FC2ブログ

ありがとう

1月20日22時半頃、モンが虹の橋を渡りました。

苦しみのない静かな、本当に安らかな旅立ちでした。

その日17時にモンにごはんを食べさせ、実家へ行き
妹(乳母とみぃちゃん)と自宅に戻ったのが22時頃。

「ただいま~」と言うと小さな声で「ぴゃっ♪」と鳴いた。
待っててくれたのだな・・と。

またパウダーフードをぬるま湯で練り練りして食べさ
せると、美味しそうに食べたモンちゃ。

いつものようにソノウあたりを軽くマッサージして
「んじゃ、ママは歯磨きしてくるから、とみぃちゃんに
抱っこしてもらっててね。」と妹にモンを託した。

顔を洗って歯磨きして戻ってすぐ、とみぃちゃんが
「あれ?」と言った。

「どうした?」とモンの様子を見ると、すでに旅立った
後。

「あ~、お腹いっぱい♪眠くなっちゃったデシ。」と
でも言うように、とみぃちゃんに抱っこされ、かきかき
してもらいながら、抱っこしてたとみぃちゃんも、そして
もしかしたら本鳥さえ気づかぬうちに静かに
旅立ったのでした。

本当に眠るように。。。

この1週間、私にも何か予感のようなものが
あったのか、モンの横に布団を持って来て、
そこで寝ていたのだけれど、安心したように
発作も起こさず毎日すやすやと眠ってました。

給餌したものはしっかり食べ、自分でもフード
をついばむようになり、昨年31グラムまで減った
体重が39グラムまで復活していました。

どんな状態でもあきらめないモンに、飼い主は
教わってばかりでした。

なにより最後まで食べてくれたあの強さ!
モンちゃんはママの誇りであり、自慢の息子だよ。

昨年10月の通院日に「肝臓が限界に来ている」
と言われたあの日から覚悟はしていたし、本当は
羽毛がボサボサになったり、足腰が弱くなったり
している状況も、後輩鳥さんたちに何か伝え残せる
ものがあるならば、、とブログももっと更新する
つもりではいたのです。

でも「抱っこして~」とモンから伝わってくる気持ち
にたくさん応えたくて、写真も撮らずにずっと抱っこ
して濃密な時間をすごしてきました。

モンちゃん、がんばったね。
19年近く幸せな時間をありがとね。

そしていつも気にかけていただき、可愛がって
くださった皆様、本当にありがとうございました。
感謝の気持ちは言葉では言い表せられません。

2020003.jpg

きっとグロ兄ちゃんとモコ兄ちゃん、2羽一緒に
迎えに来てくれたよね。

今頃。。

2020004.jpg

お兄ちゃんたちにたくさん褒められてるね。

2020005.jpg

また一緒に楽しく遊んでるね。

心からありがとう。





モンちゃ、最後の写真。
2020002.jpg

あ、この後最近食べられなかったヒマ種や
カナリーシードなど入れてあげました。

また落ちついた頃、今日書き尽くせなかった思い
など綴れたら・・と思っています。

本当にありがとうございました。

モンちゃ、18歳と9ヵ月。幸せな大往生です。
寂しいけどね。。






スポンサーサイト



2020年

年末のご挨拶も、新年のご挨拶も出来ずに
大変失礼しました。

昨年末の28日にモンが急変しまして、ばたばた
してしまってました。

あわてて病院に連れて行き、点滴をしていただき
お薬をもらって帰ってきたものの、その夜黒いフン
が出てしまい、年越しは無理かも、、、と覚悟しまし
たが、30日にフンの状態が良くなり、なんとか無事
2020年を迎えることができました。

今回もモンは本当にがんばってくれました。

少しずつ自分でもペレットをついばむようには
なりましたが、日々年齢を感じずにはいられない
状況です。

ただ本鳥は苦しいのと気持ち悪いのがなくなり
のんびりと過ごしてくれています。

一緒に新年を迎えられたことに感謝しながら
出来る限りのケアをして見守っていきたいと
思います。

ご挨拶が遅れましたが、本年もどうぞよろしく
お願いします。

2020001.jpg
(昨年クリスマスのときのモン。)






師走のモン

ブログの更新ができないまま12月も2週目。。

なので、11月のご報告から。

先月の初めにいきなり黒色便が出てしまったモンちゃ。
午前中は問題なかったのに、午後からのフンは
真っ黒くろすけだった。

常備薬としていただいていた止血剤を飲ませる。

これが効かなかったら、数年前のときのように
病院で点滴をしてもらわなければならない。
どうか、効きますように。。。

日付が変わる頃、少しフンの色が良くなってきた。

効いた!

病院に行かずにすみ、以降フンの状態は良好である。

黒色便はちょっとしたストレスによっても引き起こされ
るらしい。
ストレスといっても、心理的なものばかりではなく
急激な天候の変化なども影響するとのこと。
今後もますます注意しなければ。

11月末は通院日だった。

フンの状態よし!

診察の結果、モンは心臓は丈夫だけれど肝臓は
限界が近いとのことだった。

どんどん小さくなって体重は31グラム。
換羽の体力もないため羽毛の生え変わりも起こらず
どんどんボサボサになっているが、本鳥は穏やかに
日々を過ごしている。


先週はのりこさんが我が家に寄ってくださった。
二年半ぶりの再会にモンは。。。

2019035.jpg

「この人はたしか・・・」などと思い出していたの
だろうか。。
最初ものすごく考えている表情だった。

2019036.jpg

マッサージしていただいて、とても気持ち良さそう。

のりこさん、たくさん抱っこしていただいて
ありがとうございました。


さて、モンは最近カゴに戻る前に、抱っこされながら
水を飲みたがる。

2019037.jpg

らくすることを覚えたのだ。

2019038.jpg

「もう満足したデシ。」の「ぴゃっ」の
鳴き声を聴くまで、この体勢なのだけれど。。。

2019039.jpg

視力が低下していることもあって、抱っこされて
良い位置にいながらも、たまに目測を誤るのだった。

ま、なにをやっても可愛いのだけれど。


今の目標。
このまま元気に年越しできますように。




元気です

うわ~~っ
久しぶりの更新になってしまった。

9月はケイレン発作に苦しみ続けたモンだった
けれど、10月になると落ちついた。

いろいろ対策はしているが、やはり天候に
左右されてしまうようだ。

写真も久しぶり。

2019031.jpg

って、後ろ姿か~いっ。

カメラ目線の得意だったモンも、視力の低下
のためか、マイペースに磨きがかかったせいか
カメラを向けても我関せず。

2019032.jpg

それはカゴの外でも同じ。

羽毛逆立てて食べ、、、

2019033.jpg

目を閉じて味わう。

これが最近のお食事スタイルだ。

ちゃんと食べてくれてはいるのだけど、やはり
年齢とともにどんどん体重が減っていて、、

現在35グラム。

それでも病院の検診では「付かなければ
いけないところに、筋肉はちゃんと付いて
います。」と言っていただき、少し安心した。

2019034.jpg

抱っこされていることが多いけれど、お散歩も
楽しんでいるので、それが良いのかもしれない。

とはいえ、羽毛も老化して薄くなり、コザクラ
なのに、お鼻が見えてる状態になってしまった。

先生にも「元気に年を越してほしいね。」と
言われているので、温度湿度管理は例年
以上に気を配らなければっ。

お薬もがんばって飲んでくれてるしね。

2019030.jpg
二か月分のお薬


飼い主の都合で、なかなかブログが更新
できないでいるけれど、モンちゃ、ゆるゆる
過ごしながらがんばってます。



近況報告

久しぶりの更新

飼い主が暑さにやられていた頃、モンは
まずますの調子だった。

先々週の通院のときも、糞便検査に問題なし。
心音に問題なし。脱水症状なし。
と、先生にも「年相応の◎!」と言って
いただいた。

が、診察が終わって薬を待っている間
待合室でケイレンを起こす、、という
ハプニングあり。
(すぐに処置していただいた)

それですっかり疲れてしまったモンは
翌日も動かず、ずっと寝てばかりだったが
翌々日には復活した。

つっ、強い!
18歳のモンちゃ、そんな感じで浮き沈み
しながら毎日頑張っている。

mon5.gif

先週はとみぃちゃんがお泊りに来た。

夜になると動きだすモンちゃ。

パジャマでくつろぐとみぃちゃんの太ももの
間を・・・↓

2019027.jpg
泳いでます。(笑)

2019028.jpg

筆毛が痒くて顔をこすりつけていただけかも
しれないけれど、泳いでるように見えて
可愛かったのだ。

2019029.jpg

かきかきしてもらって満足すると、このあと
喉元を狙ってよじ登り、久しぶりにとみぃちゃんの
「ひぃ~~~っ!」
という声を聴いたのだった。




プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク