の良いところを少しずつ
取り入れるって感じになるらしい。

だだちゃ豆と、ペレットを良く食べてくれる
おかげで体重が少し増えたモンである。




それにしても、、モンの「なぬっ?」は絵に描いた
ようわかりやすく、見ていて笑える。

枝豆を持ってくるとき「モンちゃんの枝豆っ
モンちゃんの枝豆っ」と、毎回飼い主が
歌ってしまうので「枝豆」という言葉を認識した
のかもしれない・・・。(笑)








たんぱく質

夏休み中、病院に行って来たモンちゃ。

2016343.jpg

そう、元気なのだ。

でも、、体重がじわじわと減ってきて、休み前には
42グラムになり、たまにえくえくすることもあった
ので(吐き戻しはしないけど)不安になった飼い主。。。

遠隔診療での糞便検査では毎回問題なしだけど
もしかしたら「そのう」に菌がいるのかも・・?
それが悪さして体重が減っていくのかも・・?

と、どんどん変な想像が膨らんでしまい、予約で
いっぱいであろう病院にダメ元で電話して、今の
状態を説明した。

予約と予約の間の時間に診てくださることになり
準備を整えて札幌に出発したのだった。


~札幌~


病院に行く当日の朝、モンの体重は41グラム。

診察室では先生に威嚇し「おお~、モンちゃん
強くなったねぇ。」と言われる。

「性格がきつくなった。」とか言わないところが
先生の素敵なところ。

そんな「強く」なったはずのモンも先生に抱っこ
されるとまな板の上の鯉である。

そのう検査の結果は問題なし。

それどころか、細菌バランスも良く、きれいだ
と褒められた。

糞便検査も問題なし。

脱水症状もなし。

ただ、筋肉は落ちているとのこと。
(飛ばなくなったしね、、)

というわけで、体重減少は①換羽の影響
②筋肉が落ちてきていること

そして③・・・

「鳥さんも年をとるとシワシワになって小さく
なってくるんですよ。」・・・・と。

そしてひとつ改善することがあるとするなら、
それは食べるものにあった。

換羽のこともあり栄養価の高いフードをあげて
いたが、高齢になると腎機能も低下してくるので
たんぱく質の摂取量を抑えなければならない
とのこと。

モンが食べているフードの成分表を見ていただくと
大分タンパク質が多いことが判明した。

何も食べられない。。という状態のとき以外は
タンパク質の多い大好きなソフトフードは
お休みすることになった。

体重が減っているときだったので、血液検査は
見送りになったけれど、念のためいつのもお薬に
腎臓の薬を追加して様子を見ることになった
のだった。

札幌でも機嫌よく過ごし、帰ってきてからも
食欲旺盛、元気なモンちゃ。

ちぢんで(?)小さくなってしまったけれど、
「そういうもの」だと受け止めて、これからも
機嫌良く過ごしてもらおうと思う。

2016344.jpg

写真撮影もお休みしてたので、久しぶりに
カメラを向けたら意識したのか、すごく沈んで
フンをしたモンである。

思わずツッコミ。。

「懸垂かっ!」



*今回あらためて実感したこと。

鳥さんに若鳥用のフードはあっても、明確な
シニア用がないのは、老鳥もそのコによって
どの機能が低下しているか、そしてどんな病気を
持っているかによって必要な栄養、抑えなければ
ならない栄養素がそれぞれ違うからなのだな・・
と。



三角にハマる

老鳥用にレイアウトしてあるモンの狭いカゴの
中には、1本だけ短いとまり木を低い位置に
設置してある。

2016341.jpg

ナナメに取り付けているので、三角のスペースが
出来てしまうのだけど、、先日この三角の部分に
モンがハマってぐったりして(いるように見え)た。

こんなところにハマっている姿は、今まで見た
ことがなかったので、あわてて覗きこみ声を
かけると、私の顔を見てえくえくするモンちゃ。

吐き戻しはしなかったけれど、最近体重が減って
いるので「嬉しくてえくえくしている」とは安易に
考えられなくなっていた飼い主。

しばらく様子を見ていたが、その後普通に食べて
普通に動き回っている。

そして今朝、また同じ状態のモンを目撃。

私が覗くとえくえくするかもしれないので、夫に
見てもらうことに。
(夫にはえくえくしないので。。)

「なんか、三角のところにハマってくつろいで
るよ。」


「え?ホント?えくえくしてない?」

「うん、あ、今カゴの中走り始めた。」

マジかっ!
この間ぐったりしているように見えたのは寝ていた
だけで、私の顔を見たとたん三角スペースが巣と
なり、発情したってこと?

夫のおかげで真相解明。

それなら、三角にハマって寝ている姿を
こっそり撮っちゃおうっと。

が・・・

2016342.jpg

カメラを向けると、すばやい動きで後ろ向き
にとまり木から離れるモンちゃ。

ああ、よかった、この動きなら元気だわ。ほっ

いや、実際元気なのだ。

でも体重が減っているので、ちょっとした変化にも
不安を感じてしまう。

今週の遠隔診療で先生に相談させていただいた
ところ、糞便検査に問題はなかったので、、
ということでフードにふりかけるタイプの「ミネラル
蛋白補給剤」を送ってくださった。

これから3週間ふりかけて様子見である。

飼い主の心配とは無縁に、本鳥は毎日楽しそう。

2016338.jpg

クッションの秘密基地で遊び、、、

2016339.jpg

出てくるとソファーの上を走り、、、

2016340.jpg

横に座って見ている飼い主のエプロンに
勢いよくよじ登ってくる。
(ピントが合わないほどの動き。。)

本鳥は良く遊び、良く食べ、良いフンをして
くれている。

あとは飼い主のケアが大切。

今週末から札幌に行くので、体重がこれ以上
減らないように、飼い主!がんばれーーー。

と、モンは充分がんばっているので、自分自身を
応援して喝を入れている今日この頃である。



今週末から夏休みなので、しばらくブログも
夏休みに入ります。

皆様も鳥さんたちも、元気にお過ごしくださいマセ。




ピュアホワイト

「モンちゃん、今週は白いトウコロモッシーだよん

1年ぶりのピュアホワイト。

最初は「?」という顔をしていたが「トウコロモッシー」
の言葉で食べ始めた。

2016332.jpg

実の部分を一口齧り、胚芽を食べる。

2016333.jpg

美味しいかい?

2016334.jpg

特に大きなリアクションはなかったが、4粒ほど齧って
「ごちそうさま」をした。

あれ?先週は強制終了したほどだったのに・・・
もういいの?

一瞬心配になったけれど。。

2016335.jpg

先週と同じように落ちてしまったものもしっかり
食べていたので「ピュアホワイトは糖度が高い
から満足したのだ」と納得した。

2016336.jpg

くちばしにくっついてべたべたしてしまうので
とうもろこしを食べたあとは、濡らしたキッチン
ペーパーでふきふき。

「美味しかったねぇ。お腹いっぱい?」

が、まだ何か食べたいと要求するモンちゃ。

2016337.jpg

とうもろこしは「ごちそうさま」をしたけど、
直後すごい勢いでフィーストを食べる。。。

お、今回はバランスがいいぞ~。



と、食欲旺盛なモンだけれど、なかなか体重が
増えない。

今週の遠隔診療では食べ物について相談し
ただいまお返事待ちである。

木曜日にはお薬とお手紙、届くかな~




プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク