渡り鳥?

土曜日はモンの通院日だった。

午前中に義母が入院している病院に行き、お昼から
モンの病院、帰ってきてからじぃじの病院、、、と、今
私は「病院の渡り鳥」と呼ばれている。

そう、1ヵ月ほど検査検査検査だったじぃじも、ようやく
治療方針がかたまり、先週入院して治療が始まった。

闘病と入院に関してはモンの方が先輩なので、とみぃ
ちゃんのときに活躍(?)した「もんちゃん」↓
2018022.jpg

このコをまたお守りに今日はじぃじの病室に連れて
行こうと思う。



モンは今回の検診も特に変わったことはなしで、
診察中も相変わらず先生に威嚇していた。

でも「手」が好きなので先生がキャリーに手を入れると
威嚇しながらもつい自ら乗ってしまうのだった。(笑)

これは乳母とみぃちゃんに対しても同じで、ちみ噛みを
しながらも手に乗ってしまう。

2018039.jpg

ちみちみと噛まれながらも抱っこしてくれるとみぃちゃん。
(あ、とみぃちゃんは無事復帰しております。

モンにベストな位置を模索して抱っこしてくれていると
いうのに、たまに・・・

2018040.jpg

文句を言ってしまう生意気ぶりだ。

文句があるなら手から降りればいいのに、、

2018041.jpg

降りないっ。(笑)

そして。。

2018042.jpg

寝るぅ。

噛まれようとも、文句を言われようとも、「可愛い」
って言ってくれる乳母とみぃちゃんに感謝。


今日も午後から「病院の渡り鳥」出動してくるから
モンちゃん、お留守番お願いね~

ぐ~すか寝てお留守番しているので、夜になると
ものすごく元気になる最近のモンである。





スポンサーサイト

反応良し♪

じぃじの声が突然出なくなってしまい、通院時に
通訳(?)としてつき添いをしている。

義母の転院があったりで私の手帳は「〇〇病院
△△病院、、」と病院の文字で埋め尽くされて
いるので、わかりやすくするために色分けした。

モンの病院は「グリーン」にしていて、その緑色を
見ているときに「あ!枝豆!」と思い出し(笑)
久しぶりに秘伝の枝豆を注文したのだった。

2018032.jpg

しばらく品切れ状態だったので、本当に久しぶり~

モンちゃ、大喜び!!!

が、やはり年齢とともに食べられる量が減ってきて
いることも痛感したので、半粒ずつあげているのだけど
その半粒をすごく喜ぶんですな。


そんなわけで体重は減ったままなのだが、ケイレンを
回避できているので調子は良さそう。

今日も朝寝しているところを遠くからビニール越しに
1枚撮ったら・・・

2018033.jpg

すぐに察し、、

2018034.jpg

目を覚ます。

2018035.jpg

そして・・

2018036.jpg

前に出てきたーっ。

こうして動きも反応も速いのは調子の良い証拠
なので嬉しく思っていると。。

2018037.jpg

「なんだ?どうした?」としつこく聞いて(鳴いて)
くるのだった。

声もデカくて素晴らしいっ。(笑)

起こしてしまったお詫びにこのあと抱っこたいむ
で一緒に和む~。





消化状態良し♪

土曜日は2ヵ月に1回の通院日だった。

じろりんこしてて感じたこと、思ったことなどを
先生に聞いていただいた結果、やはり痙攣
回避を第一にケアしていくことになった。

体重は、、、年齢的に減っていくことを受け入れ
なければならないようだ。

そうだよね、、来月17歳だものね。

が、消化状態はすこぶる良いらしく、17歳で
この状態はとても良いですよ~と褒めていただいた
モンなのだった。

それもお友達に教えていただいた・・・
2018029.jpg
コチラの効果ではないかと感じている。
(ありがとうございますぅぅぅ)

現在体重39グラム。「痩せているけど筋肉も
ついている」そうだし「目もしっかり見えてますね」
とのこと。

2018028.jpg
胸骨は出ているが腹筋はあるモンちゃ。
(出せ出せアピールの運動のたまもの?

以前より食は細くはなったし、好きなものから
食べているモンだけれど、自分でバランス良くは
食べているようだ。

というわけで、お薬の変更もなし。
このまま様子を見て行きましょう。ということに。

飼い主としては受け入れなければならないことが
増えていくが、心配や不安は全部引き受けるから
モンにはマイペースに毎日を過ごしてほしいと
思う。

2018030.jpg

放鳥たいむは抱っこされて寝ていることの方が
多いけれど、たまにはアクティブに遊ぶ。

2018031.jpg

そして「抱っこして~」ではなく「抱っこするデシよね?」
の態度。(笑)







こくこく

ケイレン回避のため、糖分の摂取をストップして
様子を見ているが、この作戦が良かったようで
今のところお薬なしでもケイレンを起こしていない。

本鳥も調子の良さを感じているらしく、鳴き声が
大きくてびっくり!!

が、糖分を節制すると体重が減ってしまい、
現在39グラム。

今後どこにポイントを置いてケアしていくか・・
明後日の通院日に先生に相談させていただこうと
思っている。


と、そんなわけで、病院から処方された栄養剤
(鳥用ポカリのようなもの)も今は飲んでいない
ので、脱水症状を起こさないためにもお水は
飲んでもらわなくちゃ。

「モンちゃん、こくこくしよう。」

モンにとって「こくこく」は「水を飲む」ということ。

お水を飲んでと言っても飲まないが、こくこく
しようと言うと飲む。(笑)

2018026.jpg

からの~

2018027.jpg



動きも良くなり、毎日楽しそうに過ごしているモンちゃ。

今後の課題は「体重キープ」ですな。。



ケイレンの回避

お留守番することが多くなったモンの一番の
気がかりは、、やはりケイレンだ。

留守中にケイレンが起きたら、、と思うと
心配でたまらない!!

低気圧には充分注意しているものの、それだけ
では回避出来ないときもある。

で、今まで以上にじろりんこし、ケイレンやてんかん
について調べた結果、、、

モンの場合「糖分の摂取」も関係しているの
では??という結論に至った。

というわけで、栄養剤やら禁断のカステラやら
を止めてみると、、今のところケイレンは起きて
いない。

ただPHのバランスを整えるために摂取しはじめた
糖分を止めてしまうと、またえくえくする回数が増えて
しまうことになったのだった。
そして体重も少し減ってしまった。

うーむ、、こちらを選択すればあちらが・・・って
感じになってしまうけれど、これからはどこに
ポイントをおいてケアしていくかが重要になって
くるように思う。

来週の通院日に先生に相談してみることにする。

とりあえずケイレンを回避でき、モンは元気で
ご機嫌である。

2018023.jpg

エアはばたき中のモンちゃ。

2018024.jpg

ご機嫌なところ水を差すようだけど、、、ちょっと
横向いてみそ。

2018025.jpg

エアはだたきで頭の羽毛が乱れてしまいましたぞ。(笑)





プロフィール

北山

Author:北山
北海道在住

モン@シーグリーンモーブ ♂
2001/4/22 生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク