キャリー決定

①以前使っていたキャリー、②昔々グロモコが使ったことのある
キャリー、そして③体調が悪かったときに使ったプラのキャリー、
三つ並べてモンに選んでもらった。

彼が選んだのは、②であった。

コチラ ↓

2014753.jpg

何年も使っていなかったキャリーだし、今のモンの状態に合わせて少し
改良。

発砲スチロールの板をカットして新聞紙で包み、底に敷いた。
これで足元の冷えは解消される。

最近カゴの中でもとまり木にいる時間が長くなってきているので、低い
位置にとまり木を設置。

また台所でとまり木を、ギコギコとカットした。

さて、モンにチェックしてもらいましょうかね。。。

2014754.jpg

ちょっと中に入って居心地も確かめてみてよぅ。

中にモンを入れてみる。

2014755.jpg

お!とまり木にとまった!

滑り止めの医療テープを貼ってあるので、とまりやすそうである。

「良さそうだね?それじゃ、これで札幌まで移動しようね。」

と、扉を開けると。。。

2014756.jpg

なんと!自ら出てこようとしている!!!

前回、通院のため札幌に行ったときには出来なかった動きだ。

どきどきどき・・・

「自分で出てこられるかい?」

2014757.jpg

おお~~~~っ 素晴らしい!!!

すごいよ、モンちゃん!

2014758.jpg

よろけながらも、無事着地。

またひとつ出来ることが増え、自信をつけたモンちゃである。

ささっ、モンちゃ、札幌に行く前に、お友達にご挨拶してね。

2014759.jpg

身だしなみですか?

カメラを持ったまま、待つ。

そして・・

2014760.jpg

ブレたーーーっ。

でも、嬉しそうな表情はなんとか伝わるかしら・・・




いつもお友達の皆様にはたくさんお世話になっていますが、今年は
特に、特に!愛情とパワーをいっぱいいただきました。

こうして年末年始をまたモンと一緒に過ごせるのも、皆様に応援して
いただいたからこそだと思っています。

本当にありがとうございました。

また来年も、モンらしく、長く長く元気でいてもらえるよう、飼い主も
気をひきしめていこうと思っています。

皆様と、鳥さんたちが健康で充実した新年を迎えられますよう、
お祈りしております。

どうぞ、良い年をお迎えくださいね。
スポンサーサイト

準備開始

人間だけならば着こめばOKだし、今年の冬はもうそんなに室温を
気にすることもないのかな・・・と、何度も覚悟したあの日々。。。

モンと一緒に年末年始を迎えられることは、あの時は奇跡でも
起こらなければありえないだろうと思っていた。

が、奇跡は起こった。

いや、「起こった」というよりも、お友達の皆様にいただいたたくさんの
パワーと愛情が、そしてそれを受け取ったモン自身が、奇跡を「起こ
した」と感じるのだ。

今、皆様に感謝しながら、年末札幌へ行くための「モンの準備」が
出来る幸せを、しみじみかみしめている。




毎回モンのための準備から始めるので、見慣れた自分のものを
目にすると、「ん?おでかけデシね?」と察知するモンちゃ。

わくわくして出せ出せコールをするかと思いきや、予想と反して彼は
静かだった。

あれ?大人しいな・・・、どした?

2014752.jpg

水浴びしてたのかいっ!!

彼もまた年末に向けて準備をしていたのだった。

そうだね、さっぱりして新しい年を迎えたいものね。




さて、嬉しいことに最近はずっと調子の良い日が続いているモンなので
今、どのキャリーで移動しようか悩んでいるところである。

動くのがつらいという通院時や、短時間の移動ならば、小さなキャリーが
(とまり木なし)最適なのだけれど、現在そのキャリーではモンが落ち着か
ない様子なのだ。

以前のものに戻すべきか、昔グロモコが少しの間使っていたものに
しようか・・・それだったら、小さくてもとまり木は入れられる。。。でもモンは
使ったことのないキャリーだし・・・うーーーむ、悩む。

準備を始めたものの、いろいろ悩んでいっこうに進まないのだった。

guro7.gif
「本鳥に選ばせるですよ~」

あれっ? なんか今閃いたような。

三つキャリー並べて、モンに選んでもらえばいいんだ!

アマのジャック君の進化

長く一緒に暮らしていると、鳥の要求がだんだんわかってくるように
鳥もまた飼い主の要求がわかってくる。

なので、「あれやって~、これやって~」とお願いすると、リクエストに
応えてくれたりもする。

が、わかっているのに「わざと逆のことをする」という場面もある。

そんなときは、「アマのジャック君(天の邪鬼)、出たーーーっ。」とか
言って、ひとりで盛り上がる痛々しい私である。(笑)

アマのジャック君は、特に写真撮影のときに出現することが多い。

モンの頭(オレデコの少し後ろ側)に、白い羽毛が見えたので、「あ、
白髪じゃない?頭の羽毛に白髪とは、人間くさいわねぇ。ふふふ。」
なんて言ってカメラを向けた。

「ちょっと後ろ姿を撮りますねん。

2014745.jpg

角度によって見え隠れするので、狙いを定めていると・・・

2014746.jpg

「あ、動かないでよぅ。 今、ピンポイントで撮るんだから。」

が・・・、何度やっても、白髪を見せないように体や頭を動かしてカメラを
避けるモンちゃ。

そしてとうとう・・・

2014747.jpg

こんなブレブレの写真しか撮れなくなってしまったので、今回はあきらめた
飼い主なのだった。。。

撮りたい部分がわかってるからこその避け方。

いいもん!また撮りたいって思うとき(ネタ?)を待つもん。

そしてその撮りたいと思う機会(ネタ?)は、わりとすぐにやって来た。

カゴに戻ったモンは大きなフンをした。

大好きなシードから食べ始めるため、朝方のフンは緑色。

色や大きさ、状態を確認しようとフンをじっくり見たら・・・

2014748.jpg

立ってる!

フンが立ってる~~~っ。(笑)

昨日はクリスマスイブ。

「んまあなんて立派なフン。モンちゃん、これ、ツリーのつもり?
うひゃひゃひゃ~~~っ。

2014749.jpg

もう少しアップで撮ろうっと。

「そのままそこにいてねん。」

そう言った瞬間、モンが尾羽根をぷるぷるっと動かした。

2014750.jpg

倒したーーーっ!

たしかにモンは言われたとおり、その場から動かずにいた。

が、手前のとまり木の上で一歩も動くことなく、長い尾羽根を使ってフンを
倒したのである。

笑われたのが気にいらなかったのか・・・・

それ以降は、どんなにカメラを向けても・・・

2014751.jpg

ブレブレ写真しか撮れなかったのだった。とほほ

モンの気にいらないリクエストのときは、アマのジャック君が出現する。

が、この場合、飼い主に言われたことはしっかり守っていたのだから、
アマのジャック君とは呼べないような。。。

またひとつ賢くなりましたな?

モンは大病してから飛べなくなり、自分の思うようには歩けない状態に
なってしまったけれど、以前よりも体を使わなくなった分、頭を使うように
なった。

鳥は高齢になっても、どんな状態であろうとも、進化を続けるのである。

慌ただしさの伝染

師走であろうとも、家ではのんびりマイペースに過ごしている夫が
昨日はバタバタしていた。

会社関係の方に不幸があり、あちこちと連絡を取っていたのだけれど
なぜか、モンも一緒になって慌ただしい雰囲気を醸し出し始める。

カゴの中で、もそもそと動き回り、ピーピーギャーギャーと鳴く。

電話をかけたり、かかってきたりの夫。

「ううう、モンの声で相手の話が聞こえんっ。」と言うので、モンを
カゴから出して、夫の電話中ずっと抱っこをしていた。

抱っこしてると大人しいモンちゃである。

人間の慌ただしい様子って鳥に伝染する・・・と以前から感じてはいたが、
モンは私がバタバタと動いていても、気にする様子もなくまったりと過ごす。

グロモコは一緒になって忙しい「フリ」をよくしていたが、モンは私に関しては
忙しさが伝染しないようである。

mon5.gif

そして今朝、喪服を持って出勤した夫。
通夜に出席するため、会社に出たあと、札幌に一泊の予定。

「さ~て、月曜日だ!私も忙しいぞぃ。(土日サボっているから・・) 
お父しゃんが留守の間、ちょこちょこ大掃除もやっちゃいますよ~。あ、郵便局
にも行って来なくちゃだし。」

そう言ってモンを見たが、話を聞いていない様子で、ぼ~っとまったりして
いる。

私の慌ただしさには無関心なのである。

なぜなら、午前中は相手してもらえないことを知っているので、私が忙しかろうが
関係ない!といったところなのだろう。

ならば、背中を向けてまったりしている姿を写真に撮っちゃおう・・と、
カメラを向けてみた。(早く仕事しろ!って感じですな

すると・・・

2014742.jpg

カゴの奥にいたのに、カメラに気づいたとたん、手前のとまり木まで
やって来た。

最近カメラを向けられると、演技する余裕が出てきたようである。(笑)

「モンちゃんも月曜日は忙しいのかい?(曜日は関係ないとは思うけど)」

モンの演技にお付き合い。

2014743.jpg

あれっ?なにやら本当に忙しそうにも見えますな。。。

ん?

2014744.jpg

食べるのに忙しいのかいっ!

お気に入りのオーツ麦をあむあむして、忙しさをアピールしているモン
なのだった。



無駄なんてない!

モンの場合、ちょっと食べては休み・・・という時より、ゆっくり時間を
かけてじっくり食べている時は調子の良いサイン。

今朝も時間をかけて、朝食を楽しんでいた。

2014734.jpg

「モンちゃん、まだ食べてるの?」と、つい声をかけてしまうが、今日も
調子が良さそうで嬉しいっ。

朝食のあとは、手前のとまり木まで来て羽づくろいをするのが日課なの
だけれど、その移動も調子の良いときほど「無駄な動き」をするのだ。

老鳥(そして病鳥)用の小さなケージで過ごしているので、シード入れから
とまり木まで歩けば3~4歩。

その距離を今朝は・・・

2014735.jpg

わざわざケージの天井にぶら下がって移動していた。

2014736.jpg

がんばるねぇ、モンちゃん。

上手に降りられるかな?

2014737.jpg

今のモンにとって、登ることよりも降りることの方が難易度が高いので
ある。

でも、上手く降りてきてますな。

もう少しだ・・・、がんばれ~

2014738.jpg

お!成功だね。

2014739.jpg

嬉しそうな表情のモンちゃ。

今まで当たり前に出来ていたことが出来なくなり、でもまた少しずつ
がんばって出来るようになる、、、鳥の適応力は本当にすごいと思う。

2014740.jpg

飼い主がモンの動きを見て、その日の調子を確認するように、鳥自身も
また自分の動きによっていろいろと確認しているのだな・・と感じる。

一見「無駄な動き」でも、本当は無駄なことなんてひとつもないのだ。。。
と実感させられる。

2014741.jpg

今日は羽づくろいの前に爪のお手入れですか?

そう!なんとモンはまた爪のお手入れも出来るようになったのだ。

1ヵ月前まではまだ体のバランスを保つのが不安定で、羽づくろいは
出来ても、爪のお手入れは出来なかった。

が、ここ最近爪のお手入れ復活!!!

これにより、飼い主による爪切りから卒業したのだった。

モンにしてみれば、解放された・・といったところだろうか。

待つデシ

お友達から可愛いクッキーをいただいた。
(ありがと~ございます!)

2014723.jpg

食べるのが勿体ないくらい!

一枚一枚写真に残して、それからいただこう。

2014724.jpg

見慣れないものを少し離れたところから見ているモンちゃ。

「ふふふ、クッキーだよ。美味しそうだわ~。」

2014725.jpg

クッキーの周りをひょこひょこ歩きしながら様子をうかがっていたモン
だったが、「美味しい」という言葉に反応。

2014726.jpg

こういうときの動きは、ものすごく速い!

2014727.jpg

近くまで来てがん見。

「あ、美味しいものと言っても、モンちゃんは食べられないものなんだよ。」

そう言うと。。。

2014728.jpg

意味がわかったのか、わからないのか・・・、こんな表情をした。(笑)

2014729.jpg

そしてなにやら考え始める。

しばらくこの体勢で固まった後、行動に出た。

2014730.jpg

「なに?」

2014731.jpg

と、モンは要求しているように感じた。

「了解!じゃ、中身は私。箱はモンちゃんね。」

2014732.jpg

え?今?

しばらくグロモココーナーに置いてからじゃダメなの?

2014733.jpg

うわ~、「待ってますオーラ」が体中から出ている感じだよっ。

そしてモンは知っているのだ。

実力行使に出るよりも、「お行儀よく待ってます」の姿勢に飼い主が弱い
ことを。。。
(モコから引き継がれた伝統である)

わかりました!

「お行儀よく待ってます」の姿勢に負けた飼い主は、クッキーを違う器に
移して、ピンクの箱をモンに渡したのだった。

最近ますます飼い主の操縦が上手になったモンちゃである。

ミーアモンちゃ

鳥の調子の良し悪しによって、飼い主の気持ちも左右されてしまう。

が、調子の悪い時こそポジティブでいなければ・・・、そう思っていたし
そのように努力していたつもりだった。

なのに、そうでなかったことが少し前に発覚した!!

月一で浄水器の交換に来てくれるお兄さんが、モンの元気な鳴き声を
聞いて「すごく元気になりましたね。よかった。夏の終わり頃『来月は
もう鳥カゴはないかも・・・』なんておっしゃっていたから心配していたけど
こんなに大きな声で鳴くようになって、本当に元気になりましたね。」と
言ったのだ。

え?私、そんなこと言いました?そんな不吉な発言しました?

記憶にない!

そう、モンの絶不調時の記憶・・・・、ところどころ欠けてしまっている
飼い主。。。

モンの状態のことはノートに細かく書いているが、飼い主の状態に
ついては記憶喪失になっている部分があるのだ。

それだけ追い詰められていたのか。。。。?私。

しかも、細かく書いたというそのノートも、今読み返すと意味不明な
部分があったりもする。

まあ、それはまだ仕方ないとしても、モンが一生懸命頑張っている
ときに、不吉な発言をするとはなんたることか!

良い言葉には良い風が吹く。モンには良い言葉だけを聞かせよう。そう
思っていたにも関わらず、この失態だよ。

あの時の自分を叱ってやりたい。

これからは以前にも増して、モンには良い言葉だけを聞かせようと
心に誓った飼い主である。

mon4.gif )))お願いするデシね~

さて、反省したところで、日光浴のお話。

冬場は窓を開けられないので、サンライトに頼りきり。

それでも、少しでも自然の温かみを感じてもらおうと、お天気の良い
日は窓越しではあるが、朝日を浴びるモンちゃ。

2014720.jpg

窓のところに連れていくと、最近こんな動きをするようになった。 ↓

2014721.jpg

はい、ぬくぬくしてくださいな。

2014722.jpg

こっ、こりはっ!

まるでミーアキャット!?

太陽に向かってすっくと立ち、お腹を温めるミーアキャットのようではない
か・・・。

これがなんとも気持ち良さそうなのだ。

こうしてお腹ばかり温めているので、たまに角度を変えて背中にもお日様の
光を当ててあげるのだけれど、もそもそと手の中で向きを変え、やはり前を
向く。

呪文のように「浴び~る、浴び~る。」と変な歌をうたう飼い主の声を聞き
ながら(笑)、今朝もモンはご機嫌である。

見てるだけ

先々週の話。

用事があって出かけなければいけなかったが、どう考えても5~6時間は
モンに留守番をさせる計算になってしまう。

最近は発作も起こっていないので、買い物などは不安なく行けるようには
なったけれど、6時間となるとやはり少し心配だった。

というわけで、夫にモンを見ててもらえる土曜日に出かけることにしたの
だった。

「じゃ、行ってくるからモンのことよろしくね。ちょこちょこ気にして見てやって
ね。」そう言って出かけた。

帰ってくると「見てたよ~。モン、特に変わりはなかったよ。」と夫は言った。

カゴを覗くと何か言いたげに私を見つめるモンの前に、フンが7個ほど
一直線に並んでいる。

そう、夫は本当に「ただ見ていた」だけだった。
(こんなにたくさんフンをしているのに、取ってくれていない~。

普段は水入れの横にフンをするモンちゃだけれど、そのフンは夫には
取り除いてもらえないと知り、同じ場所にしておしりを汚さないように、
フンの仕方を変えたのだ。

とまり木と並行に綺麗に整列しているかのようなフンであった。(笑)

以来、留守番のときはフンの仕方(場所)を変えるモンちゃである。

2014708.jpg

ちょこっと買い物に出かけたときなどはこんな感じ。

でも、夫に留守をお願いしたあの日は、このフンが7個ほど一列に並んで
いたのだった。(笑)

とまり木とシード入れの間を行き来するときに、かえってフンを踏んでしまう
のでは?とも思うが、モンの足が汚れていることは一度もない。

自分にとってのベストな方法を考えているのである。

2014719.jpg

モンちゃんは日々学習してますな。

そんなモンを見て、今度夫に留守をお願いするときは、「見ててね」では
なく、「フンがたまったら取ってあげてね。」とか、「加湿のタオルをたまに
取り替えてあげてね。」とか、細かくお願いしなければならない・・・と私も
また学習したのだった。

モンの興味

先日、お友達が充電器のお話をしてくださった。

充電器のことはもちろん知っていたけれど、ただ知っているだけで
今まで使おう!と思ったことはなかった。

が、実際使っている人のお話を聞くのは、実に参考になる。
(お話、ありがとうございました。

なるほど!便利だわっ! 鳥グッズに関してはなおさら便利だわっ!

で、夜カゴの中に吊るしている「ほのかに明るい(笑)電気」のために
充電器と電池をようやく購入したのだった。

2014715.jpg

実家に行くときなど、モンのためのおもちゃを入れていた巾着を充電器
専用にした。

ぴったり~。

モンにも見せてあげようっと。

「モンちゃん、見て!ぴったりなのよ。何がって・・・さて、中に何が入って
いるでしょーか?」(クイズか?)

2014711.jpg

充電器が入った巾着の前にモンを連れてきたが・・・

2014712.jpg

朝のお散歩に忙しいモンは、走って行ってしまった。

そう!最近「高速ひょこひょこ歩き」ができるようになり、ときにはすばやい
動きを見せるのである。

「モンちゃん、見てよ~。」としつこい飼い主にまた連れて来られる。

2014713.jpg

ぬおっ!なんですか?その「うんざり顔」はぁぁぁ。

2014714.jpg

速っ!

そーかいそーかい。興味なしかい。

それはお散歩中大変失礼しましたね。

気を取り直して、もう一枚写真を撮ろうっと。

先日とみぃちゃんが送ってくれた荷物の中に入っていた「このコ」。

2014716.jpg

とみぃちゃん曰く、「ガチャガチャ、、、残念ながら出たのはインコではなく
ヒヨコだったけど、可愛いからプレゼントよ~」

初めて見た!バナナインコ?

誰が考えたか、バナナインコはちゃんとバナナで、ちゃんとインコである。

バナナの皮を剥いたとき、「ん?何かに似ている!」とか思ったんだろう
か・・・、そしてその人はやはりインコと暮らしている人なのだろうか・・
などと制作側の気持ちや人物像を想像したりしていると・・・

ソファーの上でお散歩中のモンがやって来た。

あれ?これには興味があるのかしら?

2014717.jpg

ふふふ、羽毛が逆立ってますな。

鳥のぬいぐるみは大好きだけど、なんとなく形状の違うヒヨコさんをがん見。

「モンちゃん、それはたてがみではなく、バナナの皮なんだよ。」って言っても
わからないよねぇ。

2014718.jpg

バナナの皮についてはわからないだろうモンも、このコが鳥であることは
認めたようだった。

それにしても、興味のあるなしがはっきりしてますなぁ。

好みの変化

先日、ばぁばとの電話の会話はお刺身の話だった。

「昔はヒカリモノが好きだったけど、最近そうでもなくなっちゃって・・・
苦手だった貝類がなぜか好きになってきたんだよねぇ。」と私が言うと
「ああ!そうなんだよ。年齢とともに好きな食べ物って変わってくる
んだよ。」と、ばぁばが言った。

続けてばぁばは言う。

「私もね、あんたぐらいの年齢のときは朝からお寿司が食べたかった
けどね、今はやっぱりキツいわ。」と。。。

いえ、私、今でも朝からお寿司はキツいっすけどね。

ま、とにかく、年齢とともに好物も変わってくるという話である。

そしてそれは人間だけではないようだ。

モンにも変化があった。

今までフルーツには一切興味のなかったモンちゃ。

が、先日梨の皮を剥いていたところ「それ、な~に?」と興味を示して
きたので、試しに口元に持っていってみると、しばらくがん見したあと
食べた。

その一口が美味しかったようで、梨のほかにリンゴも食べるようになった。

2014709.jpg

昨日は梨を少しあげた。

2014710.jpg

栄養価の高い皮に近い部分を好んで食べる。

しゃくしゃくと心地よい音を響かせて食べる。

我が家では初めて聞いた音である。

もちろん食べすぎには注意しなければならないが、ペレットもシードも
受け付けない状態を経験しているので、ひとつでも食べられるものが
増えることは、今のモンには嬉しいことでもある。

好きな食べ物が増えて良かったね。

gumomon.gif

さて、今回の遠隔診療の結果。

糞便検査には異常なし。

腸内の細菌バランスも良好で、食べたものもしっかり消化されていて
状態の良いフンとのこと。

心配だった嘔吐については、1~2日で回復したならば、特に気にしなくて
良いとのお話もあった。

季節の変わり目が原因だったり、ちょっと食べすぎて胃の調子が悪く
なる・・・ということもあるらしい。

嘔吐がずっと続くならば、病気の疑いがあるのでそれを特定し対処して
いかなければならないが、1~2日で吐き気が治まるのであれば、大丈夫!
とのことだった。

吐き気があったときは、とにかく保温と安静で回復を待つ。それしかないと
いうことだ。

とりあえず、一安心。

くしゃみについては、気になる日もまだあるけれど、気にならない日も
増えてきたので、今飲んでいる薬から消炎剤を抜いて様子を見ることに
なった。

が、年末年始は病院もお休み。

何かあったときのために、一応消炎剤も別に送るので、くしゃみがひどく
なるようならば追加して飲ませるようにとのご指示。。。

抗ケイレン剤も、使わないまま3ヵ月経つので、もしものときのためjに
1本送ってくださった。

また使わないままでいられますように。

プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク