改装で筋肉痛

あああ、背中が、首が、ばきばきして痛いっ。

完璧に筋肉痛。

土曜日にモンのカゴを置いてある
ビニールハウスを冬に向けて改装
したのだけど、日曜日の朝目覚めたら
体のあちこちがバッキバキであった。

ハウスの前面に垂らしてあるビニールを
厚手のものに取り換えた。

それをカットするのに、ビニールを床に
広げ、背中を丸くして切っていたのが
原因だろう。

2015-2-155.jpg

が、そのかいあって、無事改装終了。

〇暖かい空気を逃がさぬよう、スチールラックの
床を上げてカゴを天井に近づけた。

〇カゴの横に棚を設置した。

棚の上にはモニターを、下のスペースには
エコ加湿器を置く予定。

〇そして前面のビニールの取り換え。

厚手で保温性がアップしただけでなく、透明度も
高くなった。

このビニール、防音効果もあるということで
購入したのだけど・・・、さて?

2015-2-156.jpg

ビニール越しでも、遠くからモンの様子が
はっきり見える。

今までとは比べ物にならないほどの透明度。

で、防音効果の方はというと・・たしかにモンの
鳴き声が小さくなった。

逆に言うと、こちらがごそごそやっていても、
モンは気にせずスヤスヤお昼寝が出来ている。

が、出せ出せコールの前にはこの防音効果も
効果がないに等しい。。ということがわかった。(笑)

夫がいるとカゴから出してもらえる~
(チョロい)と思っているモンなので、
休みの日は特に鳴く。

その鳴き声に耐えられず、カゴからモンを
出す夫。(やはりチョロい

2015-2-157.jpg

カゴから出てくると、夫の肩の上でくつろく
モンちゃ。

やっとカゴから出してもらったのに、鳴いて
体力を使い果たしたのか、それともただ
肩の上でくつろぐことが目的だったのか・・・

2015-2-158.jpg

すっかり腰を落として満足そう。

寝るね?きっとそこでお昼寝するんだね?

2015-2-159.jpg

カゴに入れられてしまう・・と思うのか、睡魔と
戦うモン。

大丈夫だよ~、今日は暖かいから、そこで
うとうとしてていいよ~





スポンサーサイト

くるっ、たったったっ

「くるっ、たったったっ」とは
嬉しい時にモンがする動きのひとつで
私が勝手に名付けたものである。

カゴのコーナー2か所(対角線上)で
頭を床に擦り付けるような格好をして
向きを変え走る。

カゴの中をくるくると走る。

それだけの動きなのだけど、これが
可愛くて笑ってしまうのだ。

体調を崩して看護カゴに移ってからは
すっかりやらなくなってしまっていたが
先先月あたりから、小さなカゴの中でも
するようになった。

喜ばしい「くるっ、たったったっ」
の復活である。

何度か撮影を試みたが、失敗続き。。。

でも、ちょこっと雰囲気だけでも~
と思い、ボケボケ写真だけれどアップ。

2015-2-151.jpg

頭を床にくっつけてくるっと。

本当は角で方向を変えたいのだけど、
とまり木があるので、その手前で妥協
するモンちゃ。

2015-2-152.jpg

少し斜めに走って対角線上にある角へ

2015-2-153.jpg
(ボケボケです

頭を床にくっつけてくるっと。

本当は角で方向を変えたいのに、相棒が
設置されているので、やはりその手前で
妥協するモンちゃ。

2015-2-154.jpg

で、とまり木のところに走ってきて、
この繰り返し。

狭い場所だけど、、、ひょこひょこ走りだけど
けっこう良い運動になり、体力アップにも
なっているようなので。。。

たまに、カゴを覗いて「モンちゃん?
くるっ、たったった~」と言うと、やって
くれるし、何も言わなくても目が合った
嬉しさで自らやってくれるのだった。(笑)



動画で撮れば一発だろうに・・・なぜか
写真にこだわる飼い主は、きっとまた
くるっ、たったったっ写真に挑戦すると
思われる。


初めてのお外ショット

モンちゃ、昨日元気に釧路に帰ってきました~

今回は何かとバタバタしてしまい、あっと言う間に
連休が終わってしまった感覚。。。

気がつくと、モンの写真も1枚も撮ってない!!!

自宅以外での写真は貴重なのに、撮る余裕が
なかったのだった。

が!今回初の「お外ショット」が。

トイレタイムにと寄ったパーキング。

昨日はとってもお天気が良くて、車の中よりも
外の方が暑いくらいだった。

真夏のキツい暑さとは違い、心地良い暑さ。

ここで、少し日向ぼっこさせてみよう。
そんな気持ちになり、モンを連れて車の外に。。。

2015-2-148.jpg

風が強くなかったので、ベンチで風よけのカバーを
めくったりしながら日向ぼっこ。

初めての場所。しかもお外!

少しビビっている様子のモンちゃ。

2015-2-149.jpg

「ここは札幌に近い由仁ってところだよ。」

ベンチ付近にはあまり人がいなかったのだけど、
ひとりのご婦人がすれ違いさまに、、、

「あら?鳥さん!可愛いわね。日向ぼっこして
幸せね~」と、モンに声をかけてくださった。

すると・・・

2015-2-150.jpg

さっきまでビビっていたモンの表情がころっと
変わった。(笑)

ぴょぴょっと鳴いたりもした。

話しかけてもらって良かったね、
嬉しいね、モンちゃ。

こうして初めての場所での日向ぼっこは、モンに
とって良いイメージとなり、良い刺激となったの
だった。


とりあえず連休最終日、写真、撮ったどーーーっ。






シンプルだけど

じぃじはモンを「もん太くん」と呼ぶ。

ばぁばは「モン、ちゃあん」と、
名前よりも「ちゃん」にアクセント。(笑)

夫は「モン」と呼び捨て。

どんな呼ばれ方をしても自分のことと認識は
しているけれど、実はモンにはお気に入りの
呼ばれ方があるのだ。

それが「モンたん」

しかもドアチャイムの「ぴんぽーん」的な
音で呼ぶと、必ず返事をしてしまう。
(こっそりいたずら中だとしても)

そんなわけで、今モンと私の間(だけ)で
流行っている遊びが、ただ名前を呼んで
返事をする・・というシンプルな遊びだ。

2015-2-139.jpg

お、スタンバイOKですな?

では、いきますよ~

「モンた~ん

2015-2-140.jpg

すばらしく良いお返事。

2015-2-142.jpg

やる気まんまんのモンちゃ。
いや、モンたん。(笑)

じゃ、次はひっかけ。

「もん太く~ん。」

2015-2-145.jpg

2015-2-146.jpg

あ、誤魔化した!

今、一瞬返事したよね?ね?

そう、これは「モンたん」と呼ばれたときのみ
返事をするという、シンプルでありながら
奥の深い(?)遊びなのである。

「じゃ、もう一回いくよ?」

「モンた~ん

2015-2-141.jpg

この大きな声を聴くと、ああ今日も元気だ
と嬉しくなる飼い主である。


ちなみに、名前遊びモード以外のときは、いたって
普通。

気分によって返事したいときはするし、したく
ないときは一切無視。

それでも私が「モンた~ん」と呼ぶときは、必ず
返事をしてしまうモンなのだった。




〇 明日から連休明けまで、ブログ、掲示板、
お休みさせていただきます。

お気に入りグッズ

モンの最近のお気に入りグッズ。

それがコチラ。 ↓

2015-2-133.jpg

「のっけてまめ福」というらしい。

ほかにセキセイやオカメもあるのだけど、たしかに
重ねてのっかってレイアウトされていた。

そのうちのコザクラを購入して「お友達だよ~」と
モンにプレゼントしたのだけど、彼はお友達と
いうよりクッションとして活用しているようだ。(笑)

振り回して遊んでみたり、自ら乗っかってみたり。

で、、、

2015-2-134.jpg

エプロンの中に潜り込んで、寄り添って寝ている
こともある。
(カメラを向けたら離れちゃったけど

ぷにぷにしてて肌触りも良いので、すっかりお気にいり。

が、あくまでも「クッション」としての扱いなのが
見ていて笑えるのだった。

モンは自分の体勢を保っていられない(バランスがとれ
なくて、すぐに倒れてしまう)経験をしているので、
こういうクッション的なアイテムがあると、いざってときの
体を支えてくれるものとしての活用も期待出来るかも?

と、今は思っているのだけど、いざ体調不良になると
今まで受け入れていたものを受け付けなくなったり・・と
それもわかっている。

それでも、活用できるかも?なアイテムは多いに
越したことがないので、ビビリ~なモンが気にいって
くれそうなグッズは、これからも試していこうと思う。

ねっ?モンちゃん。

2015-2-137.jpg

カゴを覗くと、ぼわっと羽毛を膨らませ・・・

2015-2-138.jpg

後ずさって行く~~~~っ。

嬉しいときのモンの行動である。(カゴの中のみ)

嬉しさの表現にも個性があるが、この後ずさりは、、
モンと、モコと、あとお友達のコザクラちゃんの3羽
でしか私は見たことがない。。。

お仲間、います?





飛行とバランス感覚

翼をケガして飛べなくなったグロとは違い、モンは
体調不良から飛べなくなった。(プラス加齢)

が、調子が戻ってくると、やはり「飛びたい!」と
いう欲求が出てくる。

先月、先生にも相談して、様子を見ながら無理
させない程度に飛ぶことを飼い主も受け入れた。

以来、少しずつ、少しずつ、、以前飛んで行った
お気にいりの場所を目標に、飛ぶ練習を始めた
モンちゃ。

蓋付きのゴミ箱の上をクリアすると、今度はプリンター
の上を目指した。

そして今週、その場所も見事クリア!!!

で、「ここには飛んで来れまい。」と、タカをくくって
置いていたカレンダーをいたずらされることに。。。

2015-2-127.jpg

不安定なカレンダーに登り始めたモンちゃ。

いつでもフォロー出来るように、目の前に立つ。

2015-2-128.jpg

おおおっ!

2015-2-129.jpg

登った!

2015-2-130.jpg

少しずつ飛べるようになると、バランス感覚も戻ってくる。

一時は指にさえとまれなくて、両手で包み込んで抱っこ
するしかなかったのがウソのよう。

2015-2-131.jpg

おっと!危ない!

と、手を出そうとしたら・・・

2015-2-132.jpg

しっかり自分で体勢を立て直せたモンである。

またひとつ目標を達成した彼は、今、飼い主の肩にとまる
という新たな野望を抱き、日々訓練しているのだった。

なので、肩にとまると「歩け!」と要求してくる。。。

でも歩くと、ふらふらするモンちゃ。

歩いている人間の肩にとまっているのは、相当なバランス
感覚を必要とするのだということを、今は本鳥も
飼い主も知っている。
(昔は当たり前のように感じていたけれど・・・

というわけで、モンの訓練に付き合い、私はすすすす~
っと、なるべく平衡に、体がぶれないような、、、
そう!歌舞伎やお能を思わせるような(言い過ぎ?)
歩き方をマスターした・・・
かもしれない。


イメージの書き換え

粟の穂はシードの中でも消化の良い部類。

そのぷちぷち感から、ほとんどの鳥さんの
食いつきも良い。

大きさにびっくりするコには、小さくカットして
あげたりと与え方もいろいろ。

モンも以前は粟の穂を良く食べていた。

なのに!体調を崩したあの日から、一切
食べなくなってしまったのだった。


生死の境をさまよっていたときは、何も
食べられない状態ではあったが、いつでも
口にできるようにと、カゴの中には必ず
粟の穂が入っていた。

それは入院したとき、病院でも同じだった。

なので、きっと今でも粟の穂を見ると、あの
つらかった(つら過ぎた)ときのイヤな
イメージがよみがってしまうのかもしれない・・・
と思った。




が! 先月参加させていただいたオフ会で
お友達の鳥さんが美味しそうに食べている
のを見たモンちゃ。

2015-2-122.jpg

おやつたいむも、最初は粟の穂には近づか
なかったのに・・・

えるふちゃんとのいんちゃんが美味しそうに
食べているのをじっと見ているうちに・・・

2015-2-123.jpg

食べてみよう!という気持ちになったようで。。。

2015-2-124.jpg

食べた!!!

実に1年以上ぶりに口にした粟の穂であった。

2015-2-126.jpg

そうだよ~

もともと好きで食べていたのだから、口に入れて
しまえば、その美味しさを思い出す。

一度食べたら、もう止まらない。(笑)

2015-2-125.jpg

違う器に入っていた粟の穂も、肩足でフチを
掴みながら、すごいポーズで食べていたのだった。




帰宅してから思った。

えるふちゃん、のいんちゃん、竹千代ちゃんの
おかげで、イヤなイメージが付きまとっていた
粟の穂が、楽しいイメージに書き換えられたの
ではなかろうか?と。

なので、いつもの食事に粟の穂をちょこっと
入れてみた。

すると「余計なもの入っているデシ!
とでもいうように、くちばしでつまんでどこかに
ぶんっと放り投げたのだった。

うっそーーーーー!そんなことするぅ?

どこに行ったかわからない粟の穂。。。

イメージの書き換えはまだ充分ではなかった
のか・・・

ま、いいや、粟は食べるんだから、「穂」は苦手
でもね。。。



が、カゴの掃除のときにコロンと出てきた
小さな粟の穂は・・・

2015-2-121.jpg

しっかり食べとるやんけーーーーっ。

一度は放り投げたものの、ちゃんと食べたんだ!

自分の器に入っていたことが、最初受け入れ
られないだけだったようだ。

以来、放り投げることもなく、毎回美味しそうに
ぺろりと食べている。

モンはお友達のおかげで、イヤなイメージから
楽しいイメージへの書き換えに成功したのだ。

みんな、ありがとね~。
こればかりは、飼い主がくちばしで美味しそうに
ぷちぷち食べて見せるってこと出来ないから。。
(だって人間だもの・・・、くちばし持ってないもの・・

鳥さん友達、ありがたや、ありがたや。

「食べられるものの種類は多い方がいいですよ。」
との先生の言葉を思い出し、今とても嬉しい
気持ちでいっぱいである。



アメとムチ

カゴから出てくると、まずゴミ箱のところでプリっと
フンをする。

2015-2-115.jpg

フン落下の瞬間をぱちり。

足の状態は大分良くなってきているけれど、指の上だと
やはり上手く力が入らない。。

滑り止めのテープを巻いた「うんP棒」必須。
(これ、グロの代から使っている棒である)

フンをすると、たくさん褒められる。

「おお~、すごくいいうんPしたねぇ。

2015-2-116.jpg

褒められると、足でリズムをとって喜ぶモンちゃ。

実家では「モンはいいねぇ、うんPして褒められてぇ。」と
いつも言われている。(笑)

が、この褒められることに喜びを覚えたからなのか、
カゴの外でフンをしたがるようになってしまった。。。
ような気がする。

お留守番中はカゴの中でこまめにフンをしているのに
私がいるとなかなかしない。

カゴから出せと要求し、外に出てからぷりりっと。

なので、そのフンは大きく、ダブル、トリプルってことも。

「モンちゃん、ガマンしないでこまめにしないとダメだよ。」
と必ず注意するのだけど、そうすると・・・

2015-2-117.jpg

ちょっと落ち込む。

で、落ち込んだあとに写真を撮ろうと思っても・・・

2015-2-118.jpg

この態度である。

だからまた褒める。

「モンちゃんはえらいよね~、くちばしの写真撮らせて
くれるんだものね。あ、可愛いお顔だわ~」

2015-2-119.jpg

ころっとまた態度が変わる。

アメとムチは使い方が難しいが、モンが単純・・素直なので
助かりますな。



さて、モンのくちばしの黒い部分。

すっごく薄くなって、ほとんど目立たなくなった。

2015-2-120.jpg

ね?ね?

来週は遠隔診療なので、月曜日、先生にこの写真を
送ろう。






聴力抜群

昨日は室温が27度まで上がり、むしむし
するな~と思っていたら、今朝やはり雨が降った。

雨の日は寝て過ごしていることの多いモンちゃ。

カゴを覗くと「鳥寝」をしている。

「鳥寝」、、そう、背中に顔をうずめ寝ている姿。

mon2.gif

写真を撮りたいけれど、カメラを向けると必ず起きて
しまうので、今日は少し離れてビニール越しに
撮ってみることにした。

カメラの音にも敏感なので、隣の部屋で起動させて
から持ってくる。(笑)

2015-2-112.jpg

お? 起きない?

よっしゃ!ならばこのままズームで~

またそっと隣の部屋に行って、ズーム機能にして
そっと戻ってくる。(笑)

2015-2-113.jpg

撮れた!

そっか、ビニール越しならこっそり撮れるんだわっ。

と、つい嬉しくなってしまい・・「ふふっ」と、
小さな笑い声を出してしまった。

2015-2-114.jpg

その小声を聞きつけ、前に出てくるモンちゃ。

あ・・・・、ごめん。。起こしちゃった。。。

カメラの音にはあんなに気を遣ったのに、自分の声で
起こしてしまうとは~~~っ。


笑い声も、そしてテレビから聞こえる「可愛い」という
言葉も聞き洩らさないモンちゃは、おじいちゃんだけど
耳の聞こえが抜群なのだった。

そのレベルは、夫の話を「え?」「え?」と
何度も聞き返す飼い主よりもかなり高い。。










プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク