ニンジン復活

我が家ではニンジンは細かく切ったものを鳥たちに
あげていた。

長男グロのこだわりだったからだ。

グロモコモン、3羽ともニンジンが大好き!だった・・
のに。。

モンは大病をしてからすっかりニンジンを食べなく
なってしまった。

器に入れても無視するので、手であげてみると
すごい勢いで噛みついてくる。

どんなときも私のことだけは噛まないモンも
このときばかりは別鳥に変身。

「病気をしたら食べ物の好みが変わることも
あるよね・・」と、しばらくニンジンは凍結状態
だったのだけれど・・・

2015-2-322.jpg

ニンジン復活!!!

最近また喜んで食べるように。。

ちなみに、モンがケージにくっつけたニンジンを
私はモズの・・「モンのハヤニエ」と呼んでいる。

このまま結局忘れ去られる運命だからだ。(笑)

なぜまた急にニンジンが復活したのか?
それは与え方を変えてみたから・・かも?

2015-2-323.jpg

グロもモコもスティック状のニンジンは拒否して
いたので、モンにも細かく切ったものをあげて
いたが(モンも食べていた)ふと思い立ち
スティック状にしてみたら、しゃくしゃくと音を立て
食べたのである!!

2015-2-324.jpg

「なんデシか?こりは?」と口にしてみたら
美味しかったって感じなのだろうか?
(以前から食べていたニンジンだよ!って
話だけどね。

というわけで、またひとつ食べられるものの種類が
増えたモンである。


久しぶりにニンジンを食べたあとのフンを見て
飼い主、一瞬うろたえる。。(笑)



スポンサーサイト

晴れ女、ガブ男

ぴちぴこさんが遊びに来てくださったので、土曜日は
厚岸まで行ってきた。

2015-2-310.jpg

風は冷たかったけれど、お日様がばっちり顔を
出して海が綺麗~。

さすが「晴れ女」のぴちぴこさん。

その「晴れ女」さんが帰ってしまうと、釧路にも
雪が~~~~っ。

2015-2-311.jpg

いっきに冬になった。



さて、モンちゃはお約束通りぴちぴこさんに「うがー」と
「がぶ」。

元気な姿を披露したかったのか、ぴちぴこさんの腕から
肩に駆け上り襲撃しようとまでしていたのだった。

が、6月のときに比べて動きも俊敏になり、私を追いかけて
飛ぶモンの姿を見て、びっくりしながら喜んでくださった
ぴちぴこさん。

いつもありがとーございます。
そして鳥1羽生活になってから、毎度接待できない
モンですみません。

そんなモンも・・・

2015-2-312.jpg

本当は手が大好きなので、↑ こんな感じでありながら・・

2015-2-313.jpg

思わず手に乗ってしまった。(笑)

2015-2-314.jpg

手が好きなのに不本意そうな表情をしているのは
大病をしたあの日から飼い主以外の手には
乗らなくなっていたからだろう。

元気になったからこそ、飼い主以外の人に抱っこして
もらえるようになったということが、気持ちの中で
まだうまくつながっていないのかもしれない。

が、、

2015-2-315.jpg

やはり「手が大好きインコ」。

乗ったからにはエステまでしてもらう図々しさ。(笑)

2015-2-316.jpg

気持ち良すぎて、うとうと寝てしまいそうになる。

ふふふ、、、

2015-2-317.jpg

あ、なんか気がついたらしい。

そして・・

2015-2-318.jpg

だから!ガブしなくていいんだってば!

はい、強制退場。
カゴの中でねんねしてなさい。

2015-2-319.jpg

ぴちぴこさんの手から引き離したら、すごい文句鳴き。

文句を言うなら、なぜガブするのか・・・。

2015-2-320.jpg

って、ここで寝ないでよー。

たくさん遊んでいただいて満足したモンちゃ。
(なのに、なぜガブ男に変身するのかっ。

このあと投薬を済ませ、夜の街へと繰り出した私たち。

ぴちぴこさんの「こうしてモンちゃんにお留守番して
もらって出かけられるのも、モンちゃんが元気になって
くれたからだよね。」という言葉に、あの日々を思い出し・・

ガブちゃんになろうとも(被害者はぴちぴこさん
だけれど)今こうしてここに存在して
くれていることが嬉しい。

その奇跡に感謝しながら、酒呑みの夜は
更けていったのだった。

で、美味しいもの食べてから写真を撮り忘れている
ことに気がつく私たちである。



元気になったモンも、いろいろと不安材料があるので
お留守番も最長連続6時間くらいが限度。
冬はもっと短いので、今は私自身が遠出の機会を
作れない。

なので、会いに来てくれて本当に嬉しかった~~~。
ぴちぴこさん、ありがとうございました。





撮影拒否・・の遊び

突然ですが、さてコレはいったいなんでしょうか?

2015-2-303.jpg

答えは「剥けたモンのくちばし」。

換羽とともにくちばしも現在生まれ変わっている
モンちゃ。

いつもは少しずつ、気がつかない程度に剥けるのだけど
たまにこんな大きさのときも。。

グロも同じ状態だったときがあって、病院で先生に
「あ、グロちゃん、それは食べちゃだめよ~」と
言われたことがある。

なるほどこうして見ると、ボレー粉に見えなくもない?
かも?

今回このカケラが取れそうで取れない・・・という状態で
くちばしにくっついていた。
(ヒラヒラくっついてる感じ。。)

自然に取れるのが一番良いのだけど、どこかに
ひっかけて剥ける予定じゃないところまで剥がれても
怖いし、気にして自分でケージでごしごしやって
あらたに外傷を作るのも怖い。。

なので、指でそっと取ってあげた。
(簡単に取れた)

モンとしては「あ、なんかされたデシ!」と
いう感じだったようで、剥がれた部分の写真を
撮ろうとしても許可してくれなかった。

2015-2-304.jpg

くちばしが写らないように、撮影拒否。

「え~ いいじゃん、ちょっと撮らせてよう。」

2015-2-305.jpg

反対側向いてほしいのにぃ。

2015-2-306.jpg

やりとりしているうちに楽しい気持ちになって
きたらしいモンちゃ。

2015-2-307.jpg

「わかった、わかったから、もう降りなさいよ。」

2015-2-308.jpg

あ、見えそうで見えない。。。

と、昨日はあきらめたフリをして今朝。

指の上に乗ったモンにカメラを向けたら、条件反射で
カメラ目線。(笑)

2015-2-309.jpg

剥けたところ、目立っておりますです。

が、時間とともにきれいになるので、それまで
特に乾燥注意でケアするからね。





この五日間で・・

今週末ぴちぴこさんが遊びに来てくださるので、
そのときにゆっくり、そしてがっつり遊ぶために
さっさと今週の用事を済ませてしまおう~っと
精力的に動いていたのだけれど。。。

その間、うっかりモンの体重測定を忘れて
しまっていた。

毎日抱っこしているので、減ればわかるし
それ以上に最近調子の良い日が続いていた
という安心感からのうっかりであった。

元気といえども換羽がだらだらと続いている
のだから、やはり体重測定は大切である。

「モンちゃん、ごめんよぉ、体重チェックを
忘れてたよ。

2015-2-300.jpg

モンにしてみれば、面倒な(たぶん彼はそう
思っている)体重測定をしなくていいなら
それにこしたことはないのだ。

でも・・・あれ?
「モンちゃん、なんとなくもっちりしてない?」

カメラを向けられて羽毛をぽわっとさせてはいるが
それだけではない。

「ちょっと、出ておいで~」

2015-2-301.jpg

心なしかずっしり感じるのは気のせいだろうか・・・

で、体重を量ってみると、、1.5グラム増えていたのだった。

食べても食べても一定の体重より増えなかったのに
換羽中に太る(?)とは、いったいどうしたことか~

食欲はいつもと変わりなしで、フンの量も変化なし。
胸骨も相変わらずゴツゴツしている。。

でも、少しずつ飛べるようになって、最近は居間から
キッチンにいる私の肩にまで飛んで来られるように
なったので、たぶん筋肉がついたのだろうと思われる。

2015-2-302.jpg

「ごめんごめん 
モンちゃん、リハビリがんばってるもんね。

なのに、その筋肉がついてきただろう5日間、、
体重測定を忘れていた飼い主。 反省!!


と、嬉しい出来事があったと同時に心配事もひとつ
出来てしまった。

モンのくちばしの中心。。。

2015-2-299.jpg

うっすら、色が変わっている。
(写真ではわかりにくいけれど。。)

こっ、こりはっ!この間と同じ場所、同じ感じぃ。

これからまた色が濃くなって茶色い点になるのか?
たぶん、なる。

どぼじて・・・どうしてなのーーーっ!どこにぶつけてる
というの?

思い当たるのは、お薬を飲んだあとケージに
くちばしをこすりつけて、ふきふきしていること
くらいなのだけど。。

年齢とともに、くちばしや皮膚もデリケートになって
きているのかもしれない。

とにかく注意して観察。



あ、でも元気いっぱい、ご機嫌で過ごして
ますので。


お手伝い

以前はペレットを冷蔵庫で保存していた。

が、出したり入れたりを繰り返すと、結露の心配があり
品質に問題が生じてしまうので「何日間分・・と
小分けにして保存し、冷蔵庫から出したらキッチン
ペーパーなどの上に広げて結露防止してから
密閉容器で常温保存するのが良いですよ~」と
クリニックの看護師さんからアドバイスいただいた
ことをきっかけに、そのようにするようになった。

そして最近はシードも小分けにして「冷凍保存」
もするように。。。

モン1羽になってしまったし、食べられるものの
種類を増やすべく、我が家には様々なシードが
あるので、どうしてもそのような保存法になって
しまう。

で、昨日CAP! から届いた蕎麦の実などを
小分けにしていたら、夫と遊んでいたモンが
やって来て・・・

2015-2-294.jpg

飼い主と同じことがしたくて、スケールから
離れない。

「モンちゃん、これはお手伝いできないよね?
だってモンは小さいから・・・っていうか鳥だから。」

いつものお約束のセリフ。(笑)

それでもしつこく・・・

2015-2-295.jpg

やる気満々。

あ~、そうだよねぇ。放鳥たいむにこんなことしてたら
興味持っちゃうよねぇ。。。(飼い主が悪い

でも、昨日に限って放鳥たいむ中に、しかも雨の中
冷え冷えの状態でシードが届いたので、数日分を
キッチンペーパーに広げて結露を防ぎ、残りは
さっさと小分けして保存してしまいたかったのだ。

モンは夫にべったり遊んでもらってたので、楽しい
放鳥たいむを中断するのもなんだしな・・とか考えて
しまった。

でも彼の興味はこちらに向いた。
(当たり前ですな。

 あ、そうだ!それじゃ味見をして
もらおうかな。お手伝いお願いしますぅ。

2015-2-296.jpg

ようやくスケールにまとわりつくのをやめた。

「お手伝い、ありがとね~、お味はどうですかぁ?」

2015-2-297.jpg

もうこっちの話なんて、聞いちゃいませんぜ。(笑)

モンが味見のお手伝いをしてくれてるうちに
ちゃちゃっと作業完了。

が、もっとお手伝いしたい気持ちだったのか
その後紙切り遊びをしたモンは久しぶりに・・・

2015-2-298.jpg

切った紙をグロモココーナーにせっせと運び
飾り付けをしていたのだった。

グロモコ兄ちゃんずの前に紙を飾るのは
わかるとして、なぜに自分(ちびモン)の
頭の上にも紙を乗せた?(笑)


やりとりの中で

このところ体調が安定しているモンだけれど、
それでも日によって浮き沈みはある。。

一昨日はいつものタイミングに出せ出せコール
もないし、紙切り遊びもしたがらない。

カゴの中でぱったりと寝ている時間が多かった。

そういうときは心配にはなるけれど、人間だって
体が軽い!と感じる日もあれば、なんとなく
けだるい・・・というときもある。

モンは換羽中ということもあるので、モニターで
様子を見ながら、そっとしておくことにした。

1日おとなしく過ごし・・・そして昨日。

うっ、うるさい・・・というくらいの元気さで、
出せ出せコールも激しい。

「お?今日は調子いいんだね?

というわけで、モンの遊びにお付き合い。

2015-2-264.jpg

前日お休みした分を取り戻すかのように
紙切り遊びに熱中するモンちゃ。

2015-2-265.jpg

切った紙を私に持たせるのだけれど・・・

2015-2-266.jpg

持ち方をチェックして、気に入らないときは。。。

2015-2-287.jpg

指導が入るのだった。

痛そうに見えて、実は全然痛くない噛み方。
私にだけは優しいモンなのだ。

でも、意思を伝えるために一応噛む。(笑)

「わかったよぅ、んじゃ、モンちゃんが持ち方
教えてよ?」

2015-2-288.jpg

「だから、どんな風に持ったらいいのかな?」

2015-2-289.jpg

「え?どういうこと?」

2015-2-290.jpg

イマイチ理解できない飼い主に、小さな声で
きーきー」鳴いて文句を言う。

目が真剣ですな。

2015-2-291.jpg

「う~む・・・よくわからん。。。さっきとどこが
変わっているのさぁ。」

とかなんとかやっているうちに・・・

2015-2-292.jpg

モン自身もよくわからなくなってきたようだ。(笑)

が、引っこみがつかないらしく~

2015-2-293.jpg

きーきー」文句鳴きするのをやめ、無言で
紙をあむあむしてその場を取り繕うのであった。

こんなやりとりがとても楽しい飼い主である。





腰掛けスタイル

食べ方にいろいろこだわりのあるモンちゃ。
中でもオーツ麦の食べ方が面白いので、写真を
撮るべく狙ってみた。

が、ビニール内にカメラが侵入すると・・・

2015-2-256.jpg

と近寄ってきてしまう。

仕方がないので、ビニール越しに狙ってみることに。。。

それにしても、くちばし・・ボロボロですな。

羽毛とともにくちばしも生まれ変わっているのだけど
「ツヤ」はあるからOKかな?

とかなんとかやっているうちにシャッターチャンスが!

2015-2-257.jpg

食べてる・・・

そして、そこからの~?

2015-2-258.jpg

向きを変えて、上を向いてオーツ麦をもぐもぐ。

2015-2-259.jpg

食べ方が違うと、美味しさも倍増なのか?

ぷぷぷっ、、、と笑っていたら・・・

2015-2-260.jpg

あ!また来た!

ごめん、ごめん。可愛いから笑っていたのよ?
お食事続けてください。

またさりげなくチャンスを狙う。

そして・・・

2015-2-261.jpg

なんとかわかりやすいのが撮れた。

そう、モンは器に腰掛けるような姿勢でオーツ麦を
食べるのが最近のお気に入りなのだ。

でも、モンちゃん・・・、食べ物が入っているものに、腰を
降ろすというのはどうでしょ?

2015-2-262.jpg

いや、だから、オチリをさ、器に乗せるのはちょっと・・

2015-2-263.jpg

また来たーっ。

いいえ、なんでもないですよ。

どんな食べ方であれ、しっかり食べて換羽を乗り切る
のが第一だものね。

一緒ににくちばしもね。



す~は~

モンちゃ、昨日はカゴのど真ん中で首をかしげ
体を横に反らした状態で静止していた。

今朝はカゴの奥で上を向いたまま静止している。

呼吸が苦しいのか?と一瞬どきっとしたが、どちらも
一か所だけ動いていたのだ。

それは、お口~

2015-2-250.jpg

そう、どちらも変な格好でオーツ麦を食べていたのだった。

小さなカゴになって器も変わると、食べ方にも変化が
出てきたモンちゃ。

ペレットや普段のシードは器のところで普通に食べる。

が、

大好きなそばの実は、一粒ずつ器から出して床に
置いて食べるし・・

オーツ麦はやはり器から移動させて、相棒に
寄り添ったり、体を反らせたりしながら食べる。
(↑ 写真 床・・・殻でいっぱい)

殻を割るのも楽しんでいるようなのだけど、見ている
こちらはたまに心臓が凍るような思いをするのである。

体調不良のときによく見た格好だからだ。

あのときは毎日酸素吸入してたな・・・と思い出し
ありがたいことにしばらく出番のなかった酸素缶を
テストしてみることにした。

2015-2-251.jpg

カゴの中にしゅ~しゅ~と濃度の高い酸素を。。。

久しぶりなので怖がるかな・・・と思ったが、、

2015-2-252.jpg

しゅ~しゅ~音の鳴っている酸素缶の近くにやってきた
モンちゃ。

そして・・

2015-2-253.jpg

止まり木に片足かけて、す~は~美味しそうに
酸素を味わって(?)いた。

あの苦しかったときに、少し体をらくにしてくれた
だろう酸素缶をモンは忘れていなかったのだ。
(そしてトラウマにもなってなかった。

2015-2-254.jpg

せっかく酸素を味わったのに、出せ出せと騒いで
カゴから出てきたモンちゃ。

2015-2-255.jpg

いや、そりゃ逆でしょ?

運動後の酸素吸入ならわかるけどさぁ。

ん?

最近飛ぶことも復活してきているので、体調の良し悪しに
関係なく、運動のあとに酸素吸入してみよう。

心配だからと、やる気まんまんリハビリに燃えるモンを
無理やり止めることは出来ないけれど、こういう協力なら
飼い主にも出来る。

というわけで、良い意味で「す~は~」も復活かな。










言い訳

カゴの手前のとまり木でお昼寝していたモンも
保温器が活躍する季節に突入すると・・・

2015-2-245.jpg

カゴの奥で寝ていることが多くなった。
(ここが一番温度が高い)

が、夜カバーをするととまり木に移動し、朝にはまた
カゴの奥に移動しているので、ちゃんと自分で適温場所を
選んでいるようだ。

それにしても、爆睡してますなぁ。

これならば、モニター越しじゃなくても写真撮れるかも?

さりげなくスピーディーに、ちゃっちゃと撮ってみよう。

2015-2-246.jpg

でもやっぱり気づかれたっ

ここですばやくカゴの前から立ち去れば、モンも
そのまま寝ているのだけど、可愛くてついつい
見つめてしまう。

2015-2-247.jpg

で、カゴから出られると期待させてしまうのだった。。。

寝起きの良いモンちゃ。

「あ・・・えーと・・・、そう!病院に送る写真をね、
撮ろうかと思ったのよ。」
(↑ 今、思いついた言い訳)

そんなわけで、カゴから出てもらって写真撮影となる。

2015-2-248.jpg

まずはいつものポーズね。

床で寝ているから、尾羽根のクセがとれませんな。

前、横、後ろ、と何枚か撮ると、しびれをきらした
モンが手からの脱出を試みる。

2015-2-249.jpg

このあと紙切りして、またカゴの中でお昼寝。
1枚目の写真の姿に戻る。(笑)

そろそろ撮らなきゃ、と思っていた病院に送るための
写真。

お昼寝を邪魔した言い訳で、無事撮り終わったのだった。

今回の遠隔診療も「問題なし」でありますように。



プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク