活用法いろいろ

最近カゴに設置した、モンお気に入りの「相棒」のその後。。

しばらくは寄り添ったり、もたれかかったり・・といった
使い方をしていたが、今週に入って別の活用法を見つけた
らしいモンちゃ。

2015193.jpg

「じゃ、どんな風に使ってるか、見せてくれる?」

2015194.jpg

おっ、のりのりですな。

加湿用のタオルを交換したばかりなので、湿度でレンズが曇る
前に、「それではどうぞ~。」

2015195.jpg

面積の狭いところに、わざわざオーツ麦を乗せて食べる。

2015196.jpg

ネジのあるくぼみも使っているようだ。
(全て「木」なので、どこを使っても安心)

こうした使い方をしているうちに、上の部分を少し齧って遊ぶ
ようにもなった。

ようやく「くちばしのお手入れに~」という飼い主の願いが届いた
のである。(笑)

「いろいろ使ってもらって嬉しいよん。モンちゃん、見せてくれて
ありがとう。そろそろレンズが曇ってきたから、このへんで・・・。」

2015197.jpg

まだまだやる気だったらしいモンちゃ。。。

撮影が終わったあとも、ちょっとの間このままのポーズで動かなかった。
スポンサーサイト

カゴの照明

夜、カゴの中が真っ暗にならないように使用していた照明器具。

2014665.jpg

昨年、この写真をアップしたときは、照明器具にも寿命がある
ということを、忘れていたわけではないけれど、そんなに気に
していなかったように思う。

が、ものすごく「必要」な時に、その寿命が来てしまったので
ある。

今年に入ってモンの体の機能がどんどん低下してしてしまい
夜中でも食べてほしい!そう願っていたときに、この照明の
寿命が来てしまったのだ。

家にあった電池使用タイプの照明器具をいくつか試してみた
ものの、どうもしっくりこなかった。

そして電気屋さんでやっと見つけたのが、コチラ。 ↓

2015190.jpg

ジョイントできるタイプのLED間接照明。

写真を撮ろうと前面のビニールを開けたら、温度湿度がぐぐっと
下がってしまったので、カゴの環境が整うまで「モンも一緒に
紹介してね。」

2015191.jpg

日中お天気が悪くて家の中が暗いときにも使えるし、ツマミで
明るさが調節できるので、夜は暗く・・・と、いろいろと使い勝手
が良い。

今はもっと暗くても大丈夫な状態のモンなので、、カゴの底に黒い
厚紙を挟んで庇を作り、天井への反射を防ぐことにより、ほどよい
明るさになっている。

2015192.jpg

「モンちゃん、えらいね。

それが目的で夜もカゴの中が見えるようにしているので、たまに
ぽりぽりっと食べている音が聞こえてくると、「よし!よし!」と
夢うつつの中で顔がゆるんでしまうのだった。

人に見られたら「あ、この人寝ながら笑ってる!」って思わること
間違いなしである。

ちなみに、このジョイント照明。。。白っぽい光と、オレンジっぽい
光、2種類販売されていた。(カゴの夜用なのでオレンジを購入)

mon2.gif


さて、お話変わって、、今週末は法事でどうしても札幌に
行かなければならない。

正直なところ、まだモンを移動させることに心配がある。

でも、今回ばかりはどうにも出来ない。

いろいろ考えた末、いつものようにモンは私の実家で過ごし、
私は金曜日夫の実家で法事の準備をした後、モンのお世話の
ため自分の実家に戻り。。。

翌日、朝の薬を飲ませたら、また夫の実家に行って法事。

夕方また自分の実家に戻って、モンに投薬。。。と、行ったり来たり
することにした。(夫は移動せず、ということで)

札幌までの移動と、環境の変化に、なんとか適応できますように。

いや、出来る!今のモンならばきっと出来る!


「3月末の法事には、たぶん人間だけで行くことになってしまう
んだろうな。。」と、覚悟をしたあのときを思えば、今、モンの移動
について心配できることの、なんて幸せなことよ。。。

モンちゃん!ママがしっかり守るからね。



モンの相棒と駆け巡る思い

かちゃかちゃっ、しゃーこしゃーこ、と音が聞こえる。

モンがケージにくちばしを擦り付けている音だ。

3月末になって、ようやくくちばしのお手入れをする余裕が
出てきたらしい。

以前はブランコや木のおもちゃを利用してお手入れをして
いたが、今カゴの中には何もない。

とまり木も足のための保護テープが貼ってあるので、
くちばしのお手入れには不向き。

体調の不調もあって、伸びてしまいがちなくちばしを
気になるときにはカットしてあげていたが、いよいよ自ら
お手入れできるようになったのだ。

なのに!そのための道具がない。

というわけで、木のおもちゃをカゴに入れることにした。

2015182.jpg

本来ならば横にして付けるもので、齧って良し、乗って良しの
木のおもちゃ。

購入してすぐお鍋でぐつぐつと煮沸消毒し、出番を待っていた
のだけれど、現在闘病中のモンのカゴは小さく、場所をとって
しまうし、足が不自由な今のモンには乗ることも出来ない・・・
と、なかなか出番が来なかった。

が、横がダメなら縦にすればいいじゃん!
と思い立ち、結束バンドで固定してみたのだった。

これならば、くちばしを擦り付けたりも出来るし、齧ることも
出来る。はず!

ホントですか?guro7.gif


あれっ!何か一瞬よぎったけど、スルーしてゴーよん。

2015183.jpg

なんか余計なものがある!と、怪訝そうな顔のモンちゃ。

「モンちゃんのおもちゃだよ。好きに遊んでいいんだよ。」

2015184.jpg

羽毛を膨らませ、うろうろと落ち着かないモンだったが、しばらく
様子を見ていると・・・

2015185.jpg

膨らみながらも近づいていった。

そして・・・

2015186.jpg

おおお~、くちばしで感触を確かめてる!!!

これは良い兆候。

2015187.jpg

そう?気にいってくれた?

じゃ、それでくちばしのお手入れなんかしちゃってねん。

カゴの中の環境が少し変わったので、しばらくは注意深く様子を
見ていた。

最初は「まあまあ気にいった」風であったが、すぐに「ものすごく
気にいった」に変化した。

気に入り過ぎて、寄り添ってくつろぐようになり、寝る時も
くっついて寝るようになった。

齧るための木の棒が、モンにとっては「相棒」になったのだ。

そしてくちばしのお手入れは、相変わらずケージに擦り付ける
かたちで行われている。

飼い主の狙い、、、またまた外れる。

やっぱりです。guro7.gif


たしかに「好きに遊べ」とは言ったのだけどね。


でもいいの、この相棒に寄り添って寝ているモンの姿が、
とてつもなく可愛いから(親ばか)。

その姿を撮ろうと、何度か挑戦するも失敗続きで、夜、
モンが熟睡するころを狙ってみたが。。。

2015188.jpg

寝ていたはずなのに、俊敏な動きで相棒から離れるモンちゃ。

2015189.jpg

あ。。いえ。。。すみません。お休みなさない。

「とてつもなく可愛い姿(笑)」を写真に収めることができず、
なんとなく残念な空気が漂っていた。

が、この後徐々に飼い主の心には嬉しさが広がっていったのである。

なぜなら、、寝ている姿を撮らせないのは、モンの調子が良い
証拠!ということを思い出したから。

そんなことも忘れてしまうくらい不調の日々を過ごしたんだよね。。

そしてそれを思い出させてくれるくらい頑張ってくれている。

ただ「寝姿を撮れなかった」ということが、飼い主の心にいろんな
思いを駆け巡らせたのだった。








口癖でうっかり

モンにしつこく何度も言っているうちに、口癖になって
しまった言葉がいくつかある。

そのひとつが「無理しないで~」である。

「無理をしない」とはどういうことなのか、モンに意味は
わからないにしても、使われる場面でなんとなくニュアンス
は伝わっている模様。。

飛ぶぞ!という姿勢を見せたとき、カゴの上に逆さに
なってぶら下がり続けているとき、ちょっと走ってみたとき。

「無理しないで~」と言われたときは、それまでやっていた
ことを中断されるとき、、、と認識しているのではないかと
思われる。


ここ2、3日、お天気が安定していることもあり、体調が
上向きなモンちゃ。

昨日カゴの中の水入れ(薬入り)で、顔をちゃぷちゃぷ
し始めたので、思いきってカゴの外で水浴びさせてみる
ことにした。

2015176.jpg

小さな器に、しっかり乗れている。

が、まだまだ足元が不安定なので。。。

2015177.jpg

たまにひっくり返りそうになる。
(でも、ひっくり返らない)

2015178.jpg

「おお~、すごいねぇ。足に力がしっかり入っている証拠だね。」

と、ここでやめておけば良かったのに、ついクセで言ってしまった。

「でも、無理はしないでね~」と。

すると・・・

2015179.jpg

え?終わり?

1分も水浴びしてないけど。。。どうして?

2015181.jpg

ひぃ~~~~っ!

睨まれたぁぁぁぁ。

そっか、、、そうだよね、「無理するな」と言われたから、やめ
ちゃったんだよね?

2015180.jpg

そうだね、毎日言っちゃってるもんねぇ。

あ、でも1分間の水浴びで無理なく、しかもさっぱり出来た
のだから(ポジティブ過ぎ!!)今日のところは勘弁して~。



つい口癖になってしまっているが、言葉もちゃんとモンの状態を
見て口にしなければいけませんな。

鳥のモンはどんどん賢くなっているのに、人間の私・・・なかなか
賢くなれず。。。



季節はずれの・・・

現在、朝と夕方の2回、多いときは3回カゴの敷き紙(キッチン
ペーパー)を交換しているが、モンはだいたい決まったところに
フンをするので、その部分(カゴの前面)に半分サイズのペーパー
を重ねてみた。

その部分だけ交換すれば、エコだわ~。

しばらくは上手くいっていたのだけど・・・

2015172.jpg

半分のペーパーの交換を何度も見ているうちに、「この部分は
ベツモノ・・」と気がついてしまったモンちゃ。

くちばしで引っ張り出して遊ぶようになってしまった。

そろそろ北海道も春の足音が聞こえてきそうな季節になって
きたのに今、カマクラ作りにハマる。。。

「モンちゃん、ここはうん〇する場所でしょ?」と、ペーパーを
元に戻そうとすると・・・

2015173.jpg

ペーパーの引っ張り合い。

これもモンにとっては楽しい遊び。

カマクラを作る→楽しい→カマクラを作る→引っ張り合いができる
→楽しい

ますますカマクラ作りに執着。

2015174.jpg

引っ張り合いに負けそうになると、手を攻撃!

意外と負けず嫌いなモンちゃ。

が、結局ペーパーを元に戻されると、いったんあきらめる。

いや、あきらめたフリをして・・・

2015175.jpg

飼い主がカゴから離れるのを待っているのだった。



前面だけペーパーを交換するのはもうあきらめたーーーっ。

カマクラを作って遊ぶのはいいのだけど、つまづいたら危ない
ものね。

それにしても、紙を引っ張り出す体力はないだろうと思って
いたのに・・
みくびっててごめんっ。



正解率100%?

お友達からいただいた入れ物。

蓋にはグロモコモンを描いてくださっている。

2015166.jpg

最初、この蓋だけをモンに見せたところ、「ぴゃ~ぴゃ~」と
鳴いて喜んだので、放鳥たいむのたびに見せていた。

何度見せても「ぴゃ~ぴゃ~」と鳴く。

そのうちあることに気がついた。

「ん?モンはどれが自分か認識している!」と。

それからモンと私の間で流行り始めたのが「モンちゃんはどこだ
遊び」である。

蓋をくるっと回して、モンの絵がどれなのかを当てるという遊び。

では、始めます。

「モンちゃんはど~こだっ!?」

2015167.jpg

確認してますな?

そして・・・

2015168.jpg

「正解でーす!!!」

「じゃ、もう一回ね。」

蓋を回す。

「モンちゃん、どーこだっ!?」

2015169.jpg

歩いてる!歩いてる!

そして・・・

2015170.jpg

「正解でーす!!」

自分がどれか、、しっかりわかっているだけではなく、それを
示すという高度な(←親ばか)遊びに、つい欲が出た私は・・・

「グロちゃん、どーこだ!?」と言ってみた。

2015171.jpg

お?おおおおお?

示すのか?グロを。。。

と、期待したのはほんの一瞬。

自分の名前じゃなかったのが不満だったのか、それとも
この遊びのルールではないということなのか・・・
そのまま私のところに来て「抱っこ」を要求したのだった。

本日の「モンちゃんはどこだ遊び」は、こうして終了~。



体を動かしたくてそわそわしていることがあるモンちゃ。
でもたくさんは動けない。。。

そんなとき、ちょっと歩けて、しかも楽しいというこの遊び。

何を入れようか、、、どこに飾ろうか・・と、うきうきしていた
私だったが、現在所有権はモンにある。

要ちゃん

やんちゃはうすの仲間であるコザクラインコの要ちゃんが
16年と5カ月という月日を飼い主さんと過ごし、虹の橋を
渡りました。

シードを食べながら眠っているかのような旅立ちだった
そうです。

足に症状が出てからの放鳥たいむは、ご主人に抱っこして
もらって嬉しそうな表情や、家族の鳥さんに羽づくろいをして
もらって、気持ち良さそうな可愛い表情をたくさん見せて
くれました。

食が細くなってからも、状態の良いフンをして、私たちに
たくさんの勇気や希望をプレゼントしてくれました。

要ちゃんの存在は私にとっても大きく、今、話しかけたい
ことがいっぱいあるのに、上手く言葉になりません。

寂しいけれど、お空の上で仲良しの桂ちゃんと再会している
だろう姿を想像しながら、見送らせていただきます。

要ちゃん、おつかれさまでした。
そして、ありがとう!





長生きしても、大往生と言われても、そしてそれを自分で納得
していようとも、その喪失感の大きさは計り知れないものが
あります。

私はグロの闘病中何度も試練にぶち当たりましたが、(そして
今もぶち当たっていますが、、)グロが旅立ったときに初めて、
鳥さんたちはたくさんの思い出とともに、最後の試練も残して
いくのだな・・と、思いました。

その喪失感を乗り越えなければならないということ。。。

でも、鳥さんたちがお空の上で心配しないように、ゆっくり
時間をかけて、寂しさや悲しさが少しずつやわらかな思い出
に移り変わっていけたらいいな・・と思います。

ゆっくり、ゆっくりと。。。



久しぶりの・・・

ここ2,3日、暴風警報が出るくらいの強風で、風の音が
怖いほどのお天気。

夫は出張中なので、モンと一緒に家の中に引きこもっていた。

「すごい風の音だねぇ。。」

なんとなく心細くも感じていたが、夜モンの放鳥たいむになると
そんな気持ちも吹き飛んだ。

2015160.jpg

かくれんぼを始めるモンちゃ。

「おや?モンちゃんがいないぞ?どこかなぁ・・・
お~い、モンちゃ~ん。」

かくれんぼにお付き合い。

2015161.jpg

「あ、モンちゃん、みっけ~。」

2015162.jpg

「びっくりしたよ~。(うそだけど・・)」

2015163.jpg

「え?なに?なにをする気なの?」

このあたりで、すでに風の音などもう耳に入っていない飼い主。

2015164.jpg

ソファーの上をひょこひょこ歩くモンを目で追っていたが、
いきなり・・・

2015165.jpg

飛んだ!

短い距離とはいえ、ばびゅんと飛んで私の腕に着地したモンちゃ。

あのひょこひょこ歩きは助走だったのか?

今度こそ本当にびっくりした。

飛んだのも久しぶりだったけれど、モンが目的地にしっかり着地
できたのは、もっと久しぶり。

モンは足に症状が出ているので、飛べたとしてもうまく着地が
できないし、肺炎を患ってから呼吸が荒くなるとくしゃみが出て
しまうようになった。

それは本鳥もわかっているようで、モン自身も飛ぶことをやめた
のだ。

が、最近カゴの中でエアはばたきを頻繁にするようになって
いたので、飛びたい気持ちはあるんだろうな・・・。そう思っては
いた。

でもまさかいきなり飛ぶとは思わず、油断してしまった。

そして今回たまたま上手く飛べたことで自信がついたらしい
モンは、抱っこたいむも「もっとなんかしてやろう!」と、
落ち着かないのであった。

「い、、意識をなにかほかのことに向けなきゃっ。」

そんな風に思うことも、久しぶりの飼い主である。

握ってる~

人間の言葉をいくつも理解している鳥さんたち。

モンも「カゴ」「お薬」など、物の名前や「食べる」「寝る」
など行動の意味をしっかり認識している。

長い付き合いなので、たくさんの言葉を知っている。

なのにっ!たまに上手く意思疎通ができないときがある。

そしてそれは私に原因があることがわかった。



普段は左手で抱っこし、右手でかきかきのマッサージを
しているのだけど、気持ち良さそうな表情を撮りたくて片手で
くりくり。

2015155.jpg

目の下から頬にかけてがモンのツボ。

私の指に、かきかきしてほしい部分を合わせて顔の向きをかえる
モンちゃ。

そうしているうちに、私の指を握っていたはずのモンの右足が
離れていった。

2015156.jpg

胸あたりもかきかきしてあげると、離れた右足・・・ぶらぶら
させている。

「モンちゃん、気持ち良いのはわかるけど、足!離れてるよ。」

2015157.jpg

「足!足!」

2015158.jpg

なんか、足振ってるし。。。

いや、そうじゃなくてさぁ。

「握って!ぎゅっと握ってちょうだい。」

2015159.jpg

そうじゃなくて・・・

いや、これは正解なのだ。

モンが正しいのだ。

「握る」という言葉の意味をちゃんと理解しているのだから。

でも、私の言葉が足りないのである。

「モンちゃん、ママの指をぎゅっと握って、しっかりつかまっててね。」
そう言うべきだったのだ。

鳥は賢い。

そんな鳥と意思疎通が上手くできないときは、大概私に原因が
あるのである。

そう反省しながらも、モンの様子を見て、つい笑ってしまった。

握ってる~。 (ホントに反省してるのかっ)

収納可能、出し入れ自由

昨日、日中はおとなしく過ごしていたモンちゃだったが、、

夜、しんしんと降り続いた雪がようやく止んだ頃になって
エンジンがかかった。

「きゃっ、きゃっ、ひゃひゃひゃ~。」と、カゴの中で楽しそうに
鳴く。

その声を聞くとこちらもつい笑ってしまいそうになるのだが、
反応すると止めてしまうので、夫と「モンちゃん劇場・・・
始まったね?」と目と目で会話。(笑)

さりげなく様子をちら見すると、「モンの枕(小さな木の棒)」
をくちばしでつついて遊んでいた。

現在ブランコなし、おもちゃなしのカゴの環境で、新しい遊び
を開発する余裕が出てきたらしい。

しばらくすると声が聞こえなくなったので、カゴを覗いた。

すると・・・

2015154.jpg

とまり木に並行!!

「すごいっ!すごいね、上手に並べたね、モンちゃん。

つついて移動させ遊んでいるうちにこうなった模様。

が、自分で移動させた「枕」が邪魔で、とまり木にとまるために
またごうか・・・と、右足を上げたり下げたりしている。(笑)

あまりに綺麗に並べてあったので、記念撮影。(って、早くどかして
やれよ。

いろいろと面白いことをやってくれるモンである。



面白いといえば、、、先日ここにも書いた「モンのおしゃれアイテム
ほわ羽」のこと。。

2015149.jpg

昨日、私の手に乗って「あっち行け~、こっち行け~」と、やっている
モンを見て気が付いた。

今日は左の翼にほわ羽なし・・・。右かな?

2015150.jpg

あれっ?右の翼にもないっ!

「モンちゃん、今日はおしゃれしてないんだね?(笑)」

2015153.jpg

え?

2015151.jpg

え?え?

2015152.jpg

あ!出てきた!!

やはり収納可能で、自由自在に出し入れできるのだ。

が、私は今まで羽づくろいしながらくちばしを使ってほわ羽を
引き出しているのでは・・と想像していた。

それが違ったのだ。

伸びをしただけで、、、こんなに簡単に・・・

モンのおしゃれは「手間いらず」なのだった。(笑)
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク