こねこね

10年前、3歳のときに我が家にお迎えしたモンは、手乗りではあったが
グロモコのような「手が大好き!」というタイプではなかった。

自ら肩には飛んで来ても、手を差し出すと乗らずに飛んで逃げてしまう
ようなコだった。
(でも、愛想は良かった)

どこか人間くさいグロモコと接し慣れていたので、モンをお迎えしたとき
「なんて鳥らしい!」と、新鮮にも感じた。

「モンのこの個性を大切にしよう。」そう思っていた。

なのに~~~っ。

モンが我が家の環境に馴染んでくると、可愛くて可愛くて「こねくり回したい」
衝動と葛藤するようになった飼い主。

「かきかき」とはまた違う「こねこね」である。
マッサージっぽい感じ?(笑)

ある日の放鳥たいむ終了時、カゴに戻す際グロモコと同じようについ
うっかりこねこね・・・

一歩間違うと、手が嫌いになってしまったいたかもしれないのに、もともとの
性格、グロモコの影響、しつこい飼い主 などなど、いろんなことが
重なったようで、手が大好きなコへと変わっていった。

そして現在、毎日のようにこねくり回されているモンなのだった。(笑)

が、昔の名残か、お約束か、必ず「やめろ~」というしぐさをする。

2014295.jpg

人が見たら、嫌がっているように感じるだろう。

2014296.jpg

ものすごく嫌がっているように見えるだろう。

しかし!

2014297.jpg

こねこねをやめると、「なんで?」という表情をする。

2014298.jpg

そして待つ。

そう、「やめろ~」は本心ではないのだ。

これも10年の付き合いがあるからこそ、わかるものですな。

はいはい、では、再びこねこね開始しま~す。

2014299.jpg

今度は大人しく、嬉しそうにこねこねされるモン。

カゴに戻る前の、私たちのコミュニケーション。


それにしても・・、随分大股開きっ。(笑)

補足: 「こねこね慣れ」したモンは、健康診断のとき、あちこちボディチェックを
してくだる先生の手の中にいながら、聴診器をいたずらして遊ぶという大胆さを
身につけてしまったのだった。

スポンサーサイト

徐々に改善

モンには「ペレットをケージの隅に持って行って食べる」というクセが
ある。

なので、ケージとトレーの隙間にペレットの粉がたくさん落ちる。。。

これを解消すべく、木の板をケージの後ろ側に設置していた。

2014289.jpg

「モン用カウンターバー」といったところだろうか。(笑)

たまに齧って遊んだりもしているので、おもちゃがわりにもなっている。

ちょっと狭そうではあったのだけれど、あまりスペースもとれないので
ここ数カ月なんの改善もせず、細長いままであった。

が、、、

2014290.jpg

この度、モンがテーブルがわりにしている部分だけ、少し広くしてみるという
試みを。。。

ヤスリで角をとって完成。

早速気に入った様子のモンだったが、気に入り過ぎて。。。

2014292.jpg

お立ち台にもしてしまった!!!

お立ち台には狭いでしょーに。

2014293.jpg

ブランコ、とまり木の次の第三のお昼寝場所としても活用。

こんなことなら、もう少し広くカットしてあげるべきだった。

下に降りてくるくる走り回って遊ぶこともあるので、少しでもスペースを・・
と気遣ったのが裏目に?

なんでも使ってみてもらわないとわからないものだな。。と実感。

そのコによって、使い方も遊び方も違うしねぇ。

週末、ホームセンターでまた木を購入して、もうちょっとモンが使いやすい
ように改善する予定である。

「モンちゃん、お立ち台(?)もう少し広くしてあげるからね。その方が
使いやすいんだよね?」

2014294.jpg

話しかけても、眠いときはスルー。

モンの話を聞かないと怒るのに、私の話はたまに右から左に聞き流す
モンちゃ。

これはグロモコから受け継がれた・・というよりは、たぶん夫の教えでは
ないかと思う今日この頃である。
(いや、もしかしたら・・じぃじの教えか?)

まったく、うちの男どもはさ~~~~っ。(笑)

新しいおもちゃ

我が家でお迎えしてきた鳥さんたちは全員が男のコ。

「つがい」です。と言われてお迎えした十姉妹のペアも、実は男同士
だったし(笑)、「このコはヒナのときから敷き紙をかみかみして遊んで
いるし、頭の形からいっても女のコかも~」と言われていたモコも男のコ
であった。

そんな男のコばかりの環境で過ごしていたせいなのか、彼らはみんな
モノを「破壊する」という楽しみを知らない。

というわけで、14年前に購入した鳥用おもちゃも、いまだに健在である。

我が家のそんなおもちゃ事情の中、最近久しぶりに新しいおもちゃを購入。

ワンちゃん用のおもちゃだけれど、コットンロープというのに魅かれて
買ってしまったのだった。

飼い主が良かれと思って用意したものには、見向きもしないことが多い
ウチのコたちなので、あまり期待はしてないけれど・・・

とりあえず、モンを手に乗せて近づいてみる。

2014281.jpg

あ!乗った!

どうする?ここからどうするんだ?

そのまま固まってしまうのか・・・、それとも飛び去ってしまうのか・・・

そんな飼い主の予想を裏切るように、モンのとった行動が。。。

2014282.jpg

え?

ブランコをこぐように、ロープのおもちゃを揺らし始めたではないか!!!

2014283.jpg

あ、体勢を変えた。

2014284.jpg

なるほど・・・・

下の結び目(?)の部分が重りとなって、振り子の要領で遊べるって
感じなのだな・・・?

こうして、モンは新しいおもちゃをすんなり受け入れたのだった。


それからもうひとつ。

四角いタイプのバードテントも購入。

三角のものは手作りしたテントがあるのだけれど、モンはいまいちテントに
興味がない。

が、この先もしかしたらテントを必要とするときが来るかもしれないので、
遊びながら少しずつ慣れてもらった方がいいかも・・と思ったのだ。

四角いのは中のスペースも広いので、モンにとっては受け入れやすいかも
しれない・・とも考えた。

そして・・・

2014285.jpg


おお~~~っ、こちらもすんなり受け入れた!!!

「そうだよん、遊び場が増えて嬉しいね。

2014286.jpg

感想はいかがですか?

2014287.jpg

あ、そうやって遊ぶんだ?(笑)

今のモンにとっては、テントは休憩所ではなく、トレーニンググッズらしい。

保護情報

お友達のよこぷんさんのブログからの保護情報を、転載します。

6月9日、世田谷区梅ヶ丘でセキセイインコが保護されたそうです。

どうか飼い主さんのもとに帰れますように。。

2014288.jpg

ナンバー1

モンの最近のお気に入りナンバー1のおもちゃは、やはりカーリー。

と、思いきや、「おもちゃ」というより「おやつ入れ」としての認識の
方が強いと見受けられる。

カラフルで可愛いので、使用していないときも飾って置いているの
だけど・・・

2014276.jpg

放鳥たいむになると、まずここに行って「おやつ」が入っているか
確認するようになってしまった。

もちろん入っちゃいませんぜ。

2014277.jpg

だから~、入ってないんだってば。

それでもあきらめきれないモンちゃ。

黄色の部分におやつがないのを確認すると、カーリーを回してひとつずつ
チェック。

2014278.jpg

そんな体勢で、よくがんばりますなぁ。

2014279.jpg

こうして、回しながらひとつずつ確認したあと・・・

2014280.jpg

つぶらな瞳で飼い主を見つめるのだった。

カーリーでおやつを食べるのは、テーブルの上にあるときだけだよ。

何度も同じことをしているので、この場所にカーリーがあるときは、おやつは
入っていないとわかってきたモンだけれど、とりあえず確認、そして遊ぶ・・と
いうリズムになっているようだ。


そして、元祖お気に入りナンバー1のロープのおもちゃ。

2014273.jpg

これはもう製造も販売もされていないので、大事に大事に使ってはや10年以上。。。

そんなにボロボロにもならず、まだ健在。

それでも、少しずつよれよれになってきた。

そんなときに見つけたのがコチラ。

2014274.jpg

鳥さん用ではなく、ワンちゃん用の「かみかみコットン」である。

コットンのロープに、フサフサ感。

これはイケる!!!

単品の輪っかは持っているので、その輪っかや鈴を取り付けたらイケる!!
と確信。

たまに、犬猫用のおもちゃを見てみるのも発見がありますな。

ついでにこんなものも購入してみた。

2014275.jpg

こちらもワンちゃん用。

でも、ぶらさがったり出来そうじゃありませんかね?

と、期待しつつも、その期待はあまり大きく持たないようにしよう。

なぜなら、こちらが良かれと思って用意したおもちゃには、見向きもしない!と
いうことが多いのが、我が家歴代代々の鳥たちだからである。(笑)

なにげにコレクション その2

以前旅行先で購入した「千鳥のお箸」。

お気に入りとなり長年愛用していたが、ある日先っちょがポキリと
折れてしまった。

以来、お箸を見かけるとつい「千鳥柄」を探してしまい、でもなかなか
見つからず、その代わりにほかに「可愛い」と思ったものを買って
しまうようになった。

地味に、なにげに、お箸を集めてしまっている状態である。(笑)

未使用のお箸を眺めては、「このお箸は絶対和食だけど、こっちのお箸は
中華のときに合うな~」などと、作ってもいない料理にお箸を添える妄想
を膨らませているのだった。てへっ

そんなお箸の一部を紹介。

2014267.jpg

ジュエリー(ビーズだけど)付きのものや、見るからに美味しそうなキャンディの
ようなお箸。

そして一番上のは・・・

2014268.jpg

お友達からいただいた、コザクラのお箸。

勿体なくて使えない~~~~っ。

でも、使いたい~~~~っ。

と、思いながら眺めている。(笑)

ちなみに今使っているお箸は2種類。

2014266.jpg

滑り止め加工の付いたものと、朱塗りに螺鈿細工のお箸。


と、写真を撮っていると、必ず様子を見にくるのがモンちゃ。
(これもグロから引き継がれているようだ。

が、齧られては困るので、捕獲~。

2014269.jpg

モンちゃん、これ、とまり木じゃないから。

そして齧って遊ぶものでもないから、いたずらしないでねん。

2014270.jpg

あらっ、ごめんなさいね、疑ってしまって。

お詫びに抱っこしてかきかきしてあげるよ~

とか言いながら、モンをこねくり回す飼い主。

2014271.jpg

「かきかき」ではなく、「こねこね」されているのに、嬉しそうなモンちゃ。(笑)

今日はまったり遊ぼうか。

外は大雨だしねぇ。。。

2014272.jpg

家の中が暗くて、朝から電気をつけている本日。。。

それでも、眠くなるのは雨だから?

いや、たぶんモンから発せられている「睡眠誘導物質」のせいだろう。

なにげにコレクション その1

「〇〇のコレクターです。」というように、熱心に収集しているものは
私にはない。

転勤族の我が家では、なるべく荷物は増やしたくないと思っているのと
私自身の性格が、そんなに凝り性ではない・・といったところからだろうか・・・

が、そんな私にも、「なにげにコレクション」なるものがある。

それが切手。

「なにげに」なので、図柄が「鳥」のものや、転勤先のご当地切手だけ
なのだけどね。

なので、価値のあるものは一切ない。

2014258.jpg

「なにげに」なので、1枚ずつが基本。(笑)

2014259.jpg

そして簡単に手に入るものばかり~

でも、少しは情熱があるようで・・・

2014260.jpg

10年以上前に、お友達のラルザさんから「コザクラが切手に~」という
情報をいただいたときは、郵便局に走ったのだった。

オリジナル切手も作ったことがある。

2014262.jpg

なんでも最初のお試しは「まず長男」!

が、お試ししたところで満足してしまって、モコやモンの切手は作っていない
のだった。

普段はメールばかりで、手紙を書いて出すという機会はほとんどなくなった
現在であるが、それでもたま~にハガキを出す機会はあるので、そんなときに
グロ切手を貼ると・・・

「グロちゃんがハガキを届けてくれたよ~」と、貼った切手に気づいていただき
嬉しいお返事が来たりするのだった。

2014263.jpg

そうだね、モンちゃんのも作ろうかね?
(そう言い続けて、もう何年も経っているが・・・

2014264.jpg

うん、約束ね。
(そう言い続けて、もう何年も経っているが・・・

でも、申し込んでから、出来あがって手元に届くまで、1ヵ月くらいかかるんだよん。

モンちゃんがホームステイしてた期間よりも、長く待つよん。

2014265.jpg

それでも、口約束により何年も待たされていることに比べたら、1ヵ月なんて
気にしないモンかもしれない。

って、本当に作ってやれよ!って話ですが。(笑)

こちらでモンの切手をご紹介する日は、やって来るのか?


~おまけ~

2014261.jpg

釧路の夕日と丹頂鶴の切手。



にぎやかな13歳

グロはコザクラにしては、鳴き声がわりと大人しかったように思う。

が、その分、シード入れや水入れ、ブランコなどをガチャンガチャンと
鳴らしてアピールしたので、それはまた別の意味でにぎやかであった。

そんな伝統を受け継いだモンちゃ。。

彼は鳴き声も大きくにぎやかなのに、それに加え「伝統のガチャン
ガチャン」。。。

にぎやかを通り越して、うるさいのである。

それでも、音も鳴き声もなかった3週間を思い出すと、嬉しい「うるささ」
なのだけどね。(笑)

が、年齢的に無駄な体力消耗は避けたいところ・・・

そんなわけで、クリップ倍増作戦。

2014252.jpg

音は静かになったけれど、見た目がにぎやかなことになってしまってますな。

そして、何も気にせずごはんを食べるモンちゃ。

そんなに一気に食べると、またお太りになってしまいますわよ?

一日2回に分けているペレット&シードの量を少し減らし、おやつたいむを
設けて、食べる回数と量を調節してみることにした。

2014253.jpg

1日の量は一緒なのに、おやつたいむが嬉しいモンちゃ。

2014254.jpg

良かったわ。

せっかく脂肪腫も小さくなったのだから、このまま体重がキープできるよう
がんばろうね。

2014255.jpg

って。。。聞いちゃいませんぜ。

勢い良すぎて、こぼれてるし。。

2014256.jpg

お腹が満たされると眠くなる。

それじゃ、カゴに戻ってまったりしますか~

2014257.jpg

眠くてもなにかしらアピールするモンちゃ。

本格的に寝ているときと、羽づくろいをしているとき以外はじっとしていない
13歳である。

アレルギー

夫の実家には猫が2匹いる。

とっても可愛いのだけど、実は私は猫アレルギーなのだ。

と、いっても1泊くらいなら、わりと平気・・という程度の症状。

犬ならばもう少し平気。

が、ハムスターだと、1、2分で目が痒くなる。。 「好き」という気持ちとは
反対に体の方が受け付けないのでつらい~~~っ

鳥は大丈夫なので、「毛」が問題なのか?

5月は札幌ー釧路を行ったり来たりだったけれど、長いときは1週間も
夫の実家に泊っていたので、薬を飲みながらの滞在だった。

「好き」だけど、あまりべったりした関係にはなれない・・・、それが良いのか
猫たちはすっかり私になついてしまった。

誰が呼んでも来ないのに、私が呼ぶとやって来る。

ますます可愛いじゃないかーーーーっ!

というわけで、夫の実家の猫たちとは、一定の距離を保った絶妙なバランスの
仲なのだった。

2014249.jpg

こちらが「しんちゃん」。本名:慎之助。

義母が巨人の阿部選手のファンということでつけた名前らしい。

このコはとってもいたずらっこ。

怒られても、叱られても、いたずらをする。

「しんちゃんっ!お行儀悪いよ!!、うちのモンちゃんはそんなことしないよ!」
などと、つい言ってしまっていたが・・・

2014251.jpg

フンに関しては、しんちゃんの方がお行儀が良いのだった。(笑)

2014248.jpg

こちらは「すみれちゃん」。

今回初めて名前の由来を知ったのだけれど、義母が宝塚が好きということで
「すみれ」なのだそうだ。

美しい名前ですな。
グロテスクの「グロちゃん」とは、えらい違いですわ。(笑)

この2匹が、私の前でゴロンと横になり、お腹を見せて争うように「なでれ~」と
やるので、またまた愛情が湧いてしまう。

なのに、体が受けつけないので、つらい~~~っ。

義母は「子どもの頃からずっと猫と一緒の暮らしをしていたから、猫のいない
生活は考えられないのよ。」と言う。

わかる!私も鳥のいない生活は考えられないもの!

2014250.jpg

心を癒してくれる動物たち。

猫ちゃんたちのお世話をするためにも、元気でいてね、お母さん。

サンキャッチャー

今、コザタワー&ブランコの横に、サンキャッチャーが吊るされている。

我が家のニューアイテムである。

2014242.jpg

サンキャッチャーは「幸運を呼ぶインテリア」と呼ばれているが、
その理由として「虹の効果」があげられる。

虹には心を穏やかにし、ネガティブな考えを打ち消すエネルギーがあると
考えられているらしい。

太陽の光を集め、このサンキャッチャーが作り出す虹の光にも、同じエネルギー
がある・・とのことで、家の運気を上げるポピュラーなアイテム・・と書かれてあった。

先月は札幌に滞在していることが多く、たまに自宅に戻っても、モンは
ホームステイ中。

鳥の鳴き声のしない生活にストレスを感じ始めた頃、偶然か必然か・・、とある
ショップで見つけたのだった。

モンが帰宅してこのサンキャッチャーを見つけたときは、なにやらビビっていた。

見慣れないものだものねぇ・・・

2014243.jpg

窓のところに吊るせばよかったかしらねぇ?

コザタワーやブランコで遊ぶときに、この虹の光を感じて、モンにもエネルギーを
充電してほしいと思ったのだけど・・・よけいなお世話だった?

嫌なら他の場所に移すけど、、、、ま、いいや、ちょっと様子を見てみようっと。

2014244.jpg

何日かすると、慣れてきたようだった。

飛んで遠くに逃げる・・ということはなくなったのだけれど・・・

2014245.jpg

なんだ?その逃げ方は~~~~っ。(笑)

しかも、コザタワーに移動するだけ?

面白いので(ヒドい)黙って見ていると・・・

2014246.jpg

あ、静止した!

どうする?どうするんだ?モンちゃ!

2014247.jpg

無事、移動できた。

飛び去って逃げないということは、飼い主の反応を見て遊んでいる?

鳥は人間よりも敏感で、視力も良い。

もしかしたら、モンには虹の光がはっきり見えているのかもしれない。
プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク