寝方いろいろ

先日、モンのカゴの環境を見て、ぴちぴこさんが言った。
「この保温器って、一年中出しっぱなしなんでしょ?」と。

おっしゃるとおり!

釧路は夏でも「半袖は着ませんよ。」という人がいらっしゃる
くらい(私は着るけど)の気候なのだ。

ぴちぴこさんが帰られた後、急に肌寒くなってしまった釧路。

明日から7月だというのに、今朝はストーブのスイッチ
押しちゃいましたよ。

そんなわけで、カゴの保温器(2台)が活躍しないのは
1年で数日のみ。

年中ビニールハウスの中で過ごしているモンである。

なので、カゴの中のモンを撮影するとなると、手前に
かかっているビニールの中にカメラを入れて撮ることになる。

すると、とまり木でウトウトしていたモンがカメラに気づき・・

2015893.jpg

後ろに下がって行ってしまう。

これは、飼い主に注目されて嬉しいときのモンの喜びの
表現なのだけど、くつろいでいるところを邪魔してごめん、、と
いう気持ちになる。

「うとうとモンちゃん」を撮りたかっただけなの・・・
でも、お邪魔だったよねぇ。

2015894.jpg

あ、完全に目が覚めちゃった。



しばらくして・・・


2015892.jpg

モニター越しに写真を撮る。

日中はこうしてとまり木でくつろいだり・・・

2015986.jpg

奥の「相棒」に寄り添ってくつろいだりしているのだけど・・・

この角度だとわかりにくい。。

ええ~~い!こうなったら、ビニール越しに即効で撮っちゃえ~

2015987.jpg

こんな感じで寄り添ってますです。

何が言いたかったかというと、日中は「行き倒れ」たような
姿勢で寝なくなったということ。

これは寝ながらにして、飼い主の行動をちらちらと確認
できるので、「お茶でも飲もう」と座ったとたん、出せ出せ
コール発動なのだった。(笑)

なので、夜カバーをかけると・・・

2015891.jpg

やはりこの姿勢で寝ているモンちゃ。

状況に合わせてモンも寝方を変えているらしい。

とはいえ、気持ちが良くなると、どんな姿勢でも眠れるらしく・・・

2015895.jpg

こうして握られていても、にぎにぎされて心地よくなると、
このままウトウトするモンなのだった。

ぴちぴこさんも「あ、その姿勢でいいんだ?」と、びっくり。(笑)



スポンサーサイト

もっちりモンちゃん

最近モンの写真をアップしてて思ったこと。。。

それは

「もっちり感、復活!」

モンは我が家の鳥の中で一番体格が良かったが
触った感じはぶよぶよではなく、身が詰まってるな・・
という感じの「もっちり体型」だった。

一時は「骨と皮だけ?」ってくらい痩せてしまった
モンだけれど、徐々に体重が増え、、気がつくと
「もっちりモンちゃん」が復活していた。

とはいえ、胸骨は出ていて触ると「骨」を感じる部分もある。

が、自らリハビリを重ね、下半身はしっかりしてきた。

2015886.jpg

食べられている、ということによって羽毛の状態も良く
なってきたので、ふわりとした感じがよけい「もっちり」を
かもし出しているのかもしれない。

「もっちりモンちゃん、おはよ~。」

2015887.jpg

「うん、可愛いもっちりだよん。」

何かに驚いたりすると、別の生き物?ってくらい細く
なっちゃうけれど(怖いくらい細くなっちゃうけれど
足に筋肉がついてきたことは確かだものね。

2015888.jpg

ま、モンちゃんにとっては「褒め言葉」だから



こうして復活するものもあれば、しないものもある。

復活しないもの、、、それは「チョットー」というおしゃべり。

カゴの前を通ると「チョットー!チョットー!」と、人を呼んでいた
モンだったけれど、すっかり言わなくなった。

一人っ子生活の現在、呼ばなくても自分1羽に飼い主の
意識が集中していることをわかっているからだろう。

飼い主独り占め状態なので、最近は夫が相手をして
いても「ママーっ、ママーっ!」と私を呼ぶようになった。

誰か相手をしてほしいと思っていた「チョットー」から
ママに相手をしてほしい「ママーっ」の指名制に変化
したのである。(笑)

2015890.jpg

もっちりモンちゃん、ご機嫌ダンス中。




鳥友達

「モンちゃんの負担にならないように、お家には少し
だけお邪魔させていただくわ~」と言いつつ、1歩外に
出ると「そろそろ一度戻らないとモンちゃんが心配!
私はおみやげを見てから行くから、先に戻ってて
いいのよ?」と言ってくれるぴちぴこさん。

「そんな長い時間じゃないから、今のモンは大丈夫
よ~」と、一緒に市場をめぐったのだが、飼い主
以上にモンのことを考えてくれることに感謝の気持ち
いっぱいになりながら、魚やカニを見ていた私だった。

鳥友達の気遣いのなんとありがたいことよ。(感涙)



いつだったか、とあるお店の店員さんが、転勤してきた
ばかりの私にこう言った。

「子どもの頃と違って、大人になってから住む場所が
変わると、新しい友達ってなかなかできないものです
よねぇ。」と。

なるほど、それもそうかもしれない。

が、私はありがたいことに、鳥さんがご縁でこの年齢
(って、いくつよ?って話だけど)になっても、新しい
お友達ができる幸せがある。

転勤先での新しい出会いもあれば、どこに転勤になっても
会いに来てくれる、または会いに行ける長いつきあいの
鳥友達もいてくれる。

いつもたくさんの気遣いをくださる鳥友達。

私も少しでもお返しができるような「鳥友達」になれたら
いいな・・・とあらためて思った。


さて、ぴちぴこさんをお迎えして2日目の夜はお寿司屋
さんに行った。

彼女は「活ホッキ」と「ますのすけ」がお気に召したよう
だったが、ワタクシ・・・食べるのと飲むのとしゃべるのに
夢中で、写真、、、撮り忘れましたです。

でも、2件目のお酒だけはしっかり撮った。(笑)

2015880.jpg

カウンターにライトが埋め込まれていて、それがコースター
がわりになっている。
(老鳥用のカゴにほしいアイテムかも

なので、そこにお酒を置くと・・・

2015881.jpg
(リンゴとブランデーのカクテル:夫の注文)

美しい~~~っ。

新鮮なフルーツを使って、好みの味にカクテルを作ってくれる。

飾りのリンゴも素晴らしいですな。

2015882.jpg
(すももとジンのカクテル:夫の注文)

使うフルーツによって味はもちろんだけれど、美しさも
楽しめるので、ついいろいろ飲んでしまう~。

ぴちぴこさんは「山わさび」を使ったカクテルなどを飲んで
いましたよん。



モンはというと・・・

2015883.jpg

ずっと私の手から移動せず、、

2015884.jpg

差し出してくれたぴちぴこさんの手をガブリコしてたけど・・

2015885.jpg

2日目はちょっとだけ乗った。

が、何を考えているか全然わからない表情ですな。

鳥友達で飲み友達のぴちぴこさん。

来年はどこに転勤になるかわからないけど、また是非遊びに
来てくださいね。

楽しい時間をたくさんありがとうでした~。

今回はモンの状態のこともあり出来なかったぷちオフ会も
そのうち出来ますように。。。





ノロッコ号に乗って

広い窓から雄大な湿原をゆっくりと眺めながら
走る列車、それが「くしろ湿原ノロッコ号」。

釧路に来たら一度は乗ってみたいと思いながらも
まだ一度も乗っていなかった私。

今回初めて、念願のノロッコ号を経験したのだった。

ぴちぴこさんが到着した日はお天気がイマイチで
「ジリ(釧路では濃い霧のことをこう呼ぶのだ)」
だった。

明日は霧で景色が全然見えなかったりして・・
と心配していたが、そこはほれっ、日頃の行いと言うか
なんと言うか、ノロッコ日和のお天気となったのである。

2015866.jpg

レトロな列車に乗って、釧路駅から出発だ~。

2015874.jpg

すごく雰囲気の良い車内。

2015868.jpg

テーブルのない席は、背もたれを動かして、左右の窓どちらでも
見られるようになっている。
(私たちはテーブル席だったけど)

2015869.jpg

6000年前は海だった・・・というところに敷かれたレールの
上を、景色を楽しみながら走る。

レトロ感たっぷりなのは造りだけでなく、ガタンゴトンと走る
音までも~

大声を出さないと会話出来ないくらい。(笑)

2015870.jpg

釧路川。

川のすぐ横に線路があるこの光景を楽しめるのも、すごくいい!

今回、丹頂鶴は見られなかったけど、蝦夷鹿の群れには遭遇
できた。
(写真、撮り忘れる



列車の楽しみといえばもうひとつ。

それは駅弁!

釧路駅でぴちぴこさんが選んだお弁当がコチラ。 ↓

2015871.jpg

今晩はお寿司屋さんを予約してあるんだよ?と言ったのに
どうしてもこれを食べてみたい!と。

うん、さばのほっかぶりは私も大好きだから、是非食べて
ほしいとは思ってたけどね。

そしてお寿司屋さんを予約してあるにもかかわらず、私も
なぜか「かに飯」を探していたのだった。(笑)

が、売り切れ。

こうなったら、ノロッコ号でしか食べられない車内弁当に
してみるよ~と、車内で購入。

2015872.jpg

中身は普通のお弁当なので、包み紙が付いた状態をパチリ。(笑)

終点近くになって車掌さんが渡してくれるもの・・・それが。。↓

2015873.jpg

モンが好きそうな紙質なので、彼には見せないように
しなきゃね。
とか言いながら、お財布にしまった。



釧路にいながらも初めて乗ったノロッコ号だったが、想像以上に
良かったのだ。

窓からの心地よい風、列車の音に負けないほどの野鳥の声、
湿原の中の植物、、、癒されるぅぅ。

この話を「じぃじ」にしたところ「来月釧路に行く!俺も乗る!」
と言い出したので、一緒にまた私も乗っちゃおうっと。

季節も楽しめるノロッコ号だしね。


さて、その頃お留守番していたモンは、がっつり寝ていた
ようで、、、帰宅するとパワーがみなぎっていた。

「お留守番してくれたモンちゃんにも駅弁(普通のシード)
をあげましょうね。」

2015875.jpg

「そうだよ、久しぶりのおやつだもの、特別な駅弁だよ。」

2015876.jpg

「ほれっ、いつもと器が違うじゃん。」

2015877.jpg

カーリーでおやつを食べるのも久しぶり。

食べ方もちゃんと覚えていたが、そのうちめんどうになった
のか・・・

2015879.jpg

外に出して食べていた。(笑)

2015878.jpg

うん、美味しいね~

私たちはこれからまた美味しいものを食べに(そして飲みに)
行くんだけどね。


つづく~


お水とお酒

「夜のビールのために、少し節水しとかなきゃねぇ。」
なんて言いながら、麦茶を飲みつつ鳥話に花を咲かせて
いた私たち。

その麦茶の入ったグラスのまわりをウロウロしながら
そわそわしているモンちゃ。

「モンちゃん、水浴びしたいんじゃない?」と、ぴちぴこ
さんのするどいご指摘。

カゴの外では滅多に水浴びをしなくなったモンだけれど
このそわそわは・・・なるほど!水浴びの要求かっ。

早速、小さい器を用意した。

ヨタヨタとした足取りながらも、豪快な水浴びを繰り広げる
モンの姿を笑いながら見守る二人。

2015860.jpg

ここまでオチリを落としても、絶対後ろには倒れない。

が・・・

2015861.jpg

前にはつんのめってしまって、こんな姿勢をたくさん見た。

器のフチにとまっていたはずが、足・・・ずり落ちているぅ。

でも、どんな姿勢になろうとも、その表情は嬉しそうなモンちゃ
なのだ。

2015863.jpg

水浴びの仕方にもいろいろタイプがあるが、ぴちぴこさんちの
鳥さんたちは、現在「洗顔派」らしい。

お顔のまわりだけ濡れているタイプ。

年齢とともに水浴びの仕方にも変化が出てくるものね。

ほかにも「シャワー派」や、水道の蛇口から直接の「滝、
修行派」などもあるが、モンはシンプルな水浴び派で
まさに「水を浴びてます~」というスタイル。

しばらく微笑ましく見ていたが、撮った写真を確認して
「ぎゃっ!」となった。

2015862.jpg

首が~~~っ。

体のかたい私には絶対出来ないポーズである。

カゴに戻ったモンが羽づくろいしている間、まだまだ
私たちの鳥話は続く。

そして気がつくと「あっ!もうこんな時間!!!」

6時にお店を予約していたので、慌ててモンのごはんや水を
取り替えて、投薬をすまし、お留守番を頼んで家を出た。

時間の経つのが早いったらありゃしないわ~

1日目は炉辺のお店。

そう、釧路といえば炉辺なのだが、前回私はぴちぴこさんに
「つぶ焼き」をおすすめするのをすっかり忘れたので、今回は
忘れずに~

2015864.jpg

美味しいものもたくさん食べたけど、美味しい「液体」も
たくさん呑みましたですよ。

モンは日中「水」を楽しんだけど、私たちは「酒」を
楽しませていただきますよん。

ああ、久しぶりのお酒~。

食事のメニューに合わせて、乾杯のビールのあとは
日本酒を。

炉辺なので、お魚や牡蠣などを炭火で焼くのだけど、
こちらのお店は熱燗も炭火で温める。

なので徳利の形もこんな感じ。 ↓

2015865.jpg

この日は根室のお酒「北の勝」を、私と夫は熱燗で、ぴちぴこさんは
冷やで楽しんだのだった。

ちなみに2件目のお店ではワインを赤と白の2本、ペロリと
やっちゃいまして・・・・

そんな私たちなので、夫にとってぴちぴこさんは「鳥友達」
ではなく「呑み友達」なのである。(笑)

二日酔いもなく、翌日につづく~



それにしても、日頃「肝臓」を休ませていると、なんと
飲めることよ。(笑)





久しぶりのお客様

先週、ぴちぴこさんが釧路にいらした。

我が家での滞在時間は短く・・・
日中はノロッコ号に乗ったり(後日写真をアップ予定)、夜は
ごはんを食べに(正確にはお酒を飲みに?)でかけ、闘病中の
モンの負担にならないようにとお気遣いくださった。

そんな優しいぴちぴこさんを、モンはしっかり接待できた
のだろうか・・・いや、できなかったのである。

2015851.jpg

「モンちゃん、久しぶり~。」と手を差し出してくださったのだが・・

2015852.jpg

後ずさり。。。そして・・・

2015853.jpg

ガブリコですわ。

指を出されると条件反射のようにすぐ乗っていた以前の
モンはどこに?って感じだ。

すっかりマザコンになってしまったモンは、飼い主以外の手に
乗らなくなってしまったのだ。
(じぃじの手にも、乳母とみぃちゃんの手にも乗らないし・・)

が、私としては体重が増えて少し肉付きの戻ったモンを
確認していただきたい気持ちがあって、ぴちぴこさんの手に
モンを。

2015854.jpg

抱っこされて、ジタバタするモンちゃ。

2015855.jpg

お?ぴちぴこさんの手の感触を思い出したか?

2015856.jpg

と思いきや、脱出を試みるモンちゃだったが、カメラに気がつくと
カメラ目線で「いいコ」を装うのだった。

カメラを向けてないところでは、たくさんガブガブやっていた。

んもう~、せっかくモンに会いに来てくださったのにぃぃぃ。

ぴちぴこさんは「モンちゃんはね、初めて自己アピール
しなくても、自分だけを見てくれるひとりっこ生活を満喫
してるんだよ。」と言ってくださった。

そしてガブリコできる元気を喜んでくださったのだった。

ああ、なんてありがたい鳥友達よ~~~。

感動している飼い主の横ではマイペースを貫くモンちゃ。

2015857.jpg

ぴちぴこさんが送ってくださったおみやげには興味津津だ。

2015858.jpg

モンちゃんさぁ、図々しいにもほどがあるよ?(笑)

2015859.jpg

まったくもって自由人(鳥)。

この自由な鳥のその後の行動については、また後日~。



というわけで、つづく。。

6月を探して

ブログのタイトルは、なんとなくキレイな感じだけれど
今朝の私はものすごい格好で「6月」を探していた。。。



朝、カゴのお掃除をしている間、グロモココーナーで
遊んでいたモンちゃ。

「モンちゃん、朝ご飯の用意ができましたよ~」と
声をかけると、慌てて走ってやってきた。

「そんなに慌てなくても大丈夫だよ。ぷぷっ」

モンをカゴに戻して、今度はグロモココーナーの
お片づけ・・・と、、、

ん?

2015641.jpg

カレンダーが7月になってる!!!

なんで?どうして?

昨日見たときは確かに6月だった。

っていうか、触ってないし!

ケースの中にもないし、下にも落ちていない。

当たり前にあったものが突然消えてしまったことに焦った私。

2015642.jpg

「6月!モンちゃん、6月を知らないかい?」

2015643.jpg

あ、ごめん・・・ そうだよねぇ。。

モンに聞いたってわかるわけないもんね。

私ったら焦っちゃって。。。

そう、紙切り遊びの大好きなモンも、ケースに入っている紙は
切れない・・と以前あきらめたのだ。

2015586.jpg
(そのときの写真)

ケースごと齧ってしまいあきらめたモン。

だからモンが齧るわけがないだろうし、たとえ齧ったとしても
消えるわけがないのだ。

「6月~、6月~、6月~。」

探し続けるが見つからない。

「モンちゃんは知らないんだよね?」

諦めきれない私は、今度はケースをモンに見せながら聞いて
みた。

2015645.jpg

ケースを見つめたあと・・・

2015644.jpg

後ろに下がっていくモンちゃ。

え?なんだ?その雰囲気は・・・

あ~や~し~い~~~

「モンちゃん、何か知ってるんじゃないの?」

2015646.jpg

目を合わせない・・・

「モンちゃん、見て!」

カゴの前でケースをちらちらと見せながら、しつこく聞く。

2015647.jpg

目を合わせない!

やっぱりあやしい!!!

もう一度念入りにグロモココーナーの周りを探してみる。。と!

グロモココーナーのあるサイドボードと、カゴのあるスチール
ラックの間、、その狭いところに引っかかっているのを発見!!!

2015849.jpg

ぎゃああああっ、齧られとる!

犯人は一目瞭然だ。

なるほど・・・、ケースの中から1枚だけ引っ張り出して切る
ことを覚え、なおかつ証拠隠滅まで謀ったのだ。モンちゃ!

機嫌よ~く切っていたところ、私に「朝ご飯」と声をかけられた
ものだから、慌てて隙間に隠して走ってやって来たって構図
だろう。

恐るべし、モンちゃ。

でも悪いのは飼い主なのだ。

ケースに入っているから齧れまい!と、モンの学習能力を
甘く見ていたのだから。。。

「モンちゃん、6月が見つかったよ。」

そう言うと・・・

2015648.jpg

6月とともに見つかった自分のいたずらを誤魔化しているのか
歌い始めたモンなのだった。


それにしても、誰もいないし自分にも覚えがないのに
あるべきものがないというのは、非常に気持ちが悪い。

それゆえ変な焦り方をした私は大事な証拠を見逃して
いたのだ。

それがココ!!  ↓

2015850.jpg

齧った形跡があるではないかっ。

落ち着いて見ていれば、最初から犯人はわかっていたのに。。。

それでも、隙間に隠されていた「証拠の品」は、なかなか
発見できなかったかもしれないが。。。

今回は(も?)素直に、まいりましたぁ。




おとなし~く

家事の間や食事の時間は「出せ出せコール」をしない
モンちゃ。(寝ている・・か、食べている)

一段落して座ったり、テレビを見たりすると・・・そりゃもう
すごい鳴き声で出せ出せと要求してくる。

こちらの様子をしっかり見極めているのねぇ。

この「出せ出せコール」は体調の良い証拠なのだが
いつも鳴く時間に鳴かないとき。。。それは・・・

2015632.jpg

あ!やっぱり!

な~んかおとなしいと思ったら、やはりこっそり水浴びを
していたのだね。

写真、撮っちゃおうっと。

2015633.jpg

あ、続けるんだ・・・

そのお水には「便軟化剤」が入ってるんだけどね。

最近、フンの状態も良いので「便軟化剤」は毎回お水に入れて
いない。

1日1回だけ(朝だったり夕方だったり)なのだけど、、、
なぜかお薬が入っているときに限って水浴びをしてしまう。

モンちゃん、、、このお薬は腸内を整える効果はあるけれど、
羽根に艶を出す効果はないと思うよ?
(まさか、、あるのかっ?)

2015634.jpg

聞いちゃいませんな。。

こんな小さい器で、よく水浴びが出来るわねぇ。

2015635.jpg

ほらっ、無理だって!

乗っては水浴び出来ないって!器が小さいから・・

何度か後ろに倒れそうになるが、絶対倒れない最近の
モンちゃ。

2015636.jpg


2015637.jpg


2015638.jpg

器からはみ出すお顔。。。(笑)



こうして水浴びをしてたっぷり運動した日は食欲も旺盛。

夜中にモニターで寝姿を確認してみたら・・・

2015639.jpg

なんとっ! おとなし~く、でも一心不乱に食べて
いたのだった。

その2~3分後「まだ食べてるのかな?」と、再度確認して
みたら・・・

2015640.jpg

すでに爆睡っ!

いつも「行き倒れている」ような格好で寝ているモンだけれど
この場合は「食い倒れ」ですな。



さて、明日からぴちぴこさんが釧路にいらっしゃいます。
カメラ、、充電しておかなくちゃ~。




簡易カゴだけど・・・

せっかくブログがあるのに、モンの今のカゴの環境を
しっかり撮ってなかったわ・・・と、急に思い立ち・・

さきほどモンが紙切りしているすきに、慌てて撮ってみた。

撮りたてほやほやの写真をアップ。

2015623.jpg

底はHOEIさんのハートフルMを使用。

グロに足の症状が出始めた頃、大きなカゴからこちらに
モンも一緒に替えた。

2015624.jpg

フン切り網は現在使用していないので、発砲スチロールの板を
新聞紙で包んで少し底上げ。

2015625.jpg

その上に「プラダン(プラスチックのダンボールということ
らしい)」を乗せる。

ホームセンターで見つけたときは「プラダン・・? これだ!
と思った。

利点その1「中に空気が入るので保温性がある」

利点その2「プラスチックなので、敷き紙をつたって水がしみる
ことがない。」

利点その3「クッション性があり、足に優しい」

利点その4「汚れ防止のための新聞紙すら汚れない(笑)」

などなど・・・

とにかく重宝している。

2015626.jpg

これでトレーの高さがいい感じに~

で、その上に・・・

2015627.jpg

コストコで購入したキッチンペーパー(カークランド)を2枚
重ねで敷く。

大きくて使い勝手良し!

で、その上にまたまた・・・

2015628.jpg

同じくコストコで購入したキッチンペーパー(バウンティ)を1枚。

こちらは少し柔らかめでクッション性があり、足に優しく保温性
がある。

このキッチンペーパーはどちらも丈夫で、水に濡れてもボロボロ
にならない。
(モンが齧って遊んでボロボロにするときはある

これで終了。あとはここに・・・

2015629.jpg

ハートフルよりもサイズの小さいマルワさんのキャリーの
ケージ部分を乗せる。

面積、高さなど、今のモンにとって過ごしやすい大きさの
キャリーなのだけど、なぜわざわざハートフルの底に乗せて
いるのかというと・・・

2015631.jpg

乗せることによって出来るこの深さがポイント。

温かさが逃げないのだ。

床にいてもカゴの外は見える「ほど良い深さ」で、手前に設置
してあるとまり木にいけば、カゴの下だって覗ける。

家にあるカゴやキャリーを利用した老鳥&病鳥用の簡易カゴ
だけれど、モンには居心地良さそうなのが嬉しい飼い主である。

で、この深さがあるからシードなどが散らからないかと
いうと・・・

それはそうでもない。(笑)

なぜなら、カゴの中でエアはばたきをするモンだから。。

2015630.jpg

それでも、以前に比べるとカゴの周りの汚れはやはり少ない
のだった。

そしてなぜか器のところではなく、木の棒の近くで食べる
モンちゃ。

端っこにきれいにシードの殻が~。(笑)


リハビリの成果

若い頃に比べ、寝ている時間が長くなったモンだけれど
体調が安定しているおかげで、起きているときは行動的
になってきた。

あっちこっちチョロめいているうちに、ひょこひょこ歩きが
以前の歩き方へと近づいてきたではないかっ。

これぞリハビリの成果!!!

自信がついたモンは、今度は狭いカゴの中でエアはばたき
を始めた。

ぬおっ!飛ぶためのリハビリを開始しとる!!!

が、モンの場合は肺炎の後遺症で鼻の奥に炎症の痕が
残っており、その影響で呼吸が荒くなるとくしゃみが出て
しまうし、激しい運動は心臓への負担も心配である。

なのに、鳥の本能を抑えることはなかなか難しい。

飛びたくて飛びたくて仕方のないモンなのだ。

そんなわけで、現在「1日1回は飛んでOK」というルールで
モンには納得して(るかどうかわからないけど)もらって
いる。

最初は目的の場所に着地できなかったのに、どんどん
カンを取り戻していき、人間タクシーでしか移動できな
かったグロモココーナーに自ら飛んでいけるようになった。
(距離は短いけど)

そのときのドヤ顔を撮っておけばよかった~と後悔する
ほど嬉しそうなモンなのだった。

2015618.jpg

お兄ちゃんたちの写真の前で紙切りをするモンちゃ。

切っては・・・

2015619.jpg

振り回し。。

2015621.jpg

また切っては・・・

2015620.jpg

振り回す。

ご機嫌なときの光景である。

でも、モンちゃん、、、あまり夢中になって・・・

2015622.jpg

下にズリ落ちないようにね。

少し(だけ)飛べるようになったからって、そういうときが一番
危険なのよ~

と、言いながら自分にも言い聞かせ、モンの横に突っ立ったまま
目が離せない飼い主なのだった。



プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク