無駄に思えることも、無駄じゃない

4本いただいていたお薬の最後の1本が、明日からの1週間分。

というわけで、今日は病院にフンを送って遠隔診療をしていただく。

「次の遠隔診療の日まで、なんとか持ちこたえてほしい!」という
飼い主の思いは通じたのだった。 モンちゃ、ありがとーーっ!

最初の2本は止血剤と抗生物質が入っており、モンはこれが嫌い
なようだった。

飲ませるときに顔をそむけたり、飲んだあともくちばしをふきふき。

ときには「いやいや~」と首を振ったり。。。

3本目からは、今までの薬に肝臓をもう少し強化するためのものと、
免疫力を高める漢方薬をプラス。

が、この漢方薬が独特の匂いがあり、グロも経験したが嫌がっていた
ことを思い出す。

指に1滴とり舐めてみると、酸味もある。

なんとか頑張って飲んでくれ~~~と心配していたが、モンはこの
漢方薬の味は平気なようで、抗生物質が入った薬に比べ、ぺろりと
飲んでくれる。

薬も、それぞれ味の好き嫌いって違うものなのですなぁ。。。

2015026.jpg

① 飲み水に入れる腸内環境を良くするためのお薬
② 栄養剤
③ 漢方薬を追加したいつものお薬
④ ③と同じもので明日から開始

なんだかたくさんありますな。

でも、モンは頑張って飲んでくれている。

さて、遠隔診療のための、現在の写真を撮ろうね。

まずは、「おしり」ね。

2015027.jpg

写真を撮られることに慣れているモンも、おしりの写真はイヤな
ようで、もぞもぞと動いて拒否し続ける。

胸骨が出て、胸からお腹にかけての羽毛がぱっくり割れているのが
切ない。。。

でも、必要な写真なので撮り続ける。

2015028.jpg

なかなかうまくいかず、おしりやお腹の写真ばかり撮っていたら、
とうとうそっぽ向いてしまったモンちゃである。

ここはすかさずフォロー。

「可愛い~~~っ!モンちゃんはおちりもお腹も、全部全部
可愛いよ~。だからもう少し協力してね。」

2015029.jpg

普段はカメラ目線のモンも、病院用の写真は視線をカメラに
向けないのだった。


それにしてもモンは本当によく頑張ってくれている。

オーツ麦を食べてくれるようになってから、体重も少しずつ増え、
現在37.8グラム(ほぼ38グラムだ)。

飼い主が良かれと思って購入した様々な種類のペレットはお気に
召さないようで、「それを食べるくらいなら、こっち食べるデシ!」
とでも言うように、お友達が「お試しに。。」と送ってくださった
栄養価の高いペレットを舐めたり、オーツ麦をむしゃむしゃ食べる
ようになったモンちゃ。

こうして、今まであまり食べなかったものも食べてくれるように
なったことが体重増加につながっている。

そう、何が起爆剤になるかわからない・・ということだ。

なので、飼い主が購入してモンが全然食べないペレットも、一見
無駄に終わってしまったようにも思えるが、ある意味無駄では
なかったということだと思う。。。

ってか、そう思いたい~~~っ。
スポンサーサイト

トウキビへの情熱

鳥さんのお世話は、看病にかかわらず細かい作業が多い。

昔、母に「あんたは面倒くさい細かい仕事が好きだねぇ。」などと
よく言われ、その後に決まって「体に似合わず」とか、「顔に似合わず」
と続いたが、体や顔は関係ない!性格だ!と思う。(笑)

その私も「細かいもの」が見えにくくなってきたお年頃~。

でも、そんな作業を苦も無く、楽しんでさえいる私は、やはり細かい
仕事が好きなのだ。

今日もせっせと細かい作業。

2015018.jpg

冷凍庫で保存しているトウキビを数粒レンジで解凍し、中から胚芽を
取り出す。

モンちゃ、この胚芽部分だけを食べるのだ。

今まではここで終了だったのだけど、消化がうまく出来ない現在は、
これをさらに小さくカットする。

包丁で1粒ずつ、ちみちみと真ん中から切る。

それを指に乗せて~

2015019.jpg

カゴの前まで行くと、すでに察知しているモンが待ち構えている。

はい、どうぞ~

2015020.jpg

美味しそうに食べる。

10日前までは大好きなトウキビも一口食べて「もういらないデシ
・・・」というときもあったけれど、今は全部もりもり食べる。

2015021.jpg

「モンちゃん、ゆっくり食べなさいよ?」と言ってしまうくらい
スピード感溢れる食べっぷりである。

2015022.jpg

あっという間に食べ尽くし、名残惜しそうに指に付いているトウキビ
の汁(?)をレロレロ舐める。

もう少しあげたいところだけど、胃に負担をかけたくないので、ここ
はガマンである。

2015023.jpg

「うん、また午後になったらあげるからね。パウダーフードの方も
食べてね~」

2015025.jpg

「ちゅうしても、もうないのよぉ。 あっ、でもほらっ、2粒
落ちてますよ?ほらっ、ここ!」

2015024.jpg

ちゅうしているうちに落ちているトウキビに気が付いたモンちゃ。

ええ、今まで甘えていたのに、さっさと「ちゅう」を止めて、
2粒のトウキビを食べたのであった。

いいの、いいのよ~、その食べ物への情熱がモンの強さだからね。

モンちゃ、今日も頑張ってくれています。

ブレンド?

朝ご飯を少し食べるとすぐに寝てしまうモンちゃ。

が、今朝は・・・・

2015014.jpg

起きてる!

(30分くらい起きていた)

少しずつ、少しずつ、良い方向に向かっている予感。

1日の中でも午前中が一番食欲がないのだけれど、今朝は時間をかけて
食べていた。

2015015.jpg

今、モンが食べているもの。

① オーツ麦と蕎麦の実
② パウダーフードとペレット
③ カステラ
④ フルーツブレンドのペレット

この他に、そのときの食欲を見ながら、トウキビや枝豆、栄養剤などを
少々。(青菜なども)

少しずつでもまんべんなく食べてくれるといいのだけど、一番食べて
ほしい②の食いつきが悪い。。。

でも、今はとにかく何でもいいから食べてくれることが重要!

好きなように、好きなものを、好きなだけ食べてね。

とまあ、こんな感じのカゴの中だったが、昨日モンはある行動を始めた。

気づいたのは夫だった。

「あ!モンがいろいろ混ぜて食べてる!」と。。。

見ると、カステラを②のパウダーフードの中に入れて食べているでは
ないかっ!

え? 自らブレンド? そしてパウダーフードのふりかけスタイル?

カステラも最初はしっとりしているのでそのまま食べるが、保温強化中の
カゴの中に入れると、早めにパサパサになってしまう。

そのパサパサ感もモンにはまた楽しめるようで、パウダーフードの器に
わざわざ入れて食べているのだった。

2015016.jpg

食べるの?お腹いっぱいだったのでは?

2015017.jpg

朝は「しっとりカステラ」を食後のデザートにしているモンなので、別腹
らしい。



いつも目をしょぼしょぼさせていたモンの表情が、柔らかくなってきた。

まだまだ予断を許さない状況ではあるけれど、「穏やかに日々をすごして
くれたら・・・」という気持ちだったので、本当に嬉しい。るー。(涙)

そして本日体重37グラム!!!(また1グラム増)

ものすごい頑張りを見せているモンである。

この頑張りに応えたい!

無音

くちばしを少しカットしたら食べやすくなったようで、昨日はオーツ麦と
蕎麦の実をもりもり食べていたモンちゃ。

昨日の体重36グラム。

ああ、36グラムがこんなに嬉しいなんて!!!

今、飼い主はモンの動きにとても敏感になっているので、テレビが
ついていようと、電話中であろうと、モンがシードを食べ始めると、
その音がしっかりと聞こえる。

が、カステラやパウダーフードは音がしないので、食べていることに
気が付かないことがある。。。

「何時に何を食べた」と細かく看護記録をつけているのだけど、食べて
いる音が聞こえないときは、見逃してしまうこともしばしば・・・

が、そこはフンで確認。

で、わかったのが、モンは夜中にもしっかり食べている!ということだ。

しかも、パウダーフード!!!

カゴの隣で寝ていても、音がしないから気づかなかったのだけれど、
モンは密かに、、、そしてしっかり食べていたのだ。

あまり食がすすまない日は栄養剤を飲ませたり、トウキビをあげたり・・

お腹に負担がかからない程度に、様子を見ながら臨機応変にやって
いる今日この頃。

今日はお天気が悪いので、少し食べてすぐに寝始めたモンちゃ。

とまり木をカットしたものを枕に、すやすやと寝ている。

起きたら、美味しい栄養剤をあげるね。

2015013.jpg

あ、ごめんっ

そ~っとカメラを向けても、気づかれちゃうんですな。



今日もモンちゃ、頑張っています!

くちばしカット

モンの状態が少し良くなった。

「奇跡も二度は起きないだろう・・・」なんてつい思ってしまうような
様子がずっと続いていたが、先週の金曜日あたりから目に力が
戻ってきたのだ。

食べているとき以外は1日中寝ていたモンが、たまにケージに
はり付いてみたり、羽づくろいしたり、鳴いて私を呼んでみたり・・

「あ、起きてる!」って場面を目にするようになった。

33グラムをきっていた体重も、35グラムに!!!

まだまだ油断は出来ないし、危険な状態であることにはかわりない
けれど、とにかく減り続けていた体重にストップがかかっただけでは
なく、少し増える!という久しぶりに嬉しい報告が出来ることが今は
ただただ嬉しい。

モンちゃ、今日も頑張っています!

mon2.gif


さて、なんとなく「あれ?」とは思っていたが、先週貼った写真を見て
モンの上のくちばしが伸びていることを確信。

今食べているものはパウダーフードやカステラだし、紙や木を齧って
遊ぶこともなく、加え肝機能が低下しているので、伸びてきたと思われる。

このままだとオーツ麦や蕎麦の実が食べにくいよね。。。

カットせにゃいかん!!

が、グロで下のくちばしカットには慣れているものの、上のくちばしの
カットは初挑戦である。

ああ、どきどきしちゃうぅ。

2015009.jpg

「モンちゃん、なるべく短時間で済ませるから、ちょっとだけガマン
してね。」

今回使ったのはこちらの爪切り鋏。 ↓

2015012.jpg

貝印の爪切り鋏である。

グロのとき使っていた巻き爪用のものは使い勝手は良かったけれど、
ごっついフォルムがグロには恐怖だったように感じたので、モンの
「そのとき」のために準備していた。

そして「そのとき」が今来てしまったのだった。

先生に以前教わった通り、「もとのくちばしの長さ、形をイメージし
ながら少しずつ。。」カットをする。

モンの反応は予想外のもので、嫌がることもなくカットの間おとなしく
していてくれた。

お?この鋏、成功!?

2015010.jpg

すっきりして嬉しそうな表情。

食べやすくなったので、オーツ麦ももぐもぐ食べる。

今まで無視していた青菜も。。。

2015011.jpg

おヒゲ付けながら(笑)美味しそうに食べる。

ああ、思いきってカットして良かったーーーーっ。

ほんの1ミリでも、鳥にとっては大きいものね。

またいつでもカットしてあげるから、モンちゃんのペースでゆっくり
食べてね。

湯たんぽとモンちゃ

シードに固執し、頑なにペレットを拒否していたモンちゃがようやく
パウダー状のものを食べてくれるようになると、フンの状態がぐんと
良くなった。

そうすると体への負担も減り、本鳥自身もらくになったようで、穏やか
であるとともに、楽しそうにも見えるここ最近。

ペレットを食べると、自らすすんでお水も飲んでくれる。

体重は相変わらずで、胸骨がとび出ているような状態だけれど、
とにもかくにも1歩前進したのだ。

今日で抗生物質と止血剤の入った薬が終了し、明日からはまたいつも
のお薬に「免疫力を高めるための漢方薬(これがマズい)」と、今まで
よりも少し強化された肝臓の薬がプラスされたものを開始する。

美味しくないけど、1日2回頑張って飲もうね。

そして止血剤なしでも出血しませんように。。。

mon2.gif

安静第一なので、放鳥たいむをあまり作れない現在。

でも、やはり飼い主と触れ合いたい様子を見せるので、夜、湯たんぽを
用意し、モンちゃの抱っこたいむを短時間だが作っている。

2015008.jpg

エプロンの中で湯たんぽを抱き(胸元)、その上にモンちゃ。
スペシャルマッサージで気持ち良さそうにうとうとする。
(人間は暑い

そんなモンちゃを見ながら、つい歌ってしまう飼い主。

「特別なスープ湯た~んぽを、あ~なたにぃあ~げるぅ、あったかいんだ
からぁ~

一度頭の中でこの曲がかかると、ずっとリフレインし、ついには声に出して
歌ってしまうのである。
しかも一部歌詞変更。(笑)

心配は尽きないが、モンの前では笑顔!笑顔!

モンちゃ、今日も頑張っています。

ランチ?

昨日のお昼、久しぶりに私はカップめんを食べた。

つるつるっと音を立てて食べ始めると、モンも「ん?ランチたいむ
デシね?」と思ったのか、カゴの中で一緒になって食べ始めた。

午前中は見向きもしなかったカステラをもぐもぐと食べた。

なるほど・・・、朝ご飯にはペレットやシード(オーツ麦と蕎麦の実)
を、お昼ごはんにはカステラって感じなのね?

そう思った私は、今日もしつこくカステラをカゴの中に入れている。

お昼、食べてくれるといいなぁ。

そして人間が食べている姿を見るとモンも一緒に食べ始めるし
たとえ寝ていても、食べている音が聞こえるとやはりモンも食べる。

だから今日のお昼も音の出るもの・・・麺物を食べよう。

お蕎麦にしようかな。

お友達の鳥さんが茹でたお蕎麦をお湯で温めたものを食べて
乗りきった!というメールをいただいたので、モンにもあげてみようと
思う。

お友達の皆様には、温かいメール、書き込みをいただいて
心から感謝しています。

どんなものを食べてくれるのか、全然頭が回っていない情けない
飼い主なので、「こんなものも食べるかも~」というお話は、本当に
ありがたいです。

皆様、いつもありがとうございます。

体重は33グラムだけれど、フンの状態が良くなってきたので、
食べたものがしっかり栄養となって吸収されるよう祈りながら、
今日も愛を込め、ペレットやシードを砕く飼い主である。

モンちゃ、今日も頑張っています。

カステラとパウダーフード

昨日から少しずつパウダー状のものを食べてくれるようになった
モンちゃ。

が、やはり今までよりも食べる量は少ない。

看護師さんにアドバイスいただいたカステラを試してみた。

「カステラだけで1年も頑張ったコがいる」とのお話も聞いていたので
とにかく一口でも食べてほしいと願った。

いきなり見慣れないものをカゴの中に入れると、拒否する確率が
高いので、ちょっとずつ、ちょっとずつ~

最初「なにそれ?」と寝ながら目だけで訴えていたモンちゃだったが
飼い主も粘る。

すると・・・午後には。。。

2015005.jpg

食べてくれた!!!

そのままカゴの中に入れておくと、夕方にもまた食べた。

が、食べすぎてあきてしまったのか、それとも食べる気力がなくなった
のか・・・

それから何時間もの間、何も食べなくなってしまったのである。

なんとか、パウダーフードを食べてくれないものか・・・

2015006.jpg

キクスイさんで購入したインコ玉子。
いわゆる卵でコーティングされた粟玉。

これをミルで砕きパウダー状にしたもの、ペレットを砕いたもの、きな粉
やフォーミュラーを混ぜたりいろいろと試した。

で、今の強い味方がこちら。 ↓

2015007.jpg

お友達が送ってくださったペレットのパウダー。

今、闘病中の鳥さんとともに一緒に頑張っているお友達。

鳥さんの看護でいっぱいいっぱいだろうと思うのに、モンにまで
暖かいお気遣いをくださった。

本当にありがとうございます。

この赤いパウダーがポイント!

このままあげるとなかなか食べないモンちゃも、他のものに混ぜて
あげると選んでこの赤いパウダーを食べている。

そして流れで他のペレットも。

昨日も夜10時過ぎにようやく食べ始めてくれた。

すっかり偏食になり、ペレットを拒否し続けていたモンも、パウダーフードを
食べてくれるようになってから、フンの状態がよくなった。

あとは、もう少し量を食べてくれたら。。。。

が、あまりしつこくすすめるとストレスになってしまうし、人間も具合の悪い
ときに、ちょこちょことあーだこーだ言われると「お願い、そっとしておいて、、、
少しゆっくり寝かせて、、、食べたくなったらあとで食べるから。。」と
思うだろう。

1日1日を過ごしやすい環境にしてあげるのが、今のモンには一番だと
思うので、そこらへんの線引きが難しいと感じている飼い主である。


モンちゃ、今日も頑張ってます。

ちなみに、カステラを食べたあとのモンは、甘い香りがする。

カステラ?

昨日からフンの状態が悪いモンちゃ。

抗生物質と止血剤の入った薬を飲んでいても、出血する場合が
あるとのこと。

今は動かすこと自体が命にかかわるので、注射をしてもらいに
病院に行くことも出来ない。

ここはもう飲み薬が効いてくれることを祈るしかない。。。という状況
である。

昨日までは頑なにシードしか食べなかったモンだけれど、今朝は
いよいよ自分でもヤバいと思ったのか、粉状のフードも少し食べて
くれるようになった。
(ドロドロしたものや、練ったものは拒否。。

病院の看護師さんに「人間の食べ物でも、モンちゃんが好きなものを
あげてみてください。」と言われたけれど、今まで「人間の食べ物は
だめなのよ~」と教え育ててきたので、好きな人間の食べ物なんて
モンにはない。

が、カステラならばわりと食べるコがいるので試してみては?とのお話。

これから早速カステラを買いに走ろう。

頑張っているモンに、少しでも何かしてあげたい。

mon2.gif

なかなか明るい話題をここに書くことができなくて、申し訳ない気持ち
でいっぱいですが、ここに立ち寄ってくださった方の鳥さんのための
今後のお役にたつ情報が何かひとつでもあれば。。。という思いと、
「メールの返事はいらないよ。」とお気遣いいただいているお友達に
甘え、あまり返信できないことも申し訳なく、ここで状況を報告させて
いただいています。

皆様、いつも本当にありがとうございます。

モンちゃ、今日も頑張ってくれています。

鳥さん用ポカリ?

先日モンが入院したときに先生にお聞きした。

「液体の栄養剤のようなものはあるのでしょうか?」と。

結論から言うと、「ある」とのこと。

鳥さんが自力で食べられなくなったときなど、スポイトで飲ませる
栄養剤で、電解質と水分、糖分、ビタミンなどが入っている。。。
いわば、「飲む点滴」、「鳥さん用ポカリ」といったところだろうか。
(それだけでは栄養が足りないので、プラス強制給餌ということに
なるらしいが)

冷凍保存できるらしいので、それも欲しい!とお願いした。

もし、状態が変化しても病院に電話をしてそのとき必要な栄養剤
やら薬を送ってもらったとしても時間がかかる。

休診日をまたぐと3日待つことも。。。

その間に状況はどんどん悪くなる。。それが怖い。

なので、もし必要なくて無駄になったとしてもかまわないから
(というか、無駄になった方が良い)、栄養剤や止血剤(また黒色便
が出てしまったときの対処のため)など、常備しておけるものを
いただいておきたい!とお願いし、処方していただいて帰って来た
のだった。

mon5.gif

栄養剤に頼ることなく、自力で食べてくれているモンだけれど、
体全体の機能が低下しているとのことで、消化がうまく出来ていない。

なので、食べても食べてもその全てが栄養にならず、体重が増えない。
(現在34.5グラム

自力で食べられているとはいえ、今栄養剤を飲ませずにして、いつ
飲ませるんだ!と思い、先週早速解凍して栄養剤を開始した。

これが、まあ~~~っ、美味しそうに飲むんですな。

薬と同じ容器なのだけれど、薬のときはいや~な顔して飲むのに、
栄養剤だと次の1滴が待ち切れず、舌をレロレロさせているモンちゃ。

ああ、モンちゃん、1回5滴までなのよっ

同じ容器なのに、なぜか飲む前にわかるから不思議である。

やはり鳥用であっても、甘いポカリ(?)は美味しいのだ。

これで脱水症状も防げるし、体の機能が回復してくれることを信じ
ながら、栄養剤も一緒に続けていくことにする。
(追加で送っていただくことにした)

mon5.gif

あと出来ることはなんだろう・・・

モンを見ていると、シードとペレットを新しいものに交換した直後が
一番食いつきが良い。

なので、1日2回交換していたところ、4回に増やすことにした。

好きなものから食べるので、栄養のバランスが悪くなるかもしれない。
でも、今はとにかく「食べる!」ということが大事!

朝、昼、夕、夜・・・と、4回交換で少しでもたくさん食べてもらえるように
しながら、頑張るモンちゃを見守っている。

今日も朝からモンちゃ、頑張っています!
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
リンク